ハタ狩り・直はハタ狙い特化で根掛かりに強くアピール力は高い!?

垂直フォールによるピンポイントのサーチを得意とするリグ「直リグ」。

テキサスリグでは攻めきれないポイントを狙える為、ブラックバスやロックフィッシュゲームで活躍するシーンの多いリグですね。

今回はそんな直リグをハタゲームに特化させたアイテム!”RUDIE’S(ルーディーズ)”より発売中の『ハタ狩り・直(じか)』をご紹介していきます。

随所にこだわりを見せる仕様!


シンカーは面が多く設けられた多面体構造になってて、岩などの障害物へコンタクトした際に手元に伝わりやすくなっています。また備え付けのブレードとは別にシンカー本体が光を反射してあらゆる角度へアピールしてくれます。

ブレードは回転による波動効果&フラッシングで、シンカーのフラッシングに加え、さらなるアピールに貢献します。

そしてちょっと気になるシンカー下部のバンパーアイですが・・・・


このアイには、高いボトム感知能力と根掛かり軽減に貢献しているほか、さらにシンカーを付けることで状況に合わせたウエイトセッティングを可能に。

次に標準装備されてるフックですが、魚の口に刺さりやすく貫通力に優れたストレートフックが採用されています。


オフセットフックとは異なり針先がむき出しになってるということは、フッキング率UPと同時に根掛かり率も上げてしまうのでは!?

と思った。りもしたのですが、そこは抜かり無いようで・・・・フックの可動域を少なくして横倒れを防ぐ設計が施されており、フッキング率UPと同時に高い根掛かり回避性能も実現しているそうです。

こんな所ですね。

あとは、スムージーアイの採用でフック交換を容易に行えるというもポイント。

使い方

ハタ狩り・直の使い方を私なりにまとめてみます。

①ロッドを軽くあおって(2〜3回)ボトムをピョンピョンと細かく飛び跳ねさせてから数秒ステイ(止め)を繰り返すボトムバンピング(ステイ時間を短くしてリズミカルに誘うのもGOOD)。

②ロッドを一度大きくあおることでルアーをボトムから持ち上げて落とす(フォールさせる)を繰り返すリフト&フォール(フォールで着底させてからステイを入れるのもあり。

③キャスト後ボトムを取ってから中層まで、またはボトム中心をスイミング(ただ巻き)で誘う。

①と②は共に、ルアーを跳ねさせ(持ち上げ)ている時はもちろんフォール中やステイ時にもアタリが出やすいので、そこも意識してアクションさせると良いですね。

ハタ系はロックフィッシュと言っても比較的遊泳力があり中層付近までベイトを追いかけてくる事も間々あって、巻き(横)の釣りも以外に効果的だったりするので3.も試してみましょう。

スペック

それではスペック情報を確認しておきましょう。

■ハタ狩り・直

・ウエイト:7g/14g/21g/28g
・入数:2個
・フックサイズ:2サイズ
7g/14g=#1/0
21g/28g=#2/0
・価格:920円〜980円

単にフックにシンカーを取り付けたのではなく、高アピール力・高感度・優れた回避性能とあらゆる性能を向上させた直リグ『ハタ狩り・直』を持ってハタ、狩りに行ってみませんか?

引用元
http://rudies.co.jp/?product=hatagari

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ソアレ ウルトラシュートを大遠投で沖に潜むアジ・メバルは頂きだ!

ゼログラヘッドでレンジキープが簡単に出来る?投げて落としてテ…

ワインド用”ダート・スイミングタイプ”ジグヘッドおすすめ5選!!

ゲーリーのグラブガードが復刻リリース!?効果ってなんだっけ?

STシンカーはテキサスリグでありながらジグヘッドのようにも使える?

BIG フロロカーボンはコスパ抜群?リーダー、道糸なんでもござれ!