シンキングスライダーはシャロー攻略特化型シーバス用シンペン!

”TACKLE HOUSE(タックルハウス)”から主にシーバスをメインターゲットとしたビッグフィッシュ対応シンキングペンシルが登場!

艶めかしく違和感を与えづらい泳ぎ、そしてロッドワークにより様々なアクションが演出でき、広範囲のシャロー域や水面直下の攻略が得意。

そんな『FEED.SINKING SLIDER(フィード シンキングスライダー)』を、今回はご紹介していこうかと思います。

スラローム(S字)アクションが魅力!

まずは水中アクション動画が公開されていますのでチェックしておこう!

ザックリまとめると、

低速~中速リトリーブでは水平に近いスイム姿勢で、アピールしすぎずナチュラルで艶めかしいスラロームアクションで水面直下を探れる。

高速リトリーブではやや前傾姿勢で、バランスを崩さずピッチの早いスラロームアクション(ウォブリングに近い)を演出しアピール力抜群。

トゥイッチといったロッドワークでは水中ドッグウォークなども演出でき、捕食スイッチを入れリアクションバイトを狙ったりすることもできる。

・フリーフォール時はやや頭下がりで毎秒約30秒で沈み、テンションフォール時では水平姿勢に近く更にスローに沈むため、じっくり見せて食わせの間を与えられる。

こういったアクションが魅力のシンキングペンシルとなっています。

あと浮き上がりやすい設定が施されているようなので、超低速でのレンジコントロールやあえて水面を割った誘い以外は、基本的にロッドの穂先を水面に近づけた(ロッドを下げる)方が扱いやすいようですね!

飛距離性能や耐久性は?

スイムアクションは重要なポイントですが、飛距離は出るのか?といった点も気になるところですよね。

そこで採用されているのが、マグネット式の全自動重心移動システム「K-TEN」で、安定した飛行姿勢で優れた飛距離性能を実現させています。

その飛距離性能に加え、泳ぎ出しの良さ&アクションレスポンスの向上に貢献しているのではないでしょうか。

そして、どこがビッグフィッシュ対応なの?と聞かれると詳しくは分からないのですが、フックは多くのアングラーから支持を得ているカルティバST46#4が装備されており、ラインアイやフックアイも強度と耐久性に優れた仕様になっていると思われます

まぁ、ビッグシーバスでもしっかり対応してくれるからこそ、「ビッグフィッシュ対応」なんでしょうけどね!

スペック

スペック情報はこちら!

■フィード シンキングスライダー

・サイズ:85mm
・ウエイト:18g
・タイプ:シンキング
・フック:ST46#4
・リング:#4
・価格:1,900円

カラーチャート

01.パールレッドヘッド
02.パールチャート
05.CHGパールバック・レッドベリー
07.HGゴールドレッド
09.SHGイワシ
11.HGコノシロ
14.AHGレインボー
18.チャートバック・レインボー
19.ボラ
20.マットチャート
21.オレンジヘッド
22.ブラックレインボー

こちら12色のラインナップとなっています。

定番カラーもしっかり揃っている中で、個人的に気になるのはブラックレインボー!

黒のシルエット&レインボーの色によるダブルアピールは、様々な状況に対応してくれ案外使い勝手が良かったりするかも?

発売日

フィード シンキングスライダーの発売日は2018年5月中旬頃を予定しているようです。

・安定した姿勢でのスラロームアクションを演出し低~高速リトリーブまで対応

・ロッドワークによるドッグウォーク等でハイアピール&リアクション狙いも可能

そんな泳ぎが魅力でシャローを幅広いスピード&アクションで誘うことができる『フィード シンキングスライダー』は、シャロー攻略の一軍ルアーになること間違いなし!?

引用元
http://www.tacklehouse.co.jp/product/con_cfss.html

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モアザントリックアッパー105Fは音・泡・激しい動きで強烈アピール!

基本性能に優れたシュナイダーに18g登場!攻略の幅が更に広がる!

EVAコラボのメタルバイブ「ドレパンエヴァ」が登場!完売迫る!?

パワーブレードに13g登場!シャローエリアをよりスローに攻略可能

「うにょうにょ」登場!バチ抜けの定番「にょろにょろ」が柔らかく!?

デビルテールは艶めかしい動きと波動を演出し食い込み性能も抜群?