メバミノーは飛距離&食わせ性能に優れたミノープラグ?使い方は?

みなさんこんにちは。この冬のメバリングの釣果はどうですか?

こちらでは産卵時期に突入しつつあるのか?既に終わってるのか・・・まあなんというか釣れていません(^^)

とりあえずメバルの体力回復を待ちつつ、今回は「準備の巻」ということで、メバル用ルアー『メバミノー』をご紹介していきたいと思います。

メバミノー登場!


金丸竜児(かなまるりゅうじ)さんが代表を務めるブランド”RUDIE’S(ルーディーズ)”から登場となった『メバミノー』。

そんなメバミノーは、広範囲の表層を探ることができステイ(止める)を織り交ぜた誘いが効果的なメバル特化型ミノープラグとなっています。

特徴

では早速、性能や仕様を見ていきましょう!

・ウォブリングアクションを演出

生命感&強波動を生み出し広範囲にアピールする。

・マグネット式の重心移動システムを採用

キャスト時に重心が後方へ移動することで飛行姿勢が安定し飛距離が向上し、着水後は重心が前方で固定されるのでアクションの妨げにならない。

・スローフローティング設定

浮き上がりスピードが遅いため魚にしっかり見せることができる、かつ捕食しやすくフッキング率向上も図られている。

他には、刺さりの良い日本製フックが採用されています。

そして約30cmほど潜るようです。

このように、アクション・遠投性といった基本性能はもちろんのこと、食わせ性能にも優れたミノープラグとなっているのではないでしょうか。

使い方

メバミノーの基本的な使い方はこちら!

ただ巻き

なるべくロッドを動かさず一定のスピードで巻くのがポイント

そうすることで、無駄な挙動が抑えられ違和感を与えづらくなります。

低活性、アタリが無い、もしくはスレてきたと感じたら巻くスピードを遅くしてみましょう。

ただ巻きは流れの変化といった情報も得られやすいので、そういったことも感じ取りながらマキマキしよう!

ストップ&ゴー

低活性時にも良く、スローフローティング設定のメバミノーでは特に活躍が期待できるテクニック。

数回リールを巻いて数秒止めるを繰り返すことで動きに変化を付けられ食わせの間やきっかけを与えることができます。

反応がなければ巻く回数や速度そして止める秒数をいろいろ変えてみるのもGODD。

基本的にはこの2つの使い方がメインになるとは思いますが、ロッドを軽くチョンチョンと動かすトゥイッチなんかもいいのではないでしょうか。

ゆっくり巻きながらおこなったり、トゥイッチからのステイ(止める)といった感じですかね。

これは不規則な動きを演出できるので、反射的に食わせたりと捕食スイッチを入れやすくなります。

なので、ただ巻きのように直線的な動きやストップ&ゴーでしっかり見せても反応がない場合は試してみる価値ありですよ!

スペック

スペック情報はこちらになります!

■メバミノー

・サイズ:46mm
・ウエイト:3.6g
・タイプ:フローティング
・価格:1,400円

カラーチャート

フルクリア
クリア/レッドオーロララメ
クリアグロー/シルバーラメ
クリア/オーロララメ
クリアマーブル
クリアゼブラ
クリアギーコ/シルバーラメ
チャートタイガー

こちら8色のカラーラインナップとなっています。

ジグヘッド単体を使用した場合、表層攻めでは基本的に軽量ジグヘッドを使うことが多いですが、どうしても飛距離が伸びない。

そんな今まで届かなかったポイントを攻められる

そして動きと波動で広範囲のメバルにアピールできる。

更には様々なアクションで誘うことができるメバミノー』で、メバルプラッキングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

引用元
http://rudies.co.jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボトムノックスイマー2にソルト用カラー登場!舞台は渓流から海へ

ミミックのナチュラル&スローな誘いで表層を意識したメバルを攻略

テトラワークス・ユラメキは飛距離抜群でサーチベイトにも最適?

メバペンSPで表層を意識したメバルを攻略!使い方もチェック!!

メタルジグ「TGエース」は飛距離も抜群でただ巻きにも対応!?

シマノからライトゲーム用プラグ「ライズショット」シリーズが登場!