ティクト「ギョピン」の釣れる秘密は形状?逆向きセットもあり!?

曲がっているように見えるボディ・・・いや!やっぱり曲がっている!?歪なボディが特徴的、TICT(ティクト)より発売中のワーム『ギョピン1.7inch』。

発売当初(2015年春?)アジはもちろんメバルも釣れるという話を聞くも管理人・・・不動!!を貫いたものの・・・実は今更になって気になってきています。

ということで!今回はライトゲーム用ワームに仲間入りして約2年経つギョピンの釣れる秘密や使い方なんかを調べてみたいと思います。

スペック

まずはザッとスペックをまとめます。

■ ギョピン1.7インチ

・本数:8本
・カラー:8色
・価格:オープン価格(約400円前後)

カラー

・どクリア
・オキアミ(エビ粉入り)
・ムラナゴ(ケイムラ)
・アミレッド
・ナノラメしらす
・ナノラメチャート
・ナノラメグローピンク(夜光)
・ナノラメグローオキアミ(夜光)

林釣漁具製作所 ティクト ギョピン! 1.7インチ C−8(ムラナゴ)

特長

まずは特長から。

ギョピンの特長は何と言っても曲がったボディ!!

あえて曲げるコトでボディが針先以外を極力隠し且つ、一定ではなく異なった波動を生み出します。

この形状はエギからヒントを得たという話も!?

そしてもう一つ注目したいのは万能マテリアル(素材)”U.S.B(ULTRA SOFTMATERIAL BAIT)”が採用されているという所。

U.S.Bとは、TICTオリジナル製法のマテリアルで簡単に言うと「めちゃ軟らかいのに長持ちし、尚且つセットがしやすい」という感じです。

あもちろん吸い込みやすさも抜群でござい!

使い方&セット

使い方ですが、リグによって若干異なりますが基本的には、ただ巻き・トウィッチ・フォール(リフト&フォール等)は一通りこなしてくれます。

初見でちょっと悩むセッティング方法は・・・・


※TICTスタッフさんブログより

こう。くねったポイントが上に来るようにセットしたらOKです。

後は投げて任意のレンジに落とし、ただ巻くなり、ちょんちょんアクションするなり、状況に合わせたアクションで探っていくという感じです。

するとテールが微波動を生み出して誘ってくれます。

強めのダートを発生させたい場合には、上記の逆にセットすると良いみたい。(ジグヘッドの形状によりダートの具合に多少の差は出るでしょうけど)

逆にセットするだけで手が一つ増えるというのは使い手としてはちょっと嬉しい所でもありますね。

あとアミパターン攻略にもおすすめです。

引用元
http://tict-net.com/product/gyopin17.html

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エバーグリーンのギムレットでライトゲーム攻略!使い方や特徴は?

集魚力抜群!エコギア熟成アクアの活アジシリーズで寄せて食わす!

34『オクトパス』新カラー情報!特徴や使い方も再チェックだ!

エコギアアクア「活メバルSTグラブ2」が釣れすぎ!?秘密は匂い?

月下美人”ダートビーム”の針の付け方やおすすめジグヘッドは?

タイニースクイッドの必殺バックスライドで隠れたメバルも攻略可!?