メバル用プラグ「ファットビーグル」登場!ビーグルとの違いは!?

皆さんこんにちは!!メバリングシーズンに向けて新たなメバルアイテムをひたすらに模索しまくってる私です。

見れば見る程に欲しくなるルアーの数々・・・ちょっとした金の亡者ならぬ物欲のモンスターと化しそうだ(´・ω・`)

さて、そんな半物欲モンスターの私が今回注目するのは、nadarのメバル用プラグ『ファットビーグル』!!スペックや特徴ほか、使い方(分け)なんかも含めてさっそくまとめていきます。

FAT BEAGLE(ファットビーグル)


Megabass(メガバス)のソルトウォーターブランド”nadar(ナダ)”のメバル用ミノー「ビーグル」にファットなボディの・・・まんまFAT BEAGLE(ファットビーグル)』が登場!!

ファットボディ設計により、シチュエーション次第で無印ビーグルとも使い分けるコトが可能なアイテムとなっています。

ちなみに発売日は今月11月末予定とのこと。

BEAGLE(ビーグル)との違いは?

はじめに『ファットビーグル』の特徴をチェックしていきます。

まずボディは前述したように、ファットなボディで小型ながらに飛距離性能に優れた設計。

リアに装備されたティンセル付きフックは、潮の流れを受けるコトで揺らめき、ボディアクションに追従し艶めかしい動きがプラスされるほか、バイトマーカーとしての役割も担っています。

仕様は、頭上がりのスローライザーアクションを演出し、アミパターンなんかに効果的なSF(スローフローティング)タイプと、魚に違和感を与えづらい平行姿勢(やや頭下がり)のフォールを演出してくれるSS(スローシンキング)タイプの2種類。

さて、なんとなく特徴が分かってきたぞ!って所で、本題!!

『ビーグル』との違いを見ていきましょう。


まずはボディ!『ビーグル』は35mmに対して『ファットビーグル』は43mmとややサイズUP、あとファットというだけあって、横幅もよりプックリのボリュームUPで自重はビーグルの約2倍程あります。

と、ボディは全体的に大きくなったという感じ。

他の見て取れる大きな違い。それは・・・ビーグルには装備されていなかったティンセル付きフックを装備したコトですね。

ファットボディの効果も相まって、魚から見るシルエットにかなりの違いが出てくるのではないかと思われます。

簡単に言ってしまうとビーグルよりもアピール力が高くなったと。大型メバ狙いにも良さそう!

しかし、ここまでボリュームがあるとミノーというよりクランクベイト感がパないす。

2タイプの使い分けについて

私なりのSFタイプ」SSタイプ」の使い方を簡単にご紹介していきます!ベテラン勢に説明は不要かと思われますが、一応。

■SFの場合

・表層を一定速度(かなり遅く)でただ巻き。

・水面を引き波を立てて引いてくる、もしくはトゥイッチでポッパーやペンシルベイトのように攻める。

・グリグリッと巻いて止めるを繰り返す(ストップ&ゴー)。

■SSの場合

SFと同じく、ただ巻きやストップ&ゴーといった使い方で、SFより下のレンジ(層)を攻めたい場合や速めのピッチで巻きたい時にはSSをチョイス。

・・・と私ならこんな感じで使い、使い分けると思います。

フローティングでがっつり攻めたい場合や、ルアーのサイズを落としたい場合は、ビーグルを投入するのもいいかもですね(^^)

スペック

それでは最後にスペック情報をチェック!


■ FAT BEAGLE

・サイズ:43mm
・ウエイト
SF(スローフローティング)=4g
SS(スローシンキング)=4.2g
・価格:900円

カラーチャート

・CLEAR SILVER GLITTER
・CLEAR RED GLITTER
・CLEAR SHIRASU
・CLEAR ORANGE GOLD GLITTER
・KABRA GREEN GOLD GLITTER
・MAT GHOST CHART
・CLEAR nada
・CLEAR INAKKO
・LASER IWASHI
・GLOW GLOW
・CLEAR CHART GLOW GLITTER
・CLEAR PINK GLOW GLITTER

カラーラインナップは計12色で、赤文字はグローラメ仕様。

メバリングで活躍したビーグルを凌ぐ飛距離性能とアピール力を備えた『ファットビーグル』で、これまでに獲れなかったメバル を獲って釣果、上げていきましょうか!

引用元
http://nadajapan.com/

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スミス”AKM48”の使い勝手が抜群!名前の意味やアクションにも注目

五目ボトムは全レンジ対応の万能ルアー!使い方は至ってシンプル?

クールジグはバランスの良さが魅力?ジグが有効な状況についても!

シマノからライトゲーム用プラグ「ライズショット」シリーズが登場!

暴君30がボトムで暴君っぷりを発揮?ロックフィッシュは手中にあり?

ビースウェイの3つのラインアイの使い分けとは?特徴もおさらい!