MSバイブレーションは使い心地抜群?基本性能をとことん追及!?

バスフィッシングにおいて今時期(秋から冬にかけて)は非常に釣りやすく、巻き物ルアーが役立つコトも多いですよね。スピナーベイトしかりヴァイブレーションしかり。

スピーディーかつ広範囲に探るコトを得意とする2トップ的な。

今回はその内の一つ、deps(デプス)から発売予定のNEWルアー『MSバイブレーションRT(ラトルモデル)』をご紹介していこうと思います。

MSバイブレーション RT(ラトルモデル)

琵琶湖でガイドとして活躍している”もっこり白川”こと白川靖さんプロデュースとなる『MSバイブレーション RT(ラトルモデル)』が遂に発売決定となりました!

『MSバイブレーション』はdeps(デプス)のバイブレーションとしてプロト段階時から注目を浴びていた、ハイスタンダードなスペックになっています。

ちなみにアイテム名”MS”の由来は、まんま”もっこり白川”の略なんだそう。

シティハンターの冴羽ぽいですね。

※ちなみに発売は2017年10月を予定。

基本性能を追及!

『MSバイブレーション』は、引き心地、遠投性能、水中姿勢(アクション)、レンジキープ力などといった基本性能を高次元で実現させたバイブレーションとのこと。

スタンダードタイプに若干丸みを帯びた少しボリュームがあるこの形状は、安定した飛行姿勢を生み出し、飛距離性能に貢献!ロングキャストが行いやすくなっています。

そして低重心されたウエイト設定により、浮き上がりや引き抵抗が抑えられていて、なおかつリトリーブスピードの強弱を問わずしっかりアクションしてくれるみたいです。

更に、リフト&フォールのような縦のアクション時はライン絡みを軽減といった安定したフォールを演出してくれるんだとか。

基本的にはただ巻くだけと、使いやすいバイブレーションをより簡単に、より快適に、そしてストレスフリーな使い心地を実現させたのが『MSバイブレーション』と言ったところでしょうか。

ディープエリアはもちろんの事、シャローエリアでも活躍してくれそうですね(^^)

モデル違いもある?

今回、発売予定日が決定したのは”ラトルモデル(RT)”ですが、後にサイレント(S)”&”タングステン(TG)の2モデルが登場を控えているみたいです。

スペックはどのモデルも同じのようで、使い心地はそのままにサウンドの違いによる使い分けが可能となっているそうです。

サイレントモデルは音が無く波動やアクションでアピールするので使い分けがしやすいですが、ラトルモデルとタングステンモデルは音の違いによるアピールなので人それぞれの好みが出てきそうですね。

どういった音なのか?気になるところではありますね。

スペック

スペック情報はこちら!

■ MSバイブレーション RT

・サイズ:71mm
・自重:3/4oz
・価格:1,700円

カラーチャート

#01 スポーニングギル
#02 稚ギル
#03 ブルーギル
#04 ブルースモークギル
#05 ウィードギル
#06 グリッターギル
#07 レッドギル
#08 ラージマウス
#09 レッドタイガー

カラーラインナップは以上の9色で、~ギルで統一するのかと思いきや違った模様(笑

続けて登場予定のサイレントモデルやタングステンモデルも同じラインナップが採用されるのかな?各モデル毎の限定カラーがあったりするのもアリかもしれませんね!

基本性能を高次元で実現させることで、これぞ本当のバイブレーションプラグだ!と言わんばかりの『MSバイブレーション』は広範囲をスピーディーに、そしてより快適に攻められること間違いなし!?

引用元
http://www.depsweb.co.jp/index.html

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PDLバスティンツイスターは岸際・カバー周りをテンポよく探れる?

ディーブレードをカバー攻略のローテに!スナッグレス性能は高め?

ゼルクはシャローのデカバス攻略に最適?釣れる絶対的な自信あり?

ギルフラットスイマーの特徴は耐久性とフッキング性能の高さ!?

ジャッカル×釣りよかコラボ企画が始動!3つの新作ルアーが登場?

フラッシンバイブでデカバス攻略!メタルバイブよりも釣れる!?