直(なお)トンボで虫パターンをカバー!夏バス&野池の攻略に最適!?

ジワジワと聞こえてくるセミの鳴き声、梅雨さえ明ければ夏本番!!

こんにちは!夏の雰囲気は好き。だが、出歩くのはちょっと・・・・年々そんな感じになりつつある釣り物おっさんです。

さて、アバウトに自己紹介をした所で、今回は夏バス攻略において切っても切れない関係でもある「虫パターン」使いたい!!野池好きには特におすすめ!?JACKALLより発売の虫系ルアー『直トンボ』についてチェックしていきます。

直トンボ


JACKALL”活(イケ)シリーズ”でお馴染み「活トンボ」に、ゲーリーファミリー川口人氏が、釣る為のこだわりを注入した作品直(なお)トンボ

釣果は高くも、飛距離面や身切れでロストという活トンボの弱点を克服しつつ、さらに新要素を追加した、いわゆる進化した活トンボって所ですね。

スペック

特徴に行く前に、まず全体像を把握するべくスペックから。

■ 直(なお)トンボ
・サイズ:60mm
・自重:2.3g
・本数:2本
・カラー:8色
・価格:1,050円(税別)

■ カラー
・アカトンボ
・スーパークリアヤンマ
・チャートライムトンボ
・ピンクパープルトンボ
・ピンクヘッドシオカラ
・ワカサギトンボ
・HLグリパンフラッシュ
・HLメロンフラッシュ

サイズは1サイズのみのラインナップ。

進化したポイント!!


画:活トンボ

見た目からはどの辺が変化、進化したのか?イマイチよく分かりません・・・ので、活トンボから大きく変わった、進化した部分を挙げていきます。

まずはインナーコア


活トンボには”発泡フロート”が内蔵されていましたが、今作の直トンボでは一新、プラスチックのインナーコアを採用。

これによって飛距離の向上(活トンボより0.8g程重い)を実現。さらにコアへのペイント&ホロシート効果で、よりリアルなカラーリングを再現。

※コアを入れ替えて使用するコトも可能。

 

で!活トンボのもう一つ身切れロスト問題。


この問題については耐久性に優れる高浮力エラストマー(素材)と、上記のインナーコアに装備されたフックハンガーアイの効果が相まって、身切れを解消・・・とまではいかないにしても軽減はされています。※活トンボも素材は同じ。

フックポイントが定まることでフッキング率も上がっているんだとか?

まさに今作直トンボでは”プラスチックのインナーコア”こそが最大の武器であり、進化の秘法と言っていいレベル。

進化した活トンボ『直トンボ』!

これさえあれば夏の釣りがますます捗りそうな予感がしますな。野池で使いたいぜ!!

引用元
http://www.jackall.co.jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブレーバー5.7はネコリグ特化ワームだけど使い方は他にもある!?

フルスイングのスイングアクションが豪快過ぎ!推奨フックとリグは?

ファイボスの5つのバドルの効果は?サイズによって動きが異なる?

キッケルキッカー登場!野池でのカエル(虫)パターンと相性抜群?

ギルフラットの動きがリアル!工夫次第で動き・誘いを変更可能!?

青木虫ミッドはピンポイント撃ちのほか、広範囲を素早くサーチ可能