イガジグスピンは中層攻略の切り札?レンジコントロールがしやすい?

スーパームーン×ブルームーン×ブラッドムーンの三つの現象が上手く被る皆既月食『スーパーブルーブラッドムーン』が見られるという2018年1月31日よりこんにちは!

くっ。遂にきたか・・・全身がうずくぜ。

とか何か色々とこじらせている乾燥肌の私が、今回はシャロー&ボトムで反応が見られない時なんかに役立つかもしれない!?『IGA JIG SPIN(イガジグスピン)』なるアイテムをチェックしていきます。

IGA JIG SPIN

「中層攻略」の秘密兵器として、トップトーナメンター”五十嵐 誠氏”監修のもと誕生したJackson(ジャクソン)のスピンテールジグ『IGA JIG SPIN(イガジグスピン)』。

一見すると変哲のないスピンテールジグですが、シャローやボトムよりも攻略難易度が高い中層(ミドルレンジ)攻略に必須と言っても過言ではない高いレンジ把握能力を備えたアイテムとなっています。

スペック

サイズ感やフォルムの確認も兼ねて先にスペックを見ていきます。


※カラー:SMO

■ IGA JIG SPIN(イガジグスピン)

・全長:29mm / 31mm
・自重:5g / 7g
・カラー:9色(共通)
・価格:1,200円(税別)

カラー

・CPK クロームピンクバック
・GBO キンクロ
・KBS コバス
・KGL コギル
・LMC レモンチャート
・OGO オレキン
・PCH パールチャート
・SMO スモークオレンジベリー
・WAK ワカサギ

2サイズとも30mm前後とかなりコンパクトで使い勝手も良さそうですね。

特に小規模フィールドなどで役立ちそう(^^)

中層をイメージしやすい?

中層を攻めている際、狙い通りのレンジにルアーを通せているのか?ルアーがちゃんと動いているのか?目に見えない分この辺りを疑わしく感じるコトってありますよね?

特に前者、いわゆるレンジの把握は難しい所。

イガジグスピンはこの二点を容易に・・・とまでは行かないまでも徹底的に追求したウェイト感&ブレードのバランスから生まれる引き心地によってイメージしやすく設計されているそうです。

引き心地、つまり巻いたり止めたりと何かしらのアクションを起こした際、手元に感触が手に伝わりやすいってコトですね。

極端な例ですが、ボトムからルアーが離れて浮き上がってくる際の感触が拾いやすいと言う感じです。

後は任意のレンジにまでルアーを浮かせてそこから一定巻くと・・・

これだけで確実に中層を狙えるとは言えませんが、少なくともその引き心地からレンジを把握しやすくなる+ルアーの動きをしっかりと感じとれると言うことは確かでしょう。

レンジコントロールが苦手な方、特に初心者の方なんかは練習も兼ねて使ってみるのもありかもしれませんね(^^)

あ、もちのろん中層以外でも使用できますので、シャローのゴリ巻きやボトムバンプ、ボイル打ち等、色々お試しあれ。

引用元
http://www.jackson.jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メガロドーンはスピナーベイト型ビッグベイト?スペックは超ド級!

ジャッカル×釣りよかコラボ企画が始動!3つの新作ルアーが登場?

ノッキンジョーにボトムはお任せ!冬バスの聖域に乗り込むぞ!!

フラットフォースはウッド製のクランクを超えた!?その性能とは!

レアリスMラインバズベイトは弱点を克服した究極のバズベイト!?

マイクロポンパドールはシリーズ最小の一口サイズ!アピール力は?