ストラディックCI4+は軽くて使用感も良い?巻き心地にも定評あり?

本サイトの記事数も今回で遂に100記事目!!長かったような短かったような。

これからもこの調子でヌルヌルと最古から最新、管理人オススメアイテム情報をお届けしていきます(照)

ということで今回も一つ!!
NEWマグナムライトローターといった数多くのシステムを搭載し軽量で巻き出しが軽いなど、コストパフォーマンスに優れ高い人気を誇る『STRADIC CI4+(ストラディックCI4+)』についてご紹介していきたいと思います。

STRADIC CI4+(ストラディックCI4+)

ストラディックといえば、バイオマスターの後継機として知られるコストパフォーマンスに優れた人気の高いシマノのスピニングリール・・・ですが!一方の2016年に発売された『ストラディックCI4+』は「レアニウムCI4+」の後継機として登場しています。

ストラディックという名は同じであっても「無印」と「CI4+」では全くの別物と考えても良さそうですね。

特徴

ストラディックCI4+は軽量で巻き出しが軽く、優れたリーリング感度を持ったクイックレスポンスシリーズになります。

ボディやローターの素材には剛性、耐久性が向上し軽量化を実現した新カーボン素材『CI4』が採用され、左右非対称のローター構造の『NEWマグナムライトローター』により回転慣性が最大約14%低減するだけでなく、剛性も大幅に向上しておりウォームシャフトをドライブギア上部に配置することで自重よりも更に軽く感じることのできる『Gフリーボディ』が採用されています。

これらにより軽量なのはもちろんの事、剛性にも優れ、初動、巻き共に軽いリーリングが可能となっています。

他にも精密冷間鍛造技術の『HAGANEギア』やギアシステム『X-SHIP』により耐久性が向上、軽やかな巻きごこち且つ、力強い巻き上げが可能となり、硬く強度のある極細形状ベール『ワンピースベール』そして軽量スプール『AR-Cスプール』によりトラブルレスでライン放出が良く飛距離アップを実現し、錆や塩ガミを大幅に減少させた『SA-RB』、水や異物の侵入を防ぎ初期の回転性能を長期間保持する『コアプロテクト』などが採用されています。

このようなシステムが採用されることで、軽量でありながら強度もあり、巻き出しが軽く滑らかな回転を実現したスピニングリールとなっています。

スペック情報

スペックはこちらになります!

■ STRADIC CI4+ C2000S

自重:160g  巻取り量:66cm

最大ドラグ力:3kg  ギア比:5.0

ベアリング:6/1

ハンドルの長さ:40mm

スプール寸法:42mm/12mm

ナイロン糸巻量
(3lb-125m、4lb-100m、5lb-75m)

フロロ糸巻量
(3lb-110m、4lb-85m、5lb-65m)

PE糸巻量
(0.6号-150m、0.8号-110m、1号-80m)

価格:30,000円

 

■ STRADIC CI4+ C2000HGS

自重:160g  巻取り量:79cm

最大ドラグ力:3kg  ギア比:6.0

ベアリング:6/1

ハンドルの長さ:45mm

スプール寸法:42mm/12mm

ナイロン糸巻量
(3lb-125m、4lb-100m、5lb-75m)

フロロ糸巻量
(3lb-110m、4lb-85m、5lb-65m)

PE糸巻量
(0.6号-150m、0.8号-110m、1号-80m)

価格:30,000円

 

■ STRADIC CI4+ C2500S

自重:180g  巻取り量:68cm

最大ドラグ力:4kg  ギア比:5.0

ベアリング:6/1

ハンドルの長さ:45mm

スプール寸法:43mm/14.5mm

ナイロン糸巻量
(5lb-110m、6lb-95m、8lb-70m)

フロロ糸巻量
(4lb-130m、5lb-100m、6lb-80m)

PE糸巻量
(0.6号-200m、0.8号-150m、1号-110m)

価格:30,500円

 

■ STRADIC CI4+ C2500HGS

自重:180g  巻取り量:81cm

最大ドラグ力:4kg  ギア比:6.0

ベアリング:6/1

ハンドルの長さ:45mm

スプール寸法:43mm/14.5mm

ナイロン糸巻量
(5lb-110m、6lb-95m、8lb-70m)

フロロ糸巻量
(4lb-130m、5lb-100m、6lb-80m)

PE糸巻量
(0.6号-200m、0.8号-150m、1号-110m)

価格:30,500円

 

■ STRADIC CI4+ 2500S

自重:185g  巻取り量:73cm

最大ドラグ力:4kg  ギア比:5.0

ベアリング:6/1

ハンドルの長さ:50mm

スプール寸法:46.5mm/14.5mm

ナイロン糸巻量
(5lb-110m、6lb-95m、8lb-70m)

フロロ糸巻量
(4lb-130m、5lb-100m、6lb-80m)

PE糸巻量
(0.6号-200m、0.8号-150m、1号-110m)

価格:31,000円

 

■ STRADIC CI4+ 2500HGS

自重:185g  巻取り量:88cm

最大ドラグ力:4kg  ギア比:6.0

ベアリング:6/1

ハンドルの長さ:55mm

スプール寸法:46.5mm/14.5mm

ナイロン糸巻量
(5lb-110m、6lb-95m、8lb-70m)

フロロ糸巻量
(4lb-130m、5lb-100m、6lb-80m)

PE糸巻量
(0.6号-200m、0.8号-150m、1号-110m)

価格:31,000円

 

■ STRADIC CI4+ 2500HGSDH

自重:190g  巻取り量:88cm

最大ドラグ力:4kg  ギア比:6.0

ベアリング:7/1

ハンドルの長さ:45mm

スプール寸法:46.5mm/14.5mm

ナイロン糸巻量
(5lb-110m、6lb-95m、8lb-70m)

フロロ糸巻量
(4lb-130m、5lb-100m、6lb-80m)

PE糸巻量
(0.6号-200m、0.8号-150m、1号-110m)

価格:32,000円

 

■ STRADIC CI4+ C3000

自重:190g  巻取り量:73cm

最大ドラグ力:9kg  ギア比:5.0

ベアリング:6/1

ハンドルの長さ:50mm

スプール寸法:46.5mm/14.5mm

ナイロン糸巻量
(2.5号-180m、3号-150m、4号-100m)

フロロ糸巻量
(2.5号-160m、3号-130m、4号-100m)

PE糸巻量
(1号-400m、1.5号-270m、2号-180m)

価格:31,000円

 

■ STRADIC CI4+ C3000HG

自重:190g  巻取り量:88cm

最大ドラグ力:9kg  ギア比:6.0

ベアリング:6/1

ハンドルの長さ:55mm

スプール寸法:46.5mm/14.5mm

ナイロン糸巻量
(2.5号-180m、3号-150m、4号-100m)

フロロ糸巻量
(2.5号-160m、3号-130m、4号-100m)

PE糸巻量
(1号-400m、1.5号-270m、2号-180m)

価格:31,000円

 

■ STRADIC CI4+ C3000HGM

自重:195g  巻取り量:88cm

最大ドラグ力:9kg  ギア比:6.0

ベアリング:6/1

ハンドルの長さ:55mm

スプール寸法:46.5mm/14.5mm

ナイロン糸巻量
(8lb-130m、10lb-110m、12lb-85m)

フロロ糸巻量
(8lb-110m、10lb-90m、12lb-80m)

PE糸巻量
(1号-220m、1.2号-150m、1.5号-135m)

価格:31,000円

 

■ STRADIC CI4+ 3000XGM

自重:205g  巻取り量:91cm

最大ドラグ力:9kg  ギア比:6.2

ベアリング:6/1

ハンドルの長さ:55mm

スプール寸法:46.5mm/14.5mm

ナイロン糸巻量
(8lb-130m、10lb-110m、12lb-85m)

フロロ糸巻量
(8lb-110m、10lb-90m、12lb-80m)

PE糸巻量
(1号-220m、1.2号-150m、1.5号-135m)

価格:32,000円

 

■ STRADIC CI4+ 4000XGM

自重:235g  巻取り量:99cm

最大ドラグ力:11kg  ギア比:6.2

ベアリング:6/1

ハンドルの長さ:55mm

スプール寸法:51mm/17mm

ナイロン糸巻量
(2.5号-160m、3号-120m、4号-90m)

フロロ糸巻量
(3号-110m、4号-90m、5号-65m)

PE糸巻量
(1.2号-250m、1.5号-200m、2号-150m)

価格:33,000円

 

この12機種となります。

15ストラディックとの全機種自重の差を比べると約40~50gも軽いんですよね!継続機自体が違うので比べるものでも無いのかもしれませんが(汗

シマノ(SHIMANO) ストラディックCI4+ 2500HGS

使用感まとめ

では実際に使用している方々の声をまとめてみました!

良い点

・かなり軽い。

・ハイギアでも巻き出しが軽く、シルキーな巻きごこち。

・ドラグの滑り出しがなかなか良い。

・ロッドとの相性もあるが、操作性抜群。

・大径ドラグノブの為、ファイト中の調整がしやすい。

・見た目がカッコイイ。

不満な点

・PEラインだとラインストッパーから抜けることが多々ある。

・巻き始めがやや重たく感じた。

・ベールが柔らかく、ぶつけるとすぐ変形してしまう。

 

良い点で圧倒的に多かった声は、やはり持った時の軽さそして巻きが軽いという声でした。

不満な点に偏った意見はありませんでしたが、巻き始めがやや重たく感じたという声がポツポツ見られました。個体によってはそういったものもあるのかも?もしそうなら個体差を少しでも無くしてもらえると嬉しいですよね!

不安な点なんかもありますが、この価格帯のスピニングリールの中では頭ひとつ抜けている性能を持つコトに間違いはないでしょう。
自重、巻きの軽さによる操作性の良さを体感したいという方にはストラディックCI4+・・・オヌヌメです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レボエムジーエクストリームスピニング登場!軽くて使用感も抜群?

ロキサーニ スピニングは2Wayドラグ搭載で汎用性が高くコスパ抜群

ダイワ”月下美人EX”スピニングリールのスペックや発売日について

ツインパワーXDの耐久性が前モデル超え?軽量化にも抜かりなし?

16ヴァンキッシュの性能が凄い!?12ヴァンキッシュとの違いは?

18イグジストは軽くてタフだけじゃない!全ての性能を高次元で実現