ナダのスピンテールジグ「ヒトクチ」はシーバスから青物まで狙える?

タチウオが今すんげえ熱い!!らしい。

陸からドラゴン(指5)級が釣れているという情報を耳にする今日此の頃・・・・しかしドラゴンよりもボールよりも今はキス天のコトで頭がいっぱい釣り物語管理人です。

という振りをしたということは・・・・今回のテーマはタチウオかキス!

じゃあなくてシーバス!!

いや、やっぱタチウオも狙えるかも?っていうスピンテールジグ『HITOKUCHI(ヒトクチ)』の情報をまとめていきます。

nada. HITOKUCHI


バス釣りのカリスマ的メーカーの一つとして高い人気を誇るMegabass(メガバス)のSWブランド”nada(ナダ)”から発売中のシーバス向けスピンテールジグ『HITOKUCHI(ヒトクチ)』

シーバス向けとあってシーバスは当然、しかしながら状況やフィールド次第では、小型青物からフラットフィッシュなどを狙うコトも可能なかなり優秀なヤツです。

特徴


その名の通り、ヒトクチは「一口サイズの小型ボディ」で、魚の大小問わずたいへんちょっかい出しやすいサイズ感となっています。

そしてフックは、少しアンバランスに見える大きめのトリプルフックを装備!!

スピンテールあるあるの不安要素の一つでもあるフックトラブルは、フックアイにセットされたシリコンストッパーがカバーしています。※着水時サミング必須。

ブレードはナダオリジナルブレードを採用し、ボディのフラッシングに加えてブレードが巻き、フォール等のタイミングでターゲットにハイアピールしてくれます。



使い方

ヒトクチの使い方・・・。というよりスピンテールジグ全般において言える使い方についてハイパーざっくりと書いてきます。

  • ザ・タダ巻き(緩急つける)
  • リフト&フォール

基本はこの二つ。

リフト&フォールの応用編として、1回リフトだけでなく2回リフト()させる2段階リフト&フォールなんかを混ぜるのも一つの手です。※少し違った動きする。

ロッドを立てて軽く2回ジャークさせる感覚でオーケー伊東です。

任意レンジ(層)を意識できれば尚良しですね。さすれば、スピンテールジグマスターへの道は遠くない!!

そんなのあるか知りませんけど。

スペック

■ HITOKUCHI

・サイズ:26mm/32mm
・重さ:14g/26g
・価格:820〜920円

カラー

・IWASHI(イワシ)
・BLUE PINK(ブルーピンク)
・RAINBOW(レインボー)
・nada(ナダ)
・PINK BACK(ピンクバック)
・AKAKIN(アカキン)
・GREEN GOLD(グリーンゴールド)

2サイズのカラーは全7色。

管理人はイワシ・レインボー・アカキンが好き。




欠点も!?

最後に落とすのやめろな所ありますが、書かずにはいられない!!

ヒトクチが釣れるコトに偽りは無いのですが、一つ大きな欠点もありますm(_ _)m

言いづらいんすけど・・・・

塗装面がちょっとあれです。

障害物へのアタックや牙系とバトルすると場合によっては禿散らかします(゚A゚;)

ハゲという言葉に妙に敏感な管理人としては、目を閉じて口を噤んでおきたいポイントではありましたが、ちょっと頑張ってみました。

使い所を間違えなければ釣れるコトは間違いないので、興味アル方は是非。

引用元:Megabass

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

VJ-22とデカカリシャッド登場!使い方は簡単…だのに釣れすぎる?

コアマンのメタルバイブIP-26アイアンプレートが人気の理由は三つ?

フラペンシリーズはただ巻きするだけでリアルに誘えるシンペン!?

サーフのヒラメゲームにおすすめルアー5選!使い分けや特徴まとめ

SLSZセットアッパーは飛距離&アピール力抜群のシーバス定番ルアー

シュナイダーは万能鉄板バイブ?ラインアイやウエイト毎の使い分けは?