ストラディックSW登場!ソルトウォーター仕様で剛性・耐久性もUP?

こんにちは~。

今朝、運動がてらに裏の川沿いを歩いていると水面がバシャバシャと賑わい出しボイルの嵐に遭遇。

そこで急いで家に戻りバス用のタックルを持っていざ行かん!

という行動をとるかと思いきや、その場で「すげぇなぁ。」とただただ棒立ちで川の様子をうかがっていたおっさんであります。

言い訳させてもらうと家まで少し遠かったんです・・・ほんとですよ?(;´∀`)

とまぁそんな話はさておき今回は、『ストラディックSW』をご紹介していきたいと思います。

ストラディックSW登場!


「しっとりとした質感のある回転フィーリング」を特徴とするSHIMANOのコアソリッドシリーズ『15ストラディック』。

そして「巻出しの軽さ・優れたリーリング感度」を特徴とするクイックレスポンスシリーズの『16ストラディックCI4+』。

上位モデルを思わせるよう性能を持ちながらに抑えられた価格設定で高い人気を誇るこのストラディックシリーズに、ソルトウォーターに特化したモデル『STRADIC SW(ストラディック SW)』が登場を控えています!

巻き心地は?

ストラディックの魅力であり特徴でもある軽やかで滑らかな巻き心地。もちろんこのシルキーな回転フィールはSWにも健在です。

って、そうじゃなかったらストラディックの特徴を消してしまう訳で、別物になってしまいますからね(笑

そんな回転フィールに大きく貢献しているのは、やはり『X-SHIP』を搭載している点でしょう。


これは、ギアの大型化と最適配置がされることでギアの噛み合わせ精度が増し頑強となり、強力な巻き上げを可能にしつつ軽やかなリーリングを実現しているシステムになります。

X-SHIPの他にも様々なシステムが搭載されているでしょうし、ストラディックだけあって巻き心地は上位モデルにも匹敵するほどのレベルになっていると思われます。

剛性・耐久ともに良好?

過酷なシーンが多いソルトウォーターフィッシングでは巻き心地もそうですが、剛性や耐久性もかなり重要となってきます。

そういった面で貢献している搭載テクノロジーを見ていきましょう。


まずボディは、高い剛性でねじれやたわみを抑え不意な衝撃から守り、アルミニウムやマグネシウムなどの金属からなる『HAGANEボディ』が採用されています。


そして、シマノ独自の精密冷間鍛造技術により硬くて粘り強いと耐久性に優れたHAGANEギア』。滑らかな回転性能にも貢献


更には、回転性能を犠牲にすることなく撥水処理&ラビリンス構造の複合により、水の侵入を防ぎ水圧にも耐え、耐久性・防水性に優れたXプロテクト』を採用ときました!

ストラディックSWはXプロテクトがボディ部に加え、ラインローラー部にも採用されており、耐久性が大幅に向上しています。

他に、軽負荷・高負荷問わずドラグの滑り出しが良く、熱に強く耐摩耗性に優れたカーボンクロスワッシャー』が採用され、スプールリングも傷つきにくい仕様となっているようです。

これらにより、強くて長持ちするリールとなっているのではないでしょうか。

スペック

ストラディックSWのスペック情報はこちら!

■4000HG

・自重:305g
・巻取り量:93cm
・最大ドラグ力:11kg
・ギア比:5.8
・ベアリング:6/1
・スプール寸法:51mm/17mm
・ハンドル長:55mm
・ナイロン糸巻量
3.5号-170m/4号-150m/5号-125m
・フロロ糸巻量
3号-190m/4号-145m/5号-115m
・PE糸巻量
1号-500m/1.5号-320m/2号-210m
・価格:32,000円

 

■4000XG

・自重:305g
・巻取り量:99cm
・最大ドラグ力:11kg
・ギア比:6.2
・ベアリング:6/1
・スプール寸法:51mm/17mm
・ハンドル長:60mm
・ナイロン糸巻量
3.5号-170m/4号-150m/5号-125m
・フロロ糸巻量
3号-190m/4号-145m/5号-115m
・PE糸巻量
1号-500m/1.5号-320m/2号-210m
・価格:32,000円

 

■5000XG

・自重:310g
・巻取り量:103cm
・最大ドラグ力:11kg
・ギア比:6.2
・ベアリング:6/1
・スプール寸法:53mm/17mm
・ハンドル長:60mm
・ナイロン糸巻量
4号-190m/5号-150m/6号-125m
・フロロ糸巻量
4号-170m/5号-135m/6号-115m
・PE糸巻量
1.5号-420m/2号-300m/3号-190m
・価格:32,000円

 

■5000PG

・自重:310g
・巻取り量:80cm
・最大ドラグ力:11kg
・ギア比:4.8
・ベアリング:6/1
・スプール寸法:53mm/17mm
・ハンドル長:55mm
・ナイロン糸巻量
4号-190m/5号-150m/6号-125m
・フロロ糸巻量
4号-170m/5号-135m/6号-115m
・PE糸巻量
1.5号-420m/2号-300m/3号-190m
・価格:32,000円

こちら4機種のラインナップとなっています。

せっかくのSW(ソルトウォーター)仕様ですし、私的には6000番までは出して欲しかったってのが本音ですかね。

そのうち追加される可能性もあるのかも?期待です。

発売日

『ストラディックSW』の発売日は2018年5月を予定しているようです。

軽やかで滑らかな回転性能に加え剛性・耐久性もしっかり備わり、CI4+のラウンド型ハンドルノブ採用により軽くて摘まみやすく力も加えやすい。

そんなスピニングリール『ストラディックSW』は、青物をはじめ様々な魚種をターゲットとしたショアジギングやオフショアからのライトジギングで活躍してくれること間違いなし!?

引用元
http://fishing.shimano.co.jp/

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

17セオリーにライトゲーム向きの小型番手が登場!やっぱり軽いぜ!

ストラディックCI4+は軽くて使用感も良い?巻き心地にも定評あり?

18フリームスがLTコンセプトを搭載して登場!旧モデルとの違いは?

EMMSは軽くて扱いやすく値段も安い三拍子揃ったスピニングリール!

シマノのリール”ソアレCI4+”の2タイプの違いや使い分けとは?

17ソアレCI4+でライトゲームが軽快に!新番手の軽さは驚異的!?