基本性能に優れたシュナイダーに18g登場!攻略の幅が更に広がる!

花粉症ひどす!そして追い打ちをかけるかのように、階段を下りていた際に妙な足のつき方をしてしまい、足の裏からピキッという音と痛みが走り、ヒビ?骨折?と少々不安がる・・・。

がしかし、「私の骨は丈夫だから心配ない!」と何の根拠もなく適当なことを自分に言い聞かせる(;´∀`)

そんなおっさんが今回は、鉄板バイブレーション『SCHNEIDER(シュナイダー)』をご紹介していきます!

シュナイダーに新モデルとなる18gが登場

「誰が投げても飛び、絡まず、疲れず、釣れる」をコンセプトに登場したima(アイマ)の『SCHNEIDER(シュナイダー)』。

鉄板バイブレーションに求められる性能を徹底的に追及することで、とても扱いやすく基本性能に優れた万能ルアーとなっています。

そんなシュナイダーは、現在13gと28gの2モデルが登場していますが、その中間に位置する18gが新たに追加されるようです。

特徴

まず、ヘッド部先端にプロテクションジョーというシステムが採用されています。

これは鉄板?の出っ張りが設けられており、

・ストラクチャーやボトムへのコンパクトを感知しやすい
・先端が先に障害物に接触するためボディ本体へのダメージも軽減してくれる

といった役割を果たしてくれるんだそうです。

そしてボディ上部にはラインアイが2つあり、

前方アイ=スピーディーに探りたい時や弱い動きを演出させたい時(流れが早いエリアにも効果的)
後方アイ=スローに探りたい時や強い動きを演出させたい時(穏やかなエリアにも効果的)

などリトリーブ速度やアクションの強弱による使い分けが可能となっています。

18gモデルではこのラインアイの位置を特に拘ったようで、アクションの安定性や引き心地を向上させる最適な位置に設定されているとのこと。

スイミングアクションは基本的にウォブンロールアクションを演出し、平らなボディによるフラッシングでターゲットにアピールします。

着水後は安定したフォール姿勢をみせ、ロッド操作時でもライン絡みが少なく素早い立ち上がりを実現しているんだとか。

なので、リトリーブだけでなく食わせのきっかけを与えるアクションを交えた攻めもストレスなくガンガン使っていけそうですね。

このように基本性能を高次元で実現させ、これぞザ・スタンダード鉄板バイブレーションと言える仕上がりになっているのではないでしょうか。

モデル別の使い分け

それでは3モデルの使い分けについて簡単にまとめてみます!

■SCHNEIDER 13
・シャローエリア
・マイクロベイトパターン時

■SCHNEIDER 18
・表層をスピーディーに
・中層に最適
・ボトムへのアプローチも可能

■SCHNEIDER 28
・遠投を活かし広範囲を探る
・水深のあるエリア
・中層~ボトム攻め

13gでは基本的にシャロー攻めをメインとした釣りに最適ですが、スローに巻けばその分レンジを落とすこともできる。

28gではリトリーブスピードを早めると表層も探れる。

ですがこの2つの使い方はウエイトの関係上、限度があります。

そこを補いつつ幅広い攻めを可能にしたのが18gというわけですね。

この18gが登場することでミドルレンジもしっかり攻められるようになり攻略の幅が更に広がるのは間違いないでしょう!

スペック

スペック情報はこちらになります。

■SCHNEIDER 13

・サイズ:55mm
・ウエイト:13g
・アクション:バイブレーション
・タイプ:シンキング
・フック(リング):#12(#2)
・価格:1,000円

 

■SCHNEIDER 18

・サイズ:68mm
・ウエイト:18g
・アクション:バイブレーション
・タイプ:シンキング
・フック(リング):#8(#3)
・価格:1,100円

 

■SCHNEIDER 28

・サイズ:73mm
・ウエイト:28g
・アクション:バイブレーション
・タイプ:シンキング
・フック(リング):#6(#3)
・価格:1,100円

カラーチャート

イワシ
ブルピンイワシ
コットンキャンディー
ボラ
稚アユ
チャートシャイナー
玉彩
アカキン
グリーンゴールド
コンスタンギーゴ
レッドヘッドゴールド
マットチャート
ピンクバックオレンジベリー
パープルイワシ
メタルシャッド
GSベイト

メタルシャッド/GSベイトの2色は、13gモデルが2018年3月、28gモデルが4月の発売予定とのこと。

そして18gモデルでは、ブルピンイワシからブルピンにカラー名が変更されているみたいですが、見た目はほぼ同じとなっています。

発売日

SCHNEIDER 18の発売日は2018年4月を予定しているようです。

基本性能に優れ誰もが扱いやすくリトリーブ・アクションどちらの攻めも難なくこなす万能性。

そんな『SCHNEIDER(シュナイダー)』の3モデルの使い分けは、様々なシチュエーションで威力を発揮してくれそうですね!

引用元
https://www.ima-ams.co.jp/products/schneider#tab1

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サーフグライドは飛距離・アクションなど基本性能に優れたミノー?

「うにょうにょ」登場!バチ抜けの定番「にょろにょろ」が柔らかく!?

VJ-22とデカカリシャッド登場!使い方は簡単?だのに釣れすぎる?

ナダのスピンテールジグ「ヒトクチ」はシーバスから青物まで狙える?

デプライブはスピニングで使えるシーバス用ビッグベイト?仕様は?

SLSZセットアッパーは飛距離&アピール力抜群のシーバス定番ルアー