ウェイクベイト「マイクロタッピー」は釣れる要素で完全武装!?

蚊が手加減してくれない!!
はいどうも!夏を前に既に蚊に刺されまくっているおっさんです。こんなので夏大丈夫なのか?私。

皆さんは早めに対策しておくことをオススメします。ちなみに現状一番痒いのは耳たぶです!

さて!今回は「こんなの絶対釣れるやないか!」とツッコみを入れたくなるようなルアーにして初心者から上級者まで誰にでも扱える!?JACKALLのミニウェイクベイト『マイクロタッピー』について色々とほじっていこうと思います。

スペック

■ MICRO TAPPY(マイクロタッピー)
・サイズ:54mm
・重さ:4.8g
・タイプ:フローティング
・価格:1,540円

■ カラー

・ドクガエ~ル
・トノサマガエ~ル
・KATSUモエビシャッド
・ぽっちゃりギル
・ぽっちゃりワカサギ
・ホネボネブラック
・ホネボネクリアー
・ブルチャコーチ
・ピンキーコーチ
・キラリクリアーギル

サイズは一つにカラーは10色となっています。

特徴

画像を見て頂ければ分かるかと思いますが、フロントにブレード、フックにはスカートとフェザー(羽根)、加えてテール部分にも細工有り・・・とかなりの重装備です。

もちろんそれぞれに役割があります。

ということでそれぞれの役割を簡単にまとめていきます。

まずフロントのブレード!巻き時にキラつきベイトフィッシュを演出

続けて(ラバー)スカートとフェザーを纏うフック!こちらには3点程の効果があるようです。

・1:フックの存在を隠す役目

・2:溺れる虫のように見せてアピール

・3:肉厚のある部分に喰らいつくことが多いと言われる?バスの習性を考慮しフックに肉厚を設けた。

みたいな感じです。

残すテール!
こちらはボディと同じ樹脂製(プラスティック製)で空洞になっており、浮力体の役目、巻くとボディに当ってサウンド発生+フラッシング効果が得られます。

コンパクトながらにサウンドもそこそこ、見た目はかなりうるさい。というのが、私のマイクロタッピーの第一印象でした。野池で使いたい。

使い方

ウェイクベイトということなので、基本はただ巻きでOK牧場!

マイクロタッピーの特徴をフルに活かすなら・・・”トゥイッチ”や”シェイク”、投げて”プチ放置(止め)”もあり。

ちょっとした流れのあるポイントでドリフト(流し)なんかも良さそうです。

 

使用するにあたり難しいコトはないので、初心者の方にもオヌヌメです!大小問わずガンガンバスを釣りましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スライドバイブは少し変わったメタルバイブ?特徴やアクションは?

ゼルクはシャローのデカバス攻略に最適?釣れる絶対的な自信あり?

ラストエース168は攻撃的スイムベイト!75との違いや使い方は!?

ブリムスライドでリアクションバイトを誘発!スペックや使い方は?

ノッキンジョーにボトムはお任せ!冬バスの聖域に乗り込むぞ!!

ユニオンギルスイマー130の特徴や使い方、スペック情報まとめ!