高速リサイクラー2.0でライン交換が捗る!組み立ても超簡単!?

皆さんこんにちは~。

新品ラインをリールに巻く際、足の指で挟む・人に手伝ってもらう・釣具屋さんで巻いてもらう、など巻きづらかったり面倒だったりしますよね。

そこで今回は、今更ではありますが一人で簡単&スピーディーにラインの巻き取り・巻き替えが可能な便利アイテム『高速リサイクラー2.0』をご紹介したいと思います。

高速リサイクラー2.0

第一精工から登場している『高速リサイクラー』は新品ラインをリールに、リールに巻かれたラインを空スプールに、と巻き取り・巻き替えが簡単に行える便利アイテムですが、

・ボールベアリング3個搭載により更にスムーズな巻き取りが可能

・ショート・ロングの2本のシャフトが付属されていることで連結スプールなど幅のあるものにも対応

取り付け幅が35mmから43mmに広がった

と、よりスムーズで便利さが増した『高速リサイクラー2.0』も登場しています。

使用方法

簡単にまとめると、

1.クランプで机などに固定

2.スプールの厚みに合わせてシャフトを選びビスで固定

3.スプールをシャフトに通しカラー&ナットで固定

4.テンションの強弱をネジで調整しラインを巻き取り・巻き替える
(リールから空スプールへ巻き取る場合はテンションを緩める)

こんな感じで、組み立て・使用方法はとても簡単となっています。

下巻きを含めPEラインをピッタリ巻く方法

ここでは高速リサイクラー2.0を使用しての、リールに下巻きをしてPEラインをピッタリ巻く方法をご紹介!

※下巻きをした後、PEライン1号を200m巻きたい場合

1.メインラインとなるPEライン1号を、使用するリールにテンションをかけながら200m全て巻く

2.PEラインを巻き終えたら、そこから下巻きとなるライン(ナイロンなど)を簡単に結束してリールのスプールに余りが出た分だけテンションをかけながら巻いていく

この際、下巻きとなるラインをピッタリ巻いてしまうと完成した時にPEラインを余らせてしまう場合があるので、気持ち少なめで巻くのがオススメ!

3.下巻きとなるラインを巻き終えると、空スプールに下巻きとして巻いたラインを巻き取る

4.下巻きラインを巻き取り終えると、PEラインも同様で別の空スプールに巻き取る

5.空スプールに巻き取った下巻きラインをテンションをかけながらリールに巻いていき、巻き終えると下巻きが完成

6.そこへ空スプールに巻き取ったPEラインをしっかり結束して、テンションをかけながら全て巻き終えると完成

もし、巻きすぎていたらライントラブルの原因にもなりますので注意しましょう!

このように、高速リサイクラーがあるとリールをいくつも使用することなくこういった作業が一人で簡単に行えるのでとても便利ですよ!

スペック

それでは最後にスペックを見ていきましょう!

■高速リサイクラー2.0

・サイズ:215×95×90mm(シャフト除く)
・重量:460g(ロングシャフト時)
・ギア比:3.5:1
・クランプ最大取付幅:43mm
・シャフトサイズ
ショートシャフト=φ8×40mm
ロングシャフト=φ8×100mm
・スプール最大取付幅:75mm
・付属
ショートシャフト、ロングシャフト、
ドライバー、ビス、カラー、ナット
・価格:5,800円

リールや空スプールにラインを簡単&スピーディーに巻き取り・巻き替えることができ、何かと便利な『高速リサイクラー2.0』を使われてみてはいかがでしょうか?

引用元
https://www.daiichiseiko.com/products/4959/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ショートギャフⅢは陸っぱりエギングに最適?前モデルとの違いは?

月下美人ランディングポールの高級感がパない!かっこよすぎ!?

アブのベースダッフルバッグで即席ベース基地完成!防水性は高し?

DAIWAの新作ライフジャケットでオシャレに水難事故を回避!!

軽快・快適なウェーディングが楽しめる?ウェーダーおすすめ4選!

シマノのラフトエアジャケット(肩掛け&ウエスト)情報まとめ!!