ノッキンジョーにボトムはお任せ!冬バスの聖域に乗り込むぞ!!

ジャンル問わずあらゆる釣りががっつり冬パターンに移行しましたね・・・秋が釣りやすいというコトもあって、その反動かバス釣りなんかは特に厳しく感じます。

そんな冬のバス釣りはボトムを探るのが定石でもあります。

今回はそのボトム攻略に特化したメタル系ルアー『Knockin’ Jaw(ノッキンジョー)』についてチェックしていきます。

Knockin’ Jaw


2014年?のデビューを皮切りに数多の冬のボトム攻略を手助けしてきたであろうアイテム!JACKALL(ジャッカル)のボトムノック特化型メタルバイブKnockin’ Jaw(ノッキンジョー)』。

トレードマークのシャクレたアゴ(Jaw)によるサーチ能力の高さが魅力のノッキンジョーに古沢勝利プロの経験とメタルバイブの特性を考慮して開発された”マット系”&”ナチュラル系”カラーが1色ずつの計2色が追加!!

豊富だったカラーバリエーションがさらに豊富、そして強力になりました\(^o^)/

要点チェック!

ノッキンジョーを扱うにあたっての要点をまとめてみます。

ポイントは二つ。

まずは、トレードマークのアゴ(Jaw)!!このアゴはバイブレーションを増幅する役割(リップ的な)と同時に、着底後のボトム・障害物の情報を使い手に伝達してくれます。

そしてもう一点は、ノッキンジョーに限らずメタルバイブの定番とも言える複数のアイ


ノッキンンジョーの場合は良く見かけるアイ三つのタイプですね。こちらは他のメタルバイブにも当てはまるコトが多いので、軽くチェックして頭に入れておきましょう。

【1:ファーストリトリーブアイ】
ファーストリトリーブに対応した浮き上がりと波動を抑えたセッティング。

アクション(リフト&フォール等)でもバランスを崩しにくく、リアクションバイト狙いやディープレンジ攻略に適しています。

【2:スタンダードアイ】
ファースト~スローリトリーブに対応、加えてアクションもこなすスタンダードながらにオールマイティなセッティング。

とりあえずで使うならこれ。

【3:スローリトリーブアイ】
スローリトリーブに対応した立ち上がりの良さと強波動を発生させるセッティングで、アピールを重視したい時やシャローレンジの攻略に適しています。

こんな所ですね。

全てのメタルバイブが以上の設定に当てはまると言う訳ではないので、そこは注意です。

使い分けはスタンダードアイを基本に、ポイントの状況をある程度把握しているならファーストやスローリトリーブアイで攻めるという形で良いかと思われます。

スペック


KATSUモエビーシャッドカラー

■ Knockin’ Jaw(ノッキンジョー)

・サイズ:58mm / 52mm / 46mm
・自重:1/2oz、3/8oz、4/1oz
・カラー:16色(新色含む)
・価格:860〜960円

フックサイズ
58mm:SD-36#6ダブルフック
52mm / 46mm:SD-36#8ダブルフック

カラー

ファーストカラー

・HLコッパー&ゴールド
・マットブラック/チャートライン
・ラディーシャッド
・アユ
・キンクロ
・HLブルーギル
・ブルーバックチャート
・マットタイガー
・RGクロー
・HLコットンキャンディー

・SSシャッド
・スポーンタイガー
・HLチャートバック
・インパクトワカサギ

古沢勝利プロ監修カラー

・KATSUモエビシャッド
・KATSUサガミワカサギ

根掛かりが少ないようポイントならやや大きめのフックに付け替えて、かつフックを広げる強気のフッキングを重視したセッティングもあり・・・だそう。

出たアタリは確実に取りたいなんてルアーロストにビビらねえ猛者はフッキング重視カスタムを施しても良いかもですね。

まあ何にしても、冬のバス釣りはかなり厳しい所があるので、一本一本取れるよう気合い入れていきましょう(^o^)

引用元
http://www.jackall.co.jp/

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビークロールスイマー&フラッパーはシャローをスローに誘える!

レアリスMラインバズベイトは弱点を克服した究極のバズベイト!?

ウェイクベイト「マイクロタッピー」は釣れる要素で完全武装!?

モエビー50Sは多彩な使い方が出来る優秀ルアー?海水にも使える?

メタルワサビーは冬バス攻略の定番ルアー!?リアクションで魅せる!

オーバーリアル63ウェイクで秋トップ!まだ出るよね!?使い方は?