ライオットブレードの根掛かり回避能力が高い!決め手はアーム!?

こんにちは。

酒はダメなんでオレンジジュースください。の台詞で新年会を盛り下げる戸愚呂(弟)に憧れる釣り物語おっさんです。マジで酒苦手なんすm(_ _)m

さて唐突に新年会×幽白ネタをぶち込んだ所でさっそく本題へ!

今回は冬バス攻略に打って付けのアイテム!定番にしてその能力は定番に非ず?ティムコのスピンテールジグ『Riot Blade(ライオットブレード)』の情報をまとめていきます。

Riot Blade


TIEMCO(ティムコ)より一昨年2016年に登場した小型スピンテールジグRiot Blade(ライオットブレード)』

リップ等の構造が無いスピンテールジグの弱点でもある根掛かりに着目し、リップの役割を果たす二本の「ヒゲ(ワイヤーアーム)」を設けることで、根掛かり回避能力を高めたアイテムとなっています。

つまり従来のスピンテールジグで探るにはリスク(ロスト率)が高いポイント等で使いやすいということですね。

ヒゲ効果が絶大!?

二本のヒゲ(ワイヤーアーム)による高い根掛かり回避能力が売りのライオットブレードですが、言ってもジグ。

そんなヒゲ装備した位で本当に根掛かり回避能力が上がるのか?と。にわかに信じがたい所・・・

でしたが!!意外にやれそう!?

ライオットブレードのカバー回避動画が過去にUPされいますので、そちらをチェックしてみましょう。

実践で動画のように都合良く回避してくれるかは一概には言えませんが、従来のスピンテールジグでは恐らく抜け出せない、通り抜けられないであろう箇所を見事に抜けていますね。

まさにヒゲ(アーム)効果様様といった所です。

冬に限らずですが、特に釣果がシビアになる冬だからこそ!!こういった入り組んだポイントをワームやラバージグ意外でも狙えるってのは大きいですよね\(^o^)/

使い方は?

こちらは説明不要かもしれませんが一応。

ライオットブレードは、スピンテールジグ定番の(緩急つけた)巻きを主体に、巻きの間にフォール入れたり、リフト&フォールやボトムバンプ等といった使い方が可能です。

ローテーションしてその日の有効パターンを探ってみて下さい(^^)

スペック

■Riot Blade(ライオットブレード)


※カラー:ゼロシキ

・全長:25mm
・自重:
9g
・カラー:11色
・価格:890円(税別)

【推奨タックル】
ロッド:ミディアムライト~ミディアムアクション
ライン:ナイロン8lb〜14lb、フロロ8lb~14lb

カラー

・パールアユ
・ホロキンクロ
・ホロギンクロ
・パープルギル
・ホロワカサギ
・ホロアカキン
・ライムシャート
・シャートバックオレンジB
・ホロブルピン
・ゼロシキ
・ピンキーアユ

上手く使っていけばサイズはともかく、冬でも釣果をしっかり伸ばしてくれるライオットブレード!!

しかし、いくら回避能力が高いと言ってもテキサス等のような回避能力抜群のセットでも通らないようなポイントで使用するのはかなり難易度あると思いますので、それでも使うなんて方は、それなりの覚悟を決めて攻めましょう(^^)/

引用元
https://www.tiemco.co.jp/products/groups/view/1579

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スピンクラフトでマイクロルアーの醍醐味が味わえる?数釣り向き?

ジャッカル×釣りよかコラボ企画が始動!3つの新作ルアーが登場?

メガポンパドール登場!巨大化による強アピールでデカバスを狙え!

ディーブレードをカバー攻略のローテに!スナッグレス性能は高め?

ビークロールスイマー&フラッパーはシャローをスローに誘える!

フリックシェイクでボウズを回避!オススメリグや使い方を再確認!