スコーピオンBFSにFTB搭載!16アルデバランBFSとの違いとは?

先日、以前から予定していたライトゲーム計画を遂に実行・・・しようと思っていたのですが、都合が悪くなり急遽バスフィッシングへと移行。

タイムリミットは2時間。・・・結果、大爆釣!!

とはなりませんでしたというか無でした無。しかしこれも釣り!次は時間無制限でリベンジしたいと思います。

と無の時間を過ごした話は切り上げて本題へ!!今回は、高い人気を誇るスコーピオンシリーズ初のベイトフィネス仕様『スコーピオンBFS』についてご紹介していきたいと思います。

Scorpion BFS

SHIMANOの人気ベイトリール”スコーピオンシリーズ”に初のベイトフィネス仕様『スコーピオンBFS』が2017年5月に登場!!

このスコーピオンBFSにはFTB(フィネスチューンブレーキシステム)』が採用されるなど、上位機種にあたる16アルデバランBFSとほぼ同じ仕様にも関わらずお求めやすい価格とコストパフォーマンスに優れたベイトフィネスリールとなっています。

主な搭載システム

まずは主な搭載システムを見ていきます。

HAGANEボディ
剛性、耐衝撃性に優れた金属ボディ。

■X-SHIP
軽やかで力強い巻き上げを可能にするギアシステム。

■S3Dスプール
キャスト等によって起こるスプールのガタつきやムラを軽減し飛距離・精度共に向上させるスプールシステム。

エキサイティングドラグサウンド
ドラグが出た時に音がなる機工。

S A-RB
錆や塩ガミを大幅に減少させるグリスインベアリング

スーパーフリースプール
クラッチ時、2つのベアリングでスプールを支える構造。

FTB
ブレーキユニットを無くしたブレーキシステム。

こんな感じです。

カラーは、スコーピオンのシンボルカラー「ワインレッドカラー」ではなく、シルバーに近いカラーとなっています。

あ、ちなみに海水での使用も可能です。

FTBとは?


上記でも簡単に説明させて頂きましたが、もう少し詳しく見ていきます。

ほとんどのベイトリールはスプールにブレーキユニットが付いていますが、そのブレーキユニットを排除し、スプールに直接マグネットブレーキシステムを装着したモノが、シマノ独自のブレーキシステム『FTB(フィネスチューンブレーキシステム)』となります。

このFTBの仕組みは・・・スプールの回転数に応じてマグネットがスプールに近づいたり離れたりと移動するという感じで、

・軽量化(シマノ史上最軽量スプール)
・細かなブレーキ調整が可能。
・バックラッシュが軽減。
・ピッチング等の様々なキャスト性能が向上。

などの効果が得られます。

まとめると軽くてトラブル軽減してくれて取り回しが良い。って所です。

アルデバランBFSとの違い

スコーピオンBFSは16アルデバランBFSとほぼ同じ仕様と上記しましたが、もちろん目立った違いも存在しています。

例えば、

■ギア比

17スコーピオンBFS/BFS XG6.3,8.2

16アルデバランBFS/BFS XG6.5,8.0

■自重

17スコーピオンBFS/BFS XG165g

16アルデバランBFS/BFS XG130g

■ベアリング

17スコーピオンBFS/BFS XG7/1

16アルデバランBFS/BFS XG9/1

■フレーム素材

17スコーピオンBFS/BFS XGアルミニウム

16アルデバランBFS/BFS XGマグネシウム

■ギア

17スコーピオンBFS/BFS XG真鍮製ギア

16アルデバランBFS/BFS XGジェラルミン製ギア

など

17スコーピオンBFS/BFS XGは硬くて耐久性があり、海水での使用を考慮しアルミニウムや真鍮製ギアを、一方の16アルデバランBFS/BFS XGは強度がありつつも軽量化を図るマグネシウムやジェラルミン製ギアを採用しています。

また16アルデバランBFS/BFS XGには、軽量でありながら剛性や耐久性に優れるカーボン素材『CI4+』も採用されていますね。

他にも違いはあるのでしょうけど、わたしが調査した結果これだけしか分かりませんでした。スンマソン。

スペック情報

それではスペックといきましょう!

※XGはエキストラハイギア仕様。

■ Scorpion BFS LEFT

・自重:165g
・巻取り量:63cm
・最大ドラグ力:3.5kg
・ギア比:6.3
・ベアリング(S A-RB/ローラー):7/1
・スプール寸法:径32mm/幅22mm
・ハンドルの長さ:42mm
・フロロライン糸巻量:8lb-45m
・価格:35,000円

■ Scorpion BFS RIGHT

・自重:165g
・巻取り量:63cm
・最大ドラグ力:3.5kg
ギア比:6.3
・ベアリング(S A-RB/ローラー):7/1
・スプール寸法:径32mm/幅22mm
・ハンドルの長さ:42mm
・フロロライン糸巻量:8lb-45m
・価格:35,000円

■ Scorpion BFS XG LEFT

・自重:165g
・巻取り量:82cm
・最大ドラグ力:3.5kg
・ギア比:8.2
・ベアリング(S A-RB/ローラー):7/1
・スプール寸法:径32mm/幅22mm
・ハンドルの長さ:42mm
・フロロライン糸巻量:8lb-45m
・価格:35,000円

■ Scorpion BFS XG RIGHT

・自重:165g
巻取り量:82cm
・最大ドラグ力:3.5kg
ギア比:8.2
・ベアリング(S A-RB/ローラー):7/1
・スプール寸法:径32mm/幅22mm
・ハンドルの長さ:42mm
・フロロライン糸巻量:8lb-45m
・価格:35,000円

以上の4機種となります。

上位機種のアルデバランBFSのより1万円弱安くも劣化版とは言わせない性能を持つ『スコーピオンBFS!!

ベテランの方はもちろん、フィネス入門者の方にもオススメです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アルデバランBFS XG2016と前モデルの違いはFTBと遠心ブレーキ?

タトゥーラマーゴHDはビッグベイトと相性抜群!見た目もイイネ!

18アンタレスDCMD登場!様々な魚種が狙えるパワーゲーム仕様!?

タトゥーラ SV TWはキャスト性能高い!スキッピングも余裕!?

17スコーピオンDCのI-DC5システムの詳細は?初心者にオススメ?

16アンタレスDCの性能はモンスター級!?使用感も抜群と評判?