タトゥーラ SV TWはキャスト性能高い!スキッピングも余裕!?

多摩川がアマゾン川みたいな呼ばれ方をしていることを知った今日此の頃。外来魚が200種を超えてて、タマゾン川だかタミゾン川だかで呼ばれているとか?ザ・ど田舎住みの私からするとにわかに信じ難い話・・・って調べたらマジだった!

「タマゾンの神秘」的なモノもあるのか?気になる所ですが、それについて掘り下げるのはまた別の機会に!

さて、今回は淡水・海水どちらにも対応し汎用性そしてコストパフォーマンスに優れ、魚を釣り上げるのはもちろんの事キャスト練習にも最適なベイトリール『タトゥーラ SV TW』についてご紹介していきたいと思います。

タトゥーラ SV TW

バス釣りの本場アメリカでテストし、性能はもちろんの事タフさで輝かしい実績を叩き出した世界で活躍しているダイワのベイトリール『TATULA(タトゥーラ)』。

そんなタトゥーラが超々ジェラルミン製SVスプール3代目TWSを搭載し2017年3月に登場したモノが『タトゥーラ SV TW』となります。

特徴

まず特徴について簡単なまとめ!

コンパクトボディでパーミングしやすく、スーパーメタルフレームを採用していることで高剛性となっています。

見た目もハイエンドモデルにも負けない高級感あふれる外観。クールでかっこいいぜ!

ターンアンドスタイルの『TWS』というT型大開口部により、抵抗が少なくラインがスムーズに放出されるため飛距離性能にも優れています。

それに加えφ33mmの『超々ジェラルミンスプール』とマグネット式ブレーキの有効性を最大限に高めた『SVコンセプト』が採用されている事により、スプール強度を犠牲にしないことで耐久性があり、ルアーに応じた最適なブレーキが掛かり安定したブレーキ力で軽量ルアーからビッグベイトといった大型ルアーまでキャストしやすく、尚且つトラブルレス。

これらの他にも、バックラッシュが少なく回転レスポンスが向上、キャスティングの力に応じたブレーキが掛かる『エアブレーキシステム』により高レベルなキャスティング性能を実現。

滑らかに出るドラグシステム『UTD(アルティメットトーナメントドラグ)』、精密かつ耐久性に優れる『タフ&リジッドクラッチシステム』、ドラグ調整時に音が鳴る『ドラグ調整クリック』、ワンハンドフリップがしやすい『大径&ロングアームスタードラグ』、グリッピング力に優れた『ハイグリップI型ライトノブ』と性能・使用感に繋がる技術が細部にまで施されています。

スペック情報

続いてスペックはこちら!

・TATULA SV TW 6.3R

自重:200g    巻取り量:65cm

最大ドラグ力:5kg  ギア比:6.3

ベアリング(ボール/ローラー):6/1

ハンドルの長さ:80mm

ナイロンライン糸巻量:14lb-45~90m

16lb-40~80m

価格:25,900円

 

・TATULA SV TW 6.3L

自重:200g    巻取り量:65cm

最大ドラグ力:5kg  ギア比:6.3

ベアリング(ボール/ローラー):6/1

ハンドルの長さ:80mm

ナイロンライン糸巻量:14lb-45~90m

16lb-40~80m

価格:25,900円

 

・TATULA SV TW 7.3R

自重:200g    巻取り量:74cm

最大ドラグ力:5kg  ギア比:7.3

ベアリング(ボール/ローラー):6/1

ハンドルの長さ:80mm

ナイロンライン糸巻量:14lb-45~90m

16lb-40~80m

価格:25,900円

 

・TATULA SV TW 7.3L

自重:200g    巻取り量:74cm

最大ドラグ力:5kg  ギア比:7.3

ベアリング(ボール/ローラー):6/1

ハンドルの長さ:80mm

ナイロンライン糸巻量:14lb-45~90m

16lb-40~80m

価格:25,900円

 

・TATULA SV TW 8.1R

自重:200g    巻取り量:83cm

最大ドラグ力:5kg  ギア比:8.1

ベアリング(ボール/ローラー):6/1

ハンドルの長さ:80mm

ナイロンライン糸巻量:14lb-45~90m

16lb-40~80m

価格:25,900円

 

・TATULA SV TW 8.1L

自重:200g    巻取り量:83cm

最大ドラグ力:5kg  ギア比:8.1

ベアリング(ボール/ローラー):6/1

ハンドルの長さ:80mm

ナイロンライン糸巻量:14lb-45~90m

16lb-40~80m

価格:25,900円

 

この6種となります。

右巻きと左巻き、そしてギア比の違いだけのようですので分かりやすく選びやすいですね!

ダイワ(Daiwa) タトゥーラ SV TW 7.3R 右ハンドル

ダイワ(Daiwa) タトゥーラ SV TW 7.3L 左ハンドル

解説動画

それではタトゥーラ SV TWの解説動画をご覧ください!

小型から大型ルアーまでキャストしやすくコストパフォーマンスにも優れた『タトゥーラ SV TW』でフルキャストはもちろんの事、ピッチングやスキッピングを決めまくり様々なポイントを攻略してみませんか?

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スコーピオンBFSにFTB搭載!16アルデバランBFSとの違いとは?

アルデバランBFS XG2016と前モデルの違いはFTBと遠心ブレーキ?

17エクスセンスDCのXPモードで飛距離アップ!?使いこなすには?

17スコーピオンDCのI-DC5システムの詳細は?初心者にオススメ?

16アンタレスDCの性能はモンスター級!?使用感も抜群と評判?

アルファス AIRはコスパが超優秀!!気になる使用感や特徴とは?