イマカツのNEWアベラバは根掛かり回避&すり抜け性能が凄い!?

バスフィッシングにおいて、ビッグベイトからブレード系・ジグ・ワームなど様々なルアーがありますが、皆さんは何がお好きですか?

えぇ〜!?ラバージグが好き?分かる。

一年通して割と釣れますし、操作感もあって釣った時のやったった感もパないですもんね。私も好き。

と何が好きとか聞くだけ聞いてからの、強制ラバージグネタに持ち込んだ所で!今回はフィネスな釣りで活躍してくれるスモラバ『NEW アベラバ』をご紹介していきます。

NEW ABERUBBER

使い易く汎用性が高い、尚且つ良く釣れることで人気の高いスモールラバージグ。

そんなスモールラバージグの中でも抜群の根掛かり回避性能を誇るIMAKATSU(イマカツ)の『ABE RUBBA(アベラバ)』が、更なる進化を遂げ『NEW ABERUBBER(ニューアベラバ)』として登場!

アベラバをも越える高い根掛かり回避性能を持つ!?そんなアイテムです。

特徴や旧モデルとの違い

『NEW アベラバ』の各部仕様と特徴を見ていきましょう!

■45度角の横向きラインアイ・・・結び目のズレを軽減し安定したアクションを演出し易く、障害物からの脱出性能に優れている。

■小型のセミフットボール型ヘッド・・・横倒れしにくく安定姿勢をキープ。感度向上も図られている。

特注エキストラシャープフックRYUGI(リューギ)製 特注TCコートフック・・・摩擦係数の軽減により抜群の貫通性能を誇り、強度にも優れている。

■ロングキーパー(ワームキーパー)・・・ワームのズレを軽減するのはもちろんのこと、水平に近いウエイトバランスに設定することで回避&遠投性能の向上に貢献。

ハード&タフ仕様のモノガードウエイトごとに調整されたガード
根掛かり軽減&フッキングの妨げにならない最適な硬さと復元力を持たせている。

阿部流ムービングカット仕様の特注シリコンラバースクエアカットシリコンラバー
クセが付きにくく、向きと長さの違う「阿部式テナガエビカット」デザイン採用により各部分が違った動きと波動を演出。

青文字が旧モデルで赤文字が変更された部分。

これらの部分の変更により、更なる根掛かり回避とフッキング性能、ジグ本体の動きや波動が向上。旧モデルのアベラバ以上にストラクチャーやカバーを攻めることができ、アピール力にも優れた仕様となっています。

スペック

スペック情報はこちら!

■NEW ABERUBBER

・ウエイト
シングルガード=0.9g/1.3g/1.8g
ダブルガード=1.8g/2.3g/2.7g/3.5g/4g
・価格
ネット上では500円後半から650円ほど

カラーチャート

#ABJ-001 イマエグリーンパンプキンブルーフレーク
#ABJ-002 ベビークロー
#ABJ-003 アベテナガ
#ABJ-004 アベシュリンプ
#ABJ-005 ヨシノボリ
#ABJ-008 モスキート
#ABJ-009 イマエワカサギ
#ABJ-011 ライトイマエグリーンパンプキンブルーフレーク
#ABJ-012 ヌマエビブルーフレーク
#ABJ-016 イマエグリーンパンプキンタイガー

ウエイトによってカラーの有無があるみたいなので注意です。

拘りとかなんでしょうけど私としては、ウエイトによってとかじゃあなく全色揃えて欲しいと思ったり(´・ω・`)ま、ウエイトが豊富な点は素晴らしいですけどね。

さて。このように、抜群の根掛かり回避&すり抜け性能を誇る『NEW アベラバ』で、カバー周りをガンガン攻めてさらに釣果を上げていきましょうか!

引用元
http://www.imakatsu.co.jp/products/lure/pro_a307.html

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マイクロポンパドールはシリーズ最小の一口サイズ!アピール力は?

グランサーチャーは超低速から超高速まで安定性抜群の泳ぎを演出!

ユニオンギルスイマー130の特徴や使い方、スペック情報まとめ!

スモラバ「ジグ05タッガー」でリスク回避でカバー攻略!拘り仕様?

NZクローラーでデカバスを威嚇!!とにかくアピール力が凄い!?

モエビー50Sは多彩な使い方が出来る優秀ルアー?海水にも使える?