メバル用プラグ「ハスキー」登場!S字系・ダートで幅広い攻めが可能?

メバリングでは基本的にジグヘッド単体を使用しての釣りをされる方が多いと思いますが、プラグを使った釣り(プラッキング)も年々人気が増してきています。

プラグでの釣りでは、飛距離が出やすい・アピール力がある・表層をゆっくり攻めたりも可能などジグヘッド単体では難しい釣りをできるのが強みですよね。

そこで今回は、リトリーブの攻めだけでなくトゥイッチなどロッドアクションでの攻めにも力を入れたメバル用シンキングペンシル『HUSKY(ハスキー)』をご紹介していきたいと思います。

HUSKY(ハスキー)

Megabass(メガバス)のソルトウォーターブランド”nadar(ナダ)”より発売中のメバル向けプラグ『HUSKY(ハスキー)』。

巻き・アクションどちらにも対応し、攻めの幅を広げることができ、パニックアクションでメバルにアピールするシンキングペンシルとなっています。

攻めの幅を広げる2つのアクション

まず、プラッキングでの基本的なテクニックとなるリトリーブ(ただ巻き)では、余計な動き・波動を抑えたフラフラユラユラと漂うようなS字系スラロームアクションを演出します。

このナチュラルな動きは、強い波動を嫌うとされるメバルに違和感を与えづらく有効的と言えそうです。

そこで疑問が湧くわけです。波動を嫌う?違和感を与えづらい?なら、直線的に進むルアーでいいのでは?と。

そういった動きをするルアーは、とても実績が高く違和感を与えない点ではズバ抜けているのは間違いない。

しかし、動きも無くスーッと泳いでくるわけですからメバルが食うタイミングを失ったり、アピール面ではどうしても劣ってしまうのも事実。

だからこそ、ただ巻きによる幅のある動きや右から左(その逆もまた然り)への動きの変化で食わせのタイミングとアピールもできるS字系スラロームアクションは、大きな武器となるのではないでしょうか。

次に、ロッドアクション(トゥイッチなど)をするとキレの良い左右へのダートアクションを演出してくれます。

これはメバルの捕食スイッチを入れやすくリアクションバイトなんかも狙えるのが強み。

ワーム(ジグヘッド単体)でもダートアクションで食わすパターンがありますが、それと同じような感覚で使えるので狙ったポイントにキャストするだけでなく岸沿いに落としてアクションさせる、など様々な攻めができるのも魅力的。

フォールを織り交ぜることで食わせの間を与えたり、表層での高速トゥイッチなんかも効果的なんだとか。

このように、S字系スラロームアクション&ダートアクションの2つのアクションにより、幅広い攻めが可能となり日中・夜問わず活躍してくれそうですね!

ちなみに、ラインがたるんだまま激しいアクションをさせるとフックにラインが絡んでしまう現状になりやすいとのことなので、ラインテンションを張りながら軽くアクションさせるのがポイントだそうです。

そしてラインアイに直接結ばず、スナップの使用をオススメしているようです。

スペック

スペック情報はこちらになります!

■HUSKY(ハスキー)

・サイズ:41.0mm
・ウエイト:3.7g
・カラー:12色
・価格:890円

カラーチャート

CLEAR RED GLITTER
GLOW GLOW
CLEAR SHIRASU
CLEAR CHART GLOW GLITTER
CLEAR PINK GLOW GLITTER
CLEAR ORANGE GOLD GLITTER
MAT GHOST CHART
CLEAR NADA
CLEAR INAKKO
LASER IWASHI
HOLO GREEN BACK
GREEN GLOW

※赤文字はグローラメ仕様となっています。

メバル用プラグの定番となるクリア系カラーが揃っており、LASER IWASHIやHOLO GREEN BACKのようにフラッシングを演出してくれるものもあるところはGODDですね!

引用元:Megabass

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クルセイダー激アツ ソルトでライトスプーンゲーム!フグ対策にも!

爆釣ジグ2鯵メバチューンが登場!ワームが駄目ならメタルジグだ!

飛び過ぎダニエルに3g&5g追加!1gと使い分けて釣果も浮き上がる!

五目ボトムは全レンジ対応の万能ルアー!使い方は至ってシンプル?

ボトムノックスイマー2にソルト用カラー登場!舞台は渓流から海へ

エギ型プラグ『ミニマル』で全レンジ攻略!特徴や使い方は!?