ソアレBBアジングはアジング初心者に優しい設定?始めの1本に!

アジングファンがモリモリに増えつつある近年。

この波にライドオンすべくアジングを始めたいけど、やったことがないし、どんなロッドを使えば良いのか分からない・・・やっぱやめた〜。

なんていうちょっぴり面倒くさがりの初心者さんよ!あいや待たれい!!(歌舞いた)

実は良いロッドがある!

と謎のテンションはコレくらいで抑えて、本題!今回は初心者さんにもオススメしたい!?軽量で操作性が良く、コストパフォーマンスも申し分ないSHIMANOのアジングロッド『Soare BB Ajingソアレ BB アジング』についてチェックしていきます!。

Soare BB Ajing

ロッドにリール、ワームに小物などの人気アイテムを多く展開するSHIMANOのライトゲームブランドSoare(ソアレ)から好評発売中のアジングロッド『Soare BB Ajing(ソアレ BB アジング)』。

数ある同価格帯のアジングロッドの中でも、その”軽さ”と”操作性”に定評があるモデルです。

主な仕様

まずは3機種(S604ULS/S610LS/S704LS)からなるソアレBBアジングの仕様を見ていきます。

■ティップ(穂先)
S604ULSには強くてしなやかな、そして高感度な『タフテックソリッド』、S610LSS704LSには高感度・高弾性・高反発な『ハイレスポンスソリッド』が採用されています。

■ガイド
上位機種となる『ソアレSS』にも採用されている『ステンレスフレームKガイド』となり、強度がありライントラブルを軽減、そしてロッドの曲がりなどを考慮した上でのステンレスフレームといったところでしょうか。


そしてティップ(穂先)のガイドにはオレンジ色のスレッドが巻かれているのでティップ(穂先)でのアタリが見やすくなっています。

■リールシート&グリップ
シマノオリジナルリールシートと細身でコンパクトなセパレートグリップにより、デザインも良く軽量化と感度向上が図られています。

と、このようになっています。

絶対飛ばしてる方もいると思われます・・・ので、簡単にまとめると仕様はロッドの特徴を活かした操作性に優れ、尚且つトラブルレスな仕上がりになっている。といった所ですね。

スペックと各種特徴

では、続けてソアレBBアジング3機種のスペックと各種特徴をまとめていきます!!

S604ULS


・全長:1.93m
・自重:66g
・継数:2本
・仕舞:99cm
・先径/元径:0.8mm/8.7mm
・ルアーウエイト:0.3g~6g
・ナイロン、フロロライン:1lb~3lb
・PEライン:0.1号~0.4号
・リールシート位置:250mm
・価格:14,000円

ジグヘッド単体の操作を得意とした乗せ・掛けと両方を併せ持つモデル

タフテックソリッド採用により、小さなアタリを感知できる感度とバイトを弾きにくく難しいアタリにも対応してくれるしなやかさが特徴で、リトリーブをメインとした乗せの釣りと軽めのアクションで掛けていくコトも可能。

6.4ftと短めのレングスとこの価格帯ではありえない程の軽量な66gにより、操作性は抜群で常夜灯周りや波止場といった小規模フィールドと近距離戦に適しています。

シマノ(SHIMANO) ソアレ BB アジング S604ULS

S610LS


・全長:2.08m
・自重:72g
・継数:2本
・仕舞:106.5cm
・先径/元径:0.8mm/10.5mm
・ルアーウエイト:0.5g~12g
・ナイロン、フロロライン:1.5lb~4lb
・PEライン:0.1号~0.6号
・リールシート位置:275mm
・価格:14,500円

汎用性に優れた掛け調子の万能モデル

高反発なハイレスポンスソリッドにより、手でアタリをしっかり感知できる感度とキャストやアクションを付けやすく、操作性に優れている為、アクションをさせて掛けていくといった攻撃的スタイル向き。

適合ルアーウエイトが0.5g~12gなので、様々なリグを扱うことができ、遠距離戦とまでは行かないものの、それ以外を全てカバーできると言っても過言ではないオールラウンダーと言えるでしょう。

シマノ(SHIMANO) ソアレ BB アジング S610LS

S704LS

・全長:2.24m
・自重:76g
・継数:2本
・仕舞:114.5cm
・先径/元径:0.8mm/11.5mm
・ルアーウエイト:0.5g~12g
・ナイロン、フロロライン:1.5lb~4lb
・PEライン:0.1号~0.6号
・リールシート位置:295mm
・価格:15,000円

レングスを活かした遠投を得意とするモデル

こちらもハイレスポンスソリッドで掛けていくスタイルを得意とし、『ソアレ BB アジング』シリーズの中ではロングレングスとなり、遠投が必要な場所・状況には持って来いで、長すぎない為、取り回しも良い

ジグヘッド単体はもちろんのこと、小型のメタルジグやフロートリグなどを遠投し広範囲に探りたいならこの1本。

シマノ(SHIMANO) ソアレ BB アジング S704LS

まとめ

自重70g前後と上位機種にも引けを取らない操作性。そしてリーズナブルな価格と。初心者殿にオススメしたいアジングロッドの一本です。

ちなみに私が上記3種から選ぶなら、特化させたものと比べると劣る部分はあるでしょうけど、1本だけで状況に応じた様々な攻め方ができ、幅広く対応できるオールラウンダーなS610LS!!

アジがダメならメバルやカサゴ狙いにシフト出来そうですし。と私のようにターゲット変更を視野に入れた選び方もあり!

あと今回取り上げた『SOARE BB AJING』ほか、初心者にオススメのロッドを他記事にてまとめていますので、もし他にも見てみたいという方はこちら・・・・

こんにちは。 釣ったアジはとりあえず、なめろうにすべし!とか釣った後のコトを考えながらアジングを楽しむ派の釣り物おじさんです。 さて...

も、よろしければチェックしてみて下さい。

引用元
http://fishing.shimano.co.jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライトゲームロッド「ブルーカレントTZ」の人気おすすめ機種まとめ

ブラックスター セカンドジェネレーションの特徴や前モデルとの違い

ライトゲーム最強ロッド?ソルセンシリーズのスペック&特徴まとめ!

一誠「碧」でライトゲーム攻略!!各種特徴や使い分けについて!

スラムEXRにロングレングス2機種が追加!飛距離にパワーも確保?

FER-58登場!アジングロッドに求められる性能は全てトップクラス?