スピンガヴァチョはスピニングでも扱える喰わせ特化の小型フロッグ

”JACKALL(ジャッカル)”から登場している人気フロッグ『Gavacho Frog(ガヴァチョフロッグ』。

釣りYouTuber「釣りよか」こと「釣りよかでしょう。」とのコラボカラーが登場することで更に注目を浴びたルアーですよね。

そんなガヴァチョフロッグが小型サイズとなって登場とのことなので、今回はスピニングタックルでも扱える『SPIN GAVACHO(スピンガヴァチョ)』をご紹介していこうかと思います。

ガヴァチョフロッグ(オリジナル)とは

まずは、ガヴァチョフロッグの特徴をおさらいがてらサラッとまとめてみます。

遠投性能が考えられたボディ設計で飛距離を出すことができ、フックが収まる形状により回避性能にも優れています。

それプラス、高い貫通性能を誇るフッ素加工のオリジナルフックとの相乗効果で、フッキング性能も抜群。

ジャッカル独自のカップデザインが生み出す効果は、強いスプラッシュ(細かい水しぶき)とポップ音を発生させ、移動距離を抑えたテーブルターンが可能。

ボディ後方に設けられたシリコンスカートは、移動距離を抑えるのに貢献しているほか、水に漂い小刻みな動きと波紋効果が得られアピール力が向上しバイトマーカーとしての役割も果たす。

といった仕様となり、広範囲を素早くサーチできるのはもちろんの事、ピンポイントをネチネチと誘うことができるのが強みのフロッグとなっています。

オリジナルガヴァチョとの違いは?

では本題のスピンガヴァチョについて見ていきましょう!

スピンガヴァチョは、オリジナルの半分以下とも言えるシルエットとなることで喰わせ性能の向上が図られたフロッグになります。

仕様は、ガヴァチョという名だけあってアクションやアピール面はオリジナルを受け継いでいるとのことなので、同じ誘いができる様にカップ・ボディ・フック・シリコンスカートが最適化されているのではないでしょうか。

で、スピンガヴァチョにしかないところは、ボディ下部(フックの下)にアイが設けられており、よりアピール向上のためのブレードやフッキング率を向上させるアシストフックなどを装着することが可能となっています。

ただ小型化するだけではなく、こういったしっかり考えられているところは流石ですね!

このように小型で一口サイズになることで、出るけど乗せきれない!って時にも最適と言える。

そして虫系ワームのように、着水してから放置する誘い、ピクピクと僅かな動きと波紋を立てた誘い、また木の枝や草などにラインを引っ掛けてぶら下げるチョウチン釣りなどで、虫パターンにも威力を発揮してくれるのではないでしょうか!

推奨タックルについて

スピニングタックルの場合は、ミディアムライト以上のロッドで、ラインはPEの1.5号~2.0号ほどとのこと。

フロッグと言えばカバー周りを主体に攻めるわけですから、結構パワーのあるタックルがいいみたいですね。

ベイトタックルに関しては、オリジナルガヴァチョと同じタックルでも扱えるようです。

しかし、ガッチガチの硬いロッドだと少々扱いづらいかも?

スペック

それではスペック情報を確認しておきましょう。

■SPIN GAVACHO(スピンガヴァチョ)

・サイズ:46mm
・ウエイト:6.2g
・タイプ:フローティング
・価格:1,100円

カラーチャート

マルハタホワイトギル
マルハタブラックギル
チャートストライクギル
俺達。ファイヤーチャート
マルハタマッカチン
クリアーグリッターギル
俺達。ファイヤースケピン
俺達。チャートバグ
ガヴァチョゼミ
ガヴァチョスケゼミ

こちら10色のラインナップとなり、オリジナルでも採用されているもの、そして新たに虫をイミテートしたカラーが加わっています。

 

元々、実績・人気共に高いガヴァチョフロッグの動きやアピールはそのままに、小型サイズになることで喰わせ性能が大幅にアップ。

また、スピニングタックルを駆使しての繊細かつ幅広いアプローチが可能なフロッグ『SPIN GAVACHO(スピンガヴァチョ)』で、水面が炸裂するエキサイティングな釣りを楽しんでみませんか?

引用元
http://www.jackall.co.jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ギルフラットスイマーの特徴は耐久性とフッキング性能の高さ!?

ジョイクロ178は初心者にも使いやすいデカバス攻略ルアー!?

マグナムギルソニックで表層を制す!レンジコントロールも容易か?

ポンパドールはナマズにオススメ?使い方はシンプルで良く釣れる?

ブレーディングXは対低活性バスの最終兵器!?冬パターンに備えよ!

ジャッカル×ディスタイルのコラボ第2弾は底を這うクランクベイト?