ジグパラTGはただ巻き対応メタルジグ!飛んで泳いで塗装も強い!?

マゴチやヒラメといったフラットフィッシュが今熱い!・・・のか?私の周りで釣った!という声をよく耳にします。罠か?罠なのか?

いいや罠だとしても私は行く!そしてフラットな波に乗るっ!!カワバンガと言いたい。

ということで今回は、メタルジグの中でも高い人気を誇るメジャークラフトのジグパラシリーズでスーパーライトやライトショアジギングに対応した『ジグパラTG』の特徴やアクションについてご紹介していきたいと思います。

ジグパラTG


メジャクラのショア・オフショア対応のメタルジグ”JIGPARA(ジグパラ)”シリーズ。

お手頃価格ながらに、飛距離性能・アクション共に定評あり!もれなくよく釣れるぞ!!?と噂のコスパにも優れる人気シリーズです。

そんなジグパラシリーズにTG=(フル)タングステンボディ採用で、広範囲のサーチ及びスピーディーなサーチを実現したモデル『ジグパラTG』が参戦!!

ジグパラTGのポイント!!

では、ジグパラTGのポイントをまとめてみます。

従来のメタルジグには主に鉛素材が使われていますが、ジグパラTGには近年増えつつある鉛より約1.7倍の重さを持つタングステン素材が採用されています。

これによって魚が口を使いやすい小ささでありながらもしっかり飛距離を出せるというわけですね。そして同時に重さがあるが故にフォールスピードが少々早めになってるので、広範囲&スピーディーなサーチが行えます。

ざっくり・・・・飛ぶ・泳ぐ・手返し良し・安し=釣れる!!

ワオって感じすな。

そしてもう一個嬉しいのが、ここ。メタルジグの不満として多く挙げられる強度問題!!

が!?解決とまでは行かないかもですが、ジグパラTGのボディは5層マルチレイヤードコーティングが施されてて、またタングステン素材の効果が相まって塗装がはがれにくい&硬く傷つきにくい仕様になっています。

もう最強やないか・・・・って言いたい所ですが、ベイトのサイズやフォールのパターン次第、もちろん魚がいなければアタリは皆無!!ってコトもあるので、そこは頭に入れておいて上手くローテーションしたりで対応していきましょう\(^o^)/

アクションと巻きの両方をこなす!

ジグパラTGは、メタルジグの操作において基本となる「リフト&フォール」や「ワンピッチジャーク」、加えて「タダ巻き」にもしっかり対応してくれます。

「リフト&フォール」や「ワンピッチジャーク」ではキレの良いアクションを「タダ巻き」ではナチュラルなウォブリングアクションを演出します。

では、軽く!使い方の確認・おさらいしときましょう(^^)

・1. ボトムまで落として、2~3回シャクってフォール。これ繰り返す。

・2. ワンピッチジャークやジャカ巻きでボトムから中層まで攻めてボトムまでフォールの繰り返し。

・3. ボトムまで落としてタダ巻き(ミノーやバイブレーションを扱うような感覚、途中でフォールを入れるのもあり!)

1、2のような縦アクションでアタリが無い場合は、3の横の動きに移行するとか。そのまた逆もありですね。

あとはレンジやテンポ、巻きならスピードを変えてやるのもイイですね。

スペック情報

スペックはこちらになります!


■ ジグパラTG

・ウエイト:10g/14g/18g/24g/32g/40g/50g/60g

・カラー:10〜18g=5色/24〜60g=8色

・価格:オープン価格※800円?〜

カラー

#01イワシ(全サイズ共通)
#02ピンク(全サイズ共通)
#03レッドゴールド(全サイズ共通)
#04ブルーピンク(全サイズ共通)
#07ゼブラグロー(全サイズ共通)
#11グリーンゴールド(24〜 60g)
#34コットンキャンディ(24〜 60g)
#49オレンジゴールド(24〜 60g)

以上の全8色。

ぷちまとめ

(ショア)投げて良し!(オフショア)落として良し!!

広範囲のサーチにスピーディーなサーチも出来る!そしてロッド操作・巻きの釣りにも対応するメタルジグ『ジグパラTG』。

安いからといって侮るなかれその力・・・・

引用・出典元:MajorCraft

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジグラバースルーでショアラバゲームを始めよう!特徴や使い方は?

ビッグバッカージグにスライドアクションが魅力のNEWモデルが登場

投次郎はコンパクトシルエットでスローな誘いが得意なメタルジグ!

メタルアディクトの2タイプは様々な状況に応じた使い分けが可能!

カットバッカーはただ巻きで釣れるメタルジグ?初心者にもオススメ?

ムーチョ・ルチアでショアジギングを始めよう!使い方は超簡単!?