スラムEXRシリーズでアジングを快適に!特徴や発売日もチェック!

先日、友人がジグヘッド単体でカサゴ(ガシラ)無双したという話を聞き、いても立ってもいられず、なんとなく部屋内をウロウロしてみた当サイト管理人。

サイズはそこまで大きくはなかったそうですが、50匹弱を釣ったんだとか。2人で。今の時期数釣りが楽しめるのかも?チャンスですぜカサゴ好きの方よ!!

と・・・友人の話を自分の話の如く語る鼻タレ管理人が今回紹介するのは、新型ガイド「Sic-Sリングガイド」を採用した軽量かつ操作性抜群のティクトのアジングロッド『SRAM EXR』!!

基本情報をはじめ、特徴や発売日などもまとめていきます。

SRAM EXR

アジングやメバリングといったライトゲームで高い人気を誇るメーカー『TICT(ティクト)』。

そんなティクトのフラッグシップモデルとなるアジングロッド『SRAM Ultimae Tuned(スラム アルティメットチューン)』の1ランク下のモデルとして、新型ガイドを搭載した『SRAM EXR(スラム イーエックスアール)』シリーズが発売を予定されています。

EXRとはEXPERT TECHNICAL ROD(エキスパートテクニカルロッド)の略で、初心者の方はもちろんの事、エキスパートの方にも非常に扱いやすいロッドとなっているそうです。

特徴

まずは特徴を見ていきましょう!

ロッドバランスが一から見直されブランクスにハイカーボンを惜しみなく使用している事で、薄く細くて軽量、それに加え曲がり過ぎず反発力を持たせているのでキャストやフッキングが決まり易く、ファイト時にも粘りが出てしっかり魚を寄せてくる事が出来ます。

ガイドはFUJI製のSic-Sリングガイドを搭載

このSic-Sガイドは従来のSicガイドに比べ、内径が広く薄く軽量という特徴を持つので、役割としてはロッド全体の自重を軽くして操作性の向上を図ったガイドと言えるでしょう。

このようにブランクスとSic-Sガイドにより、軽いリグでも軽快にキャストを行えロッド全体がシャープで軽量とライトゲームにおいて大きな武器となることは間違いないでしょう!

スペックと各種使い分け

続いてスペックと使い分けについて!

EXR-60S-Sis

・全長:1.83m   ・自重:58g
・継数:2本      ・仕舞:95cm
・先径/元径:0.7mm/7.0mm
・リグウエイト:0.2g~2g
・MONOライン:0.8lb~2lb
・ティップタイプ:カーボンソリッド
・価格:31,000円

細身ブランクスと極細ソリッドテイップにより軽量ジグヘッド単体が扱いやすく、短いレングスで取り回しが良く、波止場などといった小規模フィールドでの近距離戦を得意とし巻きの釣りで性能を発揮するモデル。

EXR-64S-Sis

・全長:1.94m   ・自重:60g
・継数:2本      ・仕舞:100.5cm
・先径/元径:0.7mm/7.2mm
・リグウエイト:0.2g~3.5g
・MONOライン:0.8lb~2.5lb
・ティップタイプ:カーボンソリッド
・価格:32,000円

こちらもソリッドティップでジグヘッド単体用となり飛距離を出せ操作性にも優れたモデル。

小規模フィールドはもちろんの事、少々足場が高い場所でも活躍し巻きをメインとした軽量ジグヘッドを扱うならこの1本あれば問題ナシ!といったジグ単オールラウンダー

EXR-66T-Sis

・全長:1.99m   ・自重:65g
・継数:2本      ・仕舞:103cm
・先径/元径:1.1mm/7.8mm
・リグウエイト:1g~4g
・MONOライン:0.8lb~3lb
・PEライン:0.15号~0.35号
・ティップタイプ:チューブラー
・価格:33,000円

ソリッドティップのように乗せるのでは無く、掛ける釣りに向いた張りのあるブランクスのチューブラータイプ。

4gまでのジグヘッド単体をメインにアクションで攻撃的に攻め、手元に伝わる明確なアタリにバシッとフッキングを決めたいならこのモデル。

EXR-73S-Sis

・全長:2.21m   ・自重:70g
・継数:2本      ・仕舞:115cm
・先径/元径:0.8mm/8.4mm
・リグウエイト:0.8g~7g
・MONOライン:0.8lb~3lb
・PEライン:0.15号~0.35号
・ティップタイプ:カーボンソリッド
・価格:35,000円

7.3ftながら70gと非常に軽量で操作性が良く適合リグの幅は4機種イチで、レングスを活かした遠投など幅広い活躍が期待できるモデル。

ソリッドティップながらに反発力のある掛け調子となっている為、遠投時でもしっかりアタリを感じ取れるコトが出来るハイレスポンスロッド。

 

こんな感じかなと。

近距離戦か遠距離戦か、巻きの釣りかアクションの釣りか、と良く足を運ぶポイントやスタイルに合わせた選び方ができそうですね!

ティクト スラム EXR-73S-Sis tict SRAM

発売日

SRAM EXRの発売日ですが2017年7月中旬を予定とのこと。

フィッシングショーなどでは全部で7機種?紹介をされていたそうですが、今回は4機種のみを発売するみたいですね。

残り3機種は後々追加されていくのかもですね(^^)

ティクトファンの方はもちろんの事、アジングを軽快かつ快適に楽しみ、しっかり攻略もしたい!という方は、粘りや反発力があり感度にも優れ、とにかく軽量化と操作性の向上が図られたアジングロッド『SRAM EXR』を要チェックです!!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライトゲームロッド「ブルーカレントTZ」の人気おすすめ機種まとめ

『宵姫 華』8機種の特徴やおすすめ機種まとめ!ハズレ機種は無し?

初心者〜中級者向きアジングロッド10選まとめ!シーズンもチェック!

Beams inte7.9ULはライトゲーム用ベイトロッドで操作性は抜群!?

ライトゲーム最強ロッド?ソルセンシリーズのスペック&特徴まとめ!

エラディケーターリアルフィネスはシリーズ最強の軽さで感度も抜群?