ガンガンジグ2はショアジギ初心者にもおすすめ?特徴や使い方は?

年々、人気が高まりつつあるメタルジグを使ったショアジギング(ライトショア)!!

そろそろはじめてみたいわ。または始めたばかり!なんて方も結構居たりするのではないかと思われます。

ロッドやリールもそうですが、始めたてとなるとメタルジグ選びって結構悩みますよね?私も最初はそうだった・・・

そこで今回は、そんなメタルジグ選びにお悩みのあなたにオススメ!ショアメタルジガー御用達のメタルジグの一つ!オーシャンルーラー(釣研)の『ガンガンジグⅡ』をご紹介していきたいと思います!

ガンガンジグⅡ

Ocean Ruler(オーシャンルーラー)から発売されているショアジギング(ライトショアジギング)用のメタルジグ『ガンガンジグ』シリーズ。

その中でも、アクションからのフォールといった縦の釣りとリーリングによる横の釣りの両方に対応する絶妙なバランス設計のスタンダードタイプモデルとも言えるのが『ガンガンジグⅡ』となります。

特徴

特徴です。

形状は、やや細身ボディでパッと見る限りでは、メタルジグの基本とも言える引き抵抗を抑えた形状ですが、その実、ボディにはいくつかの反射面を設けており、全方向(360°)へのフラッシング効果が得られるアピールに優れた設計となっています。

そしてメタルジグの重要ポイントの1つ重心バランスは、飛距離自慢の後方重心タイプではなく、フォールスピードを抑えるセンターバランス設計を採用。

フラッシング効果をサポートする設計ですね。

と。フォールが強いメタルジグではありますが、リーリング(ただ巻き)時にも引き抵抗を感じられる速度で巻くと、お尻を振るウォブリングアクションを演出してくれます。

縦横無尽・・・まではいきませんが、縦横どちらでもターゲットにアピールが出来る!そんなアイテムですね。

あとフックには耐久性・耐食性の高いSW専用フックを採用。

フロント・リアそれぞれ、フロントにはバイトマーカーとしての役割を果たすファインラバー採用のアシストフック(シングル)、リアにはトレブルフックを標準装備しています。

フックセッティングに拘りが無いのであれば、パッケージから開けてすぐ使える仕様ですね!

使い方

なんとなく特徴等が分かった所で! ここからは『ガンガンジグⅡ』の基本的な使い方をご紹介していきます。(他のジグでもイケる)

リーリング(ただ巻き)

狙いたいレンジ(層)を決めて、ただ巻いてくる簡単な釣り方!ではありますが、意外に釣れる。またフォールなどの縦の釣りで魚の反応が薄い場合にも有効なコトが多い。

・表層狙いの場合
ジグが着水後すぐに巻き始める。

・中層狙いの場合
任意のレンジ(層)までジグを落とし巻き始める。

・ボトム(底)狙いの場合
ジグ着水後、フリーフォールまたはラインの出を指で軽く押さえテンションをかけながらフォールさせ、ラインの出が止まったら着底の合図なのでそこから巻き始める。

表層やボトムは狙いやすいとは思いますが、中層狙いの場合はまずポイントの水深をある程度把握する必要があります。

そんな時には、ジグをキャストして着水後から着底するまでを自分なりの速度でカウントしてその間(例:10秒で着底したなら5秒が中層)を目安に、ルアー操作を開始すると良いでしょう。

あと中層・ボトム狙いの場合、ただ巻き続けているとジグが浮き上がってくるので、所々でフォールを挟むと狙いのレンジを狙えてかつフォールアクションで誘うコトも出来ますね(フォール時にもアタリが来ることが多いので気を抜かないように)。

あえて巻き続けるのも全然アリですよ!シンプルザベスト。

ワンピッチジャーク

メタルジグの基本中の基本テクの一つで、様々なターゲットに効果的。一番釣れる!なんて言う方もいる程なのでマスターしておきたいテクの一つでもあります。

とは言っても操作が難しいワケでもなく、ロッドを縦にしゃくると同時にリールを巻くといった動作を繰り返し行うだけ。

これでジグをキビキビとアクションさせることが可能に。イメージは逃げ惑う小魚。

しゃくる回数は状況に応じてという形になりますが、私の場合は、5~10回しゃくってフォールを挟んでボトムまで落としています。水深があまり無い浅いポイントなら5回くらいで十分かも?

このワンピッチジャークをボトムで行うことが多いですが、表層や中層でもOKだと思います!

リフト&フォール

ロッド操作でジグを跳ね上げてフォールで見せる&食わせる間を与えやるといったアクションですね。

操作方法は、ロッドを縦に(真上位でも良い)大きくしゃくり、素早くロッドを下げる。からのフリーフォール、もしくはしゃくった後、ロッドを止める(しゃくった状態)か、ゆっくり下げながらテンションフォール。

これを繰り返す。

しゃくる強さは弱くても強くてもOKですが、強くしゃくり上げることでジグを大きく跳ね上げさせるコトができるので、その分、長くフォールを魅せるコトができます。

フォールさせてボトムに着くと間髪入れずにしゃくる動作に移行しても良いですし、ボトムでのステイ(止める)時間を長めに取るのも良いですね。

リフト&フォールはフォール中またはステイ中にアタリが来ることが多いので、そこもしっかり意識するようにしましょう!

この縦の釣りは、ただ巻き等の横の釣りやスピーディーな釣りに着いてこれない魚も食わせやすく、特に根魚なんかには効果的です。

 

以上の3つ使い方で基本はOK!

ちなみに、巻きの釣りでは大丈夫なのですがワンピッチジャークやリフト&フォールのようにジグを機敏にアクションさせたい場合は、硬めもしくは張りのある、反発力に優れたロッドの方が操作しやすいかと思われます。

スペック

それでは最後にスペック情報を確認!

■ガンガンジグⅡ

・ウエイト:20g/30g/40g/60g

・アシストフックサイズ
20g/30g=6号(#2)
40g/60g=7号(#1/0)

・トレブルフックサイズ
20g/30g=#6、40g/60g=#4

・価格
20g=600円、30g=630円
40g=680円、60g=780円

カラーチャート

トリコロールイワシ
イワシチェリー
レッドヘッドラメ
ピンクヘッドゴールド
ゼブラグロー
アカキン
ブルピン
ピンクコットンキャンディ
イワシブルー
キビナゴシルバー
キンアジ
レッドヘッドピンク
UVシルバー
スポットグロー
UVゴールド
パープル

財布にも優しい価格設定&ウエイト・カラーともに豊富なラインナップなので、複数個購入して状況に合わせた使い分けをするとより釣果を伸ばせそうですね。

フォールでアピールすることを意識した作りですが、リーリングでもウォブリングアクションでしっかり誘える!縦横どちらの攻めにも対応していると言える『ガンガンジグⅡ』で、小型青物をはじめ、フラットフィッシュやロックフィッシュなど様々なターゲットをゲットしちゃいましょう!

引用元
http://www.oceanruler.jp/Kreios/gun2jig2.html

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジグパラTGはただ巻きでも釣れる!?タングステンで飛距離も出る?

ワンダーフォールは飛距離抜群のフォール系ジグ!対象魚も多彩!?

ジグラバースルーでショアラバゲームを始めよう!特徴や使い方は?

ショアスキッドジグは狙える魚種が多い?ターゲットは使い手次第?

「飛びキング」登場!メタルジグとミノーのいいとこ取りしたルアー?

スチールミノーのミノーアクションで遠距離&幅広いレンジを攻略!