タチウオテンヤ(ショア)3選!ウキ釣りの間に!サーチにもオススメ

おはヨーグルト !タチウオ釣りはウキ釣りでやりたい派。

釣り物語ザ・おっさんです。こんにちは。

椅子に座ってアタリが出るまでのなんとも言えない無の時間が好き(・∀・)。でしたが!ここ数年はこの時間をも割いてやってる釣りがある。

それが今回注目する『タチウオテンヤ』!!ですが、一言にタチウオテンヤと言っても形状・タイプといった種類も豊富です。ので、今回はその中から3つ程ピックアップして情報をまとめていきます。

タチウオテンヤの強み!

ウキが引っ込む間にもサッと使えちゃうタチウオテンヤ!

このテンヤの何が良いって・・・スピーディーに広範囲のサーチが出来る所なんす。

ウキは待ちメインですが、テンヤはこっちから遠近の距離的な、またはレンジもガンガン変えて探ってけるっていう。

言うなればウキ釣りが静、テンヤが動の釣りって所ですかね。

待つのが楽しいウキ釣りではありますが、アタリが無い時なんかにテンヤを持ってたらウキ入り待ち中にシレッとタチウオの有無も探れると。加えてタチウオのいるレンジもなんとなく見えて来てウキ下のタナ合わせの目安なんかも見い出せます。

テンヤはウキ釣りのサポートアイテムとして、あるいはメインで攻撃的な使い方も出来る優れものなのです。と言いたい\(^o^)/

まあ人多いところでは使用は控えたほうがいいけど。お祭モード入ってしまうで。

タチウオテンヤ3選!

私的に思ふテンヤの魅力・強みを語った所で本題へ!

今回注目するテンヤは、アピール力をUPさせる機能、使い手をサポートしてくれる機能、安心安全スタンダードタイプのものをメインにまとめています。

それではスペックと共に特徴をチェケラァ!!!

GMショアテンヤ タイプ-T


・重さ:10g / 14g /24g
・全長:97mm(共通)
・カラー:3色(夜光・ブルー・パープル)
・価格:630〜650円(税別)

エサ固定用ワイヤー(90cm)とスナップ付きワイヤーリーダー(30cm)がそれぞれ一本ずつ付属されています。

特徴

golden Mean(ゴールデンミーン)より発売中のワイヤー三本仕様、ヘッド部分にエサの鼻先をシュポっと入れる凹みが設けられてて真っ直ぐにエサ・ワームをセットしやすいのが特徴のテンヤです。※エサ=きびなご・どじょう・イワシ等。

またケミホタル(25)にブレード、アシストフック付けたりと状況や好みに応じてカスタム出来るのも特徴の一つです。

 


ちなみにフル装備だとこんな感じす。

私はこのアイテムにキビナゴ付けてタチウオ祭りからのドキッ!?カマス祭りに移行したなんて経験あります。

【メール便可】ゴールデンミーン GMショアテンヤ タイプ-T 10g

太刀魚ゲッター 時短テンヤ


・サイズ(号数):2号〜8号
・カラー:2色(グローピンク・グローナチュラル)
・価格:1,240~1,500円(税別)

特徴

時短機能がべらぼうに魅力!SHIMANOから発売中のキビナゴ専用テンヤ。

従来のテンヤはエサをワイヤーでグルングルンに締め上げますが、こちらのアイテムはキビナゴを上下のピンで挟み込むだけでOKなセットめっちゃ楽なヤツです。

ざっくりセットが簡単。手が汚れにくくエサ持ちが良いテンヤって所です。

この他、ヘッド部にフック装備で掛かり率を高めた「太刀魚ゲッター ツイン噛む」、チャターを装備した「太刀魚ゲッター 時短テンヤ ビリビリ」といった掛かり・アピール力に特化したモデルも存在してます。

そちらは使ったことないのでスルーしましたm(_ _)m

(5) 【メール便配送可】シマノ 太刀魚ゲッター 時短テンヤびりびり(3号・4号・5号)

快適波止タチウオテンヤSS


・サイズ(号数):2号〜6号
・自重:8g〜23g
・カラー:1色(スーパーグロー)
・価格:630~680円(税別)

ステン線リーダー&エサ巻き用ステン線がそれぞれ1本ずつ付属されています。

特徴

DAIWAから発売中のサイズをはじめ、フックの長さに至るまで(ある程度)チョイス可能なスタンダードタイプのエサ用テンヤ。

本体にケミホルダーを、ヘッド部にはプラスシンカーシステムを採用で視認性・アピール力、またウェイト調整が可能です。

こちらも本アイテムの他、チャター付きとブレード付きのアピール力に優れる2モデルが存在しています。これまた使ったこと無いのでスルーしましたm(_ _)m

ダイワ 快適波止タチウオテンヤSS S 夜光【ゆうパケット】

使い方は…

ご存知の方も多いかもですが、一応。

上記したアイテムに限らずタチウオテンヤはどれも基本的に投げて巻くだけ!

あとは、巻きのスピードとレンジを意識して使うと良いですね。巻きはスロー〜ファストに、レンジ調整は着水後のカウントダウンで上からあるいは、下から探っていくのが定石です。

巻きスピードとレンジを意識して使ってれば、デカイ群れに当たった時狙い撃ちでウハウハモードも夢じゃあありません。

もちろんウキ釣りのタナ合わせにも使えるのでこの巻きスピードとレンジ調整はなるべく(ある程度)意識して使ってみるといいでしょう。

ぷちまとめ

使い方は至ってシンプル。寧ろウキ釣りより簡単かもなので、ルアー釣りに苦手意識を持ってる方にも使って頂きたい。

もちろんルアーマンの方も、釣果をもう一伸ばしたい方も!!気分転換という意味も兼ねて是非!!ちなみに私がタチウオのテンヤに目覚めたきっかけは・・・・ガチ寝しないようにでした\(^o^)/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏の夜釣りはウナギとテナガエビ釣りが熱い!俺の初夏休み(日記)

テナガエビのシーズン到来!?仕掛けや釣り方、泥抜きまで解説!

サビキで釣れない時はどうする?初心者にもできる釣果UPのコツとは