ジーボールシャッドの震える&微波動でナチュラルに誘う!使い方は

数多くのライトゲーム(主にアジング)アイテムを世に送り出している”TICT(ティクト)”。

アジングゲームを楽しまれている方なら誰もが知っていると言っても過言ではない人気メーカーですよね。

そんなティクトからグルーパー(ハタ類)といったロックフィッシュに照準を合わせたワーム『G-BALLSHAD 3.5inch(ジーボールシャッド)』が、2018年7月中旬に登場するとのことなので、ご紹介していきたいと思います。

ナチュラルアクションが魅力!

シャッドテールワームと言えば小魚を模しており、水受けの良いテールがピロピロ動くのが特徴ですよね。

しかし、ジーボールシャッドのテールには球体を備えたボールテールが採用されています。

このテールは、

・小刻みに震えるようなアクション
・微波動を演出

といった効果を生み出し、通常のシャッドテールに比べよりナチュラルなアプローチが可能なアイテムとなっています。

また、ウルトラソフト素材による柔らかいボディはバイト時も魚に違和感を与えにくい、そしてクビレが設けられている事でアクションに貢献。

これらの相乗効果によって、艶めかしさをアップしつつ食い込みの良さも実現しているようですよ。

使い方

基本的にはジグヘッドリグやテキサスリグでのスイミングで誘うとのこと。

ロックフィッシュ狙いなのにリトリーブを主体とした誘いで大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、ハタ類は案外遊泳力があり中層くらいまで追ってくるので、その辺は心配ご無用。(カサゴはボトム中心に)

なので、ボトムをゆっくり丁寧に、また中層付近まではしっかり攻めた方が良いでしょう。

他には上記と同じリグまたは直リグなどで、

・ボトム着底後(中層でもOK)、ロッドを縦に煽りワームを浮かせた後、ロッドを煽った頂点で止めてカーブフォール(テンションフォール)、もしくは煽ったすぐにロッドを下げてフリーフォール(ラインテンションを抜く)させる【リフト&フォール】。

・ボトム着底後、ロッドを軽く2、3回しゃくる事で底をピョンピョンと飛び跳ねさせ、ステイ(止める)を繰り返す。

などの誘いも効果的と思われ、リフト&フォールではフォールからリフトする間にステイを織り交ぜるのも良いでしょう。

逆に、軽く飛び跳ねさせる誘いではステイを挟まず一定のリズムで誘い続けるも良し

あと、ダウンショットリグでのシェイクなんかもボールテールによる振動アクションが威力を発揮してくれそうではありますね。

とまぁこんな感じでしょうか。

リトリーブによる横の動きがいいのか、フォールを織り交ぜた縦の動きがいいのか、はたまたステイさせるのがいいのか、はその日その状況によって変わってくるので誘い方を色々試すのがターゲットGETへの近道と言えるでしょう!

スペック

それではスペック情報も確認。

■G-BALLSHAD 3.5inch

・サイズ:3.5インチ
・入数:6本
・価格:600円

カラーチャート

GC-16 銀粉ブルーイワシ
GC-17 金粉アカキン
GC-18 銀粉チャート
GC-19 金粉クロキン
GC-20 銀粉ウルメUV
GC-21 銀粉プロブルー
GC-22 ヒカリモノUV
GC-23 サンドフィッシュグロー

こちら8色のカラーラインナップとなっています。

ロックフィッシュゲームは、赤やオレンジなど色が濃く明るいカラーがよく使われるイメージがありますが、曇りや雨/朝・夕マズメ/やや水深のあるポイント/常夜灯周りなど活躍の幅が広いケイムラカラーもおすすめですよ!

まとめ

ボールテール・ウルトラソフトマテリアル・クビレ仕様は、艶めかしくナチュラルで振動するようなアクションと微波動を演出し、違和感を与えづらく食い込みも抜群。

そしてリトリーブ(巻きの釣り)はもちろんの事、ロッド操作によるアクションの釣りにも対応する。

このような特徴を持つ『G-BALLSHAD 3.5inch(ジーボールシャッド)』は、ハタ類を含めたロックフィッシュゲームのみならず、ヒラメやマゴチ(フラットフィッシュ)ゲームにも活躍してくれる気配がぷんぷんしますね!

引用元
http://tict-net.com/product/gballshad.html

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

幅広い攻略が可能な根魚特化の根魚狩りJ・Hとハタ喰い・魚子が登場

スナッチバイトシュリンプはエビそのもの!?対応リグや使い方は?