ヤマガ『メビウス』シリーズの特徴は!?扱いやすく汎用性も高い?

花粉症には気をつけろ!!

こんにちは。花粉症によってマスクの中が鼻水でとんでもないコトになりそうな釣り物おっさんです。

もう滝ですね。瀑布。

そんな鼻が滝化しつつある私が今回は、発売早々評判のヤマガブランクスのNEWエギングロッドシリーズ『Mebius(メビウス)』についてチェックしていきます。

Mebiusシリーズ


先月2月にYAMAGA blanks(ヤマガブランクス)よりデビューしたヤマガのブランク製造技術の粋を詰め込んだ渾身の新エギングロッドシリーズMebius(メビウス)』。

高性能ブランクを採用しながらもデザインと仕様をシンプルに抑えることで高いコスパを実現したシリーズで、ちょっと手の出しにくかったヤマガのロッドがメビウスデビューでより親しみやすくなった・・・という所ですね。

各モデルスペック


ショートレングスモデル、ライトモデルやミディアムヘビーモデルなど、計6機種からなる『Mebius(メビウス)』シリーズのスペックと特徴を各モデル毎に分けてまとめていきます。

ちなみにシリーズ共通ポイントは、全体にティップを柔軟にした設計による『扱いやすさ』『汎用性の高さ』です。

※ガイドはSicステンフレームKガイド(Fuji)を採用。

Mebius 710L

・全長:2340mm
・自重:84g
・ルアー:1.8~3.5g
・ライン:PE 0.3~0.6号
・カーボン:96.4%
・価格:26,000円(税別)

ロッド全体で曲がる設定で、極細PEライン×小〜中サイズのエギを用いたピンポイントをじっくり攻めるのに向いたショートレングス・センシティブモデル。

潮流の変化や圧、小さなアタリも見逃さない高い感度を持ち、低活性時などの繊細さが求められるシチュエーションにおいて活躍する一本。

2kg超えのデカイカに対応するバットパワーを備え、ショアからボートまで幅広く対応します。

Mebius 88L

・全長:2645mm
・自重:93g
・ルアー:2.5~3.5g
・ライン(PE):0.4~0.8号
・カーボン:96.5%
・価格:27,000円(税別)

軽快なショートピッチジャークからスラックジャークを得意とするライトクラスモデル。

軽量エギも軽快に遠投できるしなやか且つ、芯のあるブランク設計でありながら、2kg超えのデカイカにも対応するバットパワーを併せ持ったオールシーズンで活躍する一本。

ライトラインの使用をメインに想定しているので、極細PEライン使用時には細かなエギ操作からフッキングまでを難なくこなすことが出来るでしょう。

Mebius 85ML

・全長:2555mm
・自重:93g
・ルアー:2.5~3.5g
・ライン(PE):0.5~0.8号
・カーボン:96.4%
・価格:27,000円(税別)

あらゆる操作において軽快さと快適さを追求し、使い手の負担を極限まで軽減することをコンセプトにおいたシーズン&シチュエーション不問のオールラウンダーモデル。

小刻みな誘い、スラックジャークからビシバシジャークまで全体的に柔らかく仕上げた高バランスなブランクにより使用頻度の高いサイズのエギを意のままに操る事が可能。

大型狙いに特化したモデルではないものの扱いやすさは腕前を問わずのトップクラス。

Mebius 79M

・全長:2365mm
・自重:89g
・ルアー:2.5~4g
・ライン(PE):0.5~1号
・カーボン:96.5%
・価格:27,000円(税別)

高い操作性とレスポンスといったショートレングスの利点をそのままに遠投性能とキャストフィーリングも追及したモデル。

MAX4号のエギも難なく扱えるパワーを持ちながら反発力と柔軟性による軽快さに重視した設計で、スピーディーな誘いや高い操作性が求められるシチュエーションにも最適!

取り回しも良くボートエギングでも活躍してくれます。

Mebius 86M

・全長:2595mm
・自重:98g
・ルアー:2.5~4g
・ライン(PE):0.5~1号
・カーボン:96.6%
・価格:28,000円(税別)

しなやかさと繊細さを持つティップ〜ベリーとミディアムクラスのバットパワーを融合したニュースタンダードモデル。

ロッド操作時にかかる手首への負担を軽減、尚且つ少ない操作で様々なアクションを演出し、ラインスラックからのフッキングもしっかりと決める事ができるバランス設定。

MAX4号のエギまでしっかりと振り抜ける剛性、3.5号メイン使用時に発揮する高い飛距離性能と操作性、感度を実現したシリーズの中核にして最も汎用性に優れたモデルでもあります。

Mebius 83MH

・全長:2515mm
・自重:98g
・ルアー:3~4.5g
・ライン(PE):0.6~1.2号
・カーボン:96.6%
・価格:29,000円(税別)

大型アオリを狙う為のパワーを持ちつつ軽快でしなやかなブランクセッティングを損なわないミディアムヘビーモデル。

ヘビータイプのエギも自在に扱える軽快さにシャクリ時の反動を軽減できるしなやかさ、2kg超えのデカイカにも一撃でフッキングを決めることができる張りとパワーで使い手をサポートしてくれます。

まとめ

どのモデルをとってもシチュエーションや扱い方さえ間違えなければ、6機種それぞれが使い手を大きく手助けしてくれるコトは確かでしょう。

上級者の方はメイン・サブロッドとして、初心者、ヤマガのブランクを体感したことの無いという方はこれを機に、各ジャンルの釣りにおいて定評のあるヤマガのNEWエギングロッド『Mebius(メビウス)』シリーズでヤマガのブランクを体感してみませんか?

引用元
http://yamaga-blanks.com/product/eging/mebius/

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヤマガ「カリスタ TZ NANO」にオールラウンダーモデルが登場!!

エギストTZ登場!軽さ・強度など必要とされる性能を高次元で実現?

エギングロッド「18セフィアBB」の基本性能が高い!扱いやすそう?

メジャクラ「トリプルクロス エギング」の拘りの仕様や特徴とは!?

エギングロッド「セフィアBB」が軽くて使いやすい?値段もお手頃?

エメラルダス・Vは高い基本性能を有するコスパに優れたエギングロッド