春の夜バス&ナマズ釣りってどうなの!?おすすめ装備や注意点は?

昼の暖かさにヤラれて夜もイケるんじゃね?

とか陽気にやられてつい考えてしまう春のバス&ナマズ釣り。

しかし、夜なんてちょっと場違い感もあるような・・・・いや、その前に春の夜バス&ナマズ釣りって実際にどうなのよ?

っていう一部アングラーがちょっと気になるかもな所を!

かつて夜専門(3月後半~5月に掛けての間、3分の1日通った)で動いておった私の経験に基づき、『夜のバス&ナマズ釣り〜春篇〜』のあれこれを書いていきます。

釣れるの?春の夜釣り!

春の夜バス&ナマズが釣れるのか否か!?

これについては地域やフィールド、状況によって差はあるでしょうけど基本的には・・・

どちらも釣れます。

はい。

暖かい日が続き、水温が安定し始める今時期(3〜5月)、主に4月辺りからはバスもそうですが、ナマズもスポーニング(産卵)を意識し始める頃です。

なので、こちら釣り手側もスポーニングを意識して攻めれば、釣れる可能性がグイっと上がります。

そして夜の特権とでも言いましょうか。他の釣り人が少ないという強みを活かして狙っていけば尚良し(^^)/

ただ、夜は言うまでもなく視界が悪くなるといった危険をはじめ、昼の釣り以上に気をつけねばな部分も出てきます。夜釣りを楽しもうというならいくつか守りたいルール&装備もそれなりに必要となります。

下記へと続く───

必需品?(遠足的な)

以前、夜のバスは危険がいっぱいだぜ【夏篇】的な記事でも述べていますが、今は春。状況も違いますので改めてまとめていきます。

魚種問わず夜釣りに確実に必要なアイテムは・・・・

・ライト
・暖(服)
・ライフジャケット
・虫除け(5月〜)

この辺!!

虫除けは蚊が出て来てる時期ならといった所です。

では上記したアイテムについてちょこっとずつ触れていきます。

まずは夜釣りにおいて欠かせないライトですが、視界の確保+両手をフリーにしておきたいというコトでヘッドライト!!


+予備のライトをもう一つ!


あえて広告を貼ってみましたが、これは参考に。気にしないでくださいm(_ _)m

なんにせよヘッドライトに加えて手持ちなり何なりのライトも持っておくことをオススメしたい!!予備やゲスト用に、または休憩時用にかなり役立ってくれます。

ちなみに私はヘッドライト&腰にランタンを装備した歩く外灯スタイルでやってます。多分私に近寄ると眩しいです。笑

続けては、暖の確保!

春の夜は言うても結構に寒い。

かと言って火を焚くとかは流石に・・・・ちょっとデンジャーなので、上着を多め、少し暑くなる位に着込む、または持っておくほうが良いです。

暑かったら脱げば良いだけですが、着るものが無いと対処のしようが無いすからねm(_ _)m

三点目!昼夜問わず必須アイテムのライフジャケット!!

こちらは言うまでもなく万が一に備えてのやつです。釣りを楽しむにあたっての正装というか保険的な意味でも。

他記事にてSHIMANOとDAIWA、有名所のライフジャケットについてまとめていますので、よろしければチェックしてみてくだされ。

こんにちは~。 冬の釣りでは寒すぎて釣りにならない!なんてことにならないよう、防寒対策グッズに目が行きがち。 しかし、冬に限らず重要...
これからの時期というと釣りに限らず、川遊び然り磯遊び然り、水辺に近づく機会が増えて行くと思います。そこで絶対避けたいのが・・・水難事故!! ...

最後に虫除け・・・・は省略してとりあえずはこんな所ですかね。

あとは油断しないことですね。

注意点!


続いて夜釣りを楽しむにあたっての注意点に触れておきます。

まず一点目は、騒がない!!

ポイントが人っ気のある所、近くに家等がある場合なんかは特にね。

まあ夜なので当たり前ですけど。

 

二点目は、ソロプレイは控えめに!

続けて三点目は、危険度の高いポイントはなるべく避けよう!です。

二、三点目は、万が一の為です。

昼に比べて夜は特に、この辺に細心の注意を払いつつ楽しみましょう\(^o^)/




定番ルアー!?(バス篇)

上記したように春バス攻略の鍵はスポーニングを意識することです。

これは昼だけに非ず、夜にも言える事です(多分)。

ということでスポーニングについてご存知の方も多いかと思われますが、軽くおさらいしておきます。

ちなみにスポーニングは・・・

プリスポーン(産卵前)
ミッドスポーン(産卵中)
アフタースポーン(産卵後)

の3つに別れており、それぞれバスの状態が異なっています。

では、その特徴とそれぞれの状態にあるバスに対して有効とされる定番ルアーを例となるアイテムも上げつつチェックしていきます。

プリスポーン

産卵に向けて体力を付ける為、捕食スイッチオン状態の個体が多く、スレたデカバスなんかの警戒心も弱め。

なのでプリスポーンにある個体は最も狙いやすいとされる。

定番(おすすめ)ルアーは・・・


※JACKALL:リレンジ130SP

水温の変化に弱いベイトフィッシュを演出するべく、ミノーやクランク、スピナーベイトなどの巻物系ルアー

ミノーのジャークなんかは王道ですね。

ミッドスポーン

産卵中または卵・稚魚の守りに入っている為、基本的に攻め(捕食モード)に転じるコトは少ない。口を使うのは卵・稚魚を守る場合が多い。

あえてスルーするのも優しさ?なのかも。

定番(おすすめ)ルアーは・・・


※reinz:レインズホッグ3.5inch

産卵床をピンポイントで攻めて口を使わせるのに最適なワーム(ストレート〜クロー・ホッグ系まで)

弱点を突付いて怒らせて食わせるという感じですね。

アフタースポーン

産卵直後で体力が低下する為、活発には動かない。

が!?産卵後しばらくすると体力回復を図り捕食モードに移行する。(コトが多い)

定番(おすすめ)ルアーは・・・


※EVERGREEN:SRミニ SW3/8oz

まだスイッチの入っていない個体が多いようならワーム(ストレート〜クロー・ホッグ系まで)、スイッチオンの捕食モードにある個体には巻物系ルアーです。

そう簡単に見分けはつかないので、どっちでも可って所です。

・・・以上です。

あくまで定番というだけでこの辺りが確実にハマるかといえば『ハイ』とは一概にはいえません。

実際に、4月頭の夜釣りでトップにドハマリ!!なんて経験もあります。(ビッグバド使用の1時間で10本)

ので、基本をスポーニングに置いて、例えばトップが騒がしい(ライズ)ようならトップに切り替えて・・・と可能性のある所に、臨機応変に対応していきましょう。

定番ルアー!(ナマズ篇)

続けてはナマズ篇!!

ナマズのスポーニングについては解りかねる部分がありますが、バス同様に捕食スイッチの入ったプリスポーンの個体が釣りやすいということは確か!

ですので、プリが多い4月中後半〜5月後半辺りまでがチャンスということになります。

また基本的にナマズは夜行性とされているので、夜は狙い目ですね。(もち昼間でも釣れるが特にローライト時はチャンス!)

オススメルアーについては、水温や濁り次第って所もありますが、お馴染みのトップ装備からの通用しないならワーム(テキサスやラバージグ×クロー系)へのローテ・・・このパターンでOK!!

私がナマズゲームにおいて信頼を置いているアイテムの一つJACKALL(ジャッカル)のPOMPADOUR(ポンパドール)はマジでオススメしたい。

一昔前にゲームセンターにバス釣りのアーケードゲームがあった気がしたけど今もあるのかしら? 思い出したら気になって仕方がなくなってきた・・・...

バス用ってことですが、ぶっちゃけバスよりナマズの方が反応良いですm(_ _)m

ぷちまとめ

春の夜バス&ナマズ釣りのあれこれは以上となります。

釣り方云々はともかく行くならば、安全の確保と他所様に迷惑を掛けないコトを強く意識して楽しんでください。

夜の世界は釣りにおいても非常に楽しく、そして魅力的です。まだ体験したことない人は是非・・・・こちらの夜の世界へいらしてくださいませm(_ _)m

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『どじょうてんやスタートキット』でタチウオゲームをはじめよう!

メバリングの時期や時間は?ワームでの基本的な釣り方も教えます!

エコギアのバグアンツでボトムクリア率アップ!?定番の使い方は?

釣りガールりんかのプロフィールや釣りの腕前は?彼氏はいるの?

カサゴ釣りは初心者にオススメ!?釣れるワームや釣り方…教えます。