ツインパワーXDの耐久性が前モデル超え?軽量化にも抜かりなし?

遂にGW突入!快晴で続く釣り日和!!近所を流れる川でシーバス無双でもしてやろうかな!?とか考えつつもそんな時に限って予定が入るという・・・まっいっか!!

さてさて!そんな釣りに行けそうで行けない(行かない?)私が今回注目するのは、パワー、耐久性に優れフラットフィッシュやシーバス、青物を狙うのに活躍するであろうSHIMANOのスピニングリール『ツインパワーXD』。

15ツインパワーを強化してより堅牢なリールとなって登場したんだとか??ではその特徴や強化ポイントを見ていきましょう。

TWIN POWER XD(ツインパワー XD)

15ツインパワーと言えば、耐久性に優れパワーがあるシマノのスピニングリールとして知られています。

そんな15ツインパワーのギアが強化され、耐久性が更に向上、強くてタフすぎると言っても過言ではない新モデル『ツインパワーXD』が2017年春、満を持して登場!!

ちなみにXDとはextreme durability(エクストリームデュラビリティ)の略で耐久性といった強度面が強化されたモデルになります。

特徴

ツインパワーXDの特徴について簡単にまとめてみました!

最大の特徴と言えるのは、やはり耐久性に優れタフであるという事でしょう。

ギアは『HAGANEギア』が採用されているのはもちろんの事、通常5000番相当に搭載するギアをツインパワーXDでは4000番に搭載されているんだとか!?

ボディはたわみ・歪み・ネジレに強い『HAGANEボディ(AL)』、ベール部には軽量で強度が高いチタン素材を使った『チタンワンピースベール』が採用されています。

ドラグは大径ドラグノブであり、耐摩擦性や耐久性に優れた『カーボンクロスワッシャー』を採用することで低高の負荷に問わずなめらかな滑り出しを実現。

ローターは左右非対称の『NEWマグナムライトローター』により軽量化に加え、回転慣性が最大約14%低減、剛性も最大約30%強化と大幅に向上しています。

防水システムにはコアプロテクトの代わりとなる新たな撥水処理と水の浸入を抑えるラビリンス構造でコアプロテクトの約6倍もの防水性能を誇る『Xプロテクト』が採用されています。

他にも剛性や耐久性が向上しボディ、ローターの小型軽量化を実現したカーボン素材『CI4+』。

ウォームシャフトをドライブギア上部に配置しリール全体の重心を手元に近づけることで、より軽く感じる『Gフリーボディ』。

力強い巻き上げ且つ軽やかなリーリングを実現させた『X-SHIP』。

トラブルレスでライン放出が良く飛距離アップを実現した『AR-Cスプール』。

錆や塩ガミを大幅に減少させる『S A-RB』。

スプールの遊び、ふらつきを抑え安定したラインの送り出しを可能にした『リジッドサポートドラグ』が採用されています。

 

とにかく耐久性アップに力を注いでいることが分かりますね。しかもリーリングやドラグといった操作性も落とすどころか向上しているというのは・・・圧巻です!!

スペック情報

続いてスペックはこちらになります!

■TWIN POWER XD C3000HG

自重:235g  巻取り量:88cm

最大ドラグ力:9kg  ギア比:6.0

ベアリング(S A-RB/ローラー):9/1

ハンドルの長さ:55mm

スプール寸法:46.5mm/14.5mm

ナイロン糸巻量
(2.5号-180m、3号-150m、4号-100m)

フロロ糸巻量
(2.5号-160m、3号-130m、4号-100m)

PE糸巻量
(1号-400m、1.5号-270m、2号-180m)

価格:48,500円

 

■TWIN POWER XD C3000XG

自重:235g  巻取り量:93cm

最大ドラグ力:9kg  ギア比:6.4

ベアリング(S A-RB/ローラー):9/1

ハンドルの長さ:55mm

スプール寸法:46.5mm/14.5mm

ナイロン糸巻量
(2.5号-180m、3号-150m、4号-100m)

フロロ糸巻量
(2.5号-160m、3号-130m、4号-100m)

PE糸巻量
(1号-400m、1.5号-270m、2号-180m)

価格:48,500円

 

■TWIN POWER XD 4000XG

自重:290g  巻取り量:99cm

最大ドラグ力:11kg  ギア比:6.2

ベアリング(S A-RB/ローラー):9/1

ハンドルの長さ:57mm

スプール寸法:51mm/17mm

ナイロン糸巻量
(3.5号-170m、4号-150m、5号-125m)

フロロ糸巻量
(3号-190m、4号-145m、5号-115m)

PE糸巻量
(1号-500m、1.5号-320m、2号-210m)

価格:49,500円

 

■TWIN POWER XD C5000XG

自重:300g  巻取り量:103cm

最大ドラグ力:11kg  ギア比:6.2

ベアリング(S A-RB/ローラー):9/1

ハンドルの長さ:57mm

スプール寸法:53mm/17mm

ナイロン糸巻量
(4号-190m、5号-150m、6号-125m)

フロロ糸巻量
(4号-170m、5号-135m、6号-115m)

PE糸巻量
(1.5号-420m、2号-300m、3号-190m)

価格:49,500円

 

※Cはコンパクトボディとなり、HGはハイギア、XGはエキストラハイギアの意。

以上4機種となっています。

ツインパワーXDはかなりの耐久性を誇るので、これからもっと大きな機種も出てくるのかも??そうなると更に活躍の場が広がりそうですね!

シマノ 17 ツインパワーXD C3000HG (スピニングリール)

解説動画

鈴木斉さんによる解説動画ではこのように解説・紹介されています。

耐久性耐久性!と言っているのでかなり大きくてゴツイのかと思いきや、そうでもないんですよね!

4000番以外の3機種はコンパクトボディとなっているので当たり前といえば当たり前か(汗

そして滑らかな巻き、巻き出しの軽さは見てても分かるほどですね!

ツインパワーXD』は、あらゆる部分が強化されることでとにかく強いくてパワーがある、そして軽さや巻きといった操作性が向上したリールになっていると言えるでしょう!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シマノのリール”ソアレCI4+”の2タイプの違いや使い分けとは?

シマノのストラディックはコスパが超優秀!?特徴や使用感は?

月下美人AIRは小型で軽量さらに操作性も抜群!?発売日はいつ?

スピニングリール「18セフィアBB」の巻き心地が良さげ!しかも軽量?

ストラディックSW登場!ソルトウォーター仕様で剛性・耐久性もUP?

ストラディックCI4+は軽くて使用感も良い?巻き心地にも定評あり?