月下美人AJINGはコスパ抜群のアジングロッド!初心者にもオススメ

こんにちは!6月に突入してからウチワが手放せない暑がり管理人です!

梅雨が明けるといよいよ夏も本番!!ということは・・・アジングなんかのベストシーズンも近づくということですよね!?想像しただけでうずくぜ!右腕の傷が。くっ(中二病)

と、くだらない話はさておき。

今回はアジング上級者はもちろん初心者の方にもオススメしたい!!軽量で操作性が高く、価格も低価格とコストパフォーマンスに優れるアジング専用ロッド『月下美人 AJING』について書いていこうと思います。使用感などもチェックです。

月下美人 AJINGとは

ダイワが誇るライトゲームシリーズとしてロッドをはじめ、リールやルアー、小物に至るまで数々の人気商品をリリースしている『月下美人』シリーズ

初心者からベテランの方の方にまで支持されるメーカーの一つですね。

そんな月下美人シリーズのアジング専用ロッドの中でも、低価格帯ながら操作性が良くコストパフォーマンスに優れたロッドが『月下美人 AJING』となります。

主な仕様

月下美人 AJINGの主な仕様はこちら!

■ ティップ(穂先)


アジを掛ける言うよりも追従する事で乗せていくスタイルに向いている細くてしなやかなソリッドティップ仕様。611L-Sハイパフォーマンスカーボンソリッドトップ71UL-S&74L-Sにはメガトップを採用)

ハイパフォーマンスカーボンソリッド
高感度で微かなアタリでも感じ逃さない穂先。

メガトップ
『超分散』構造によりカーボン繊維とレジン(樹脂)が均一に分散させる事で、強度と安定性を向上+手感度はもちろんの事、目感度も大幅に向上した穂先。

■ バットガイド


PEライン使用時にも糸絡みといったライントラブルを軽減し強度もあるPタイプフレームKガイドを搭載

■ リールシート
フィット感やリールのホールド性に優れロッド操作を行い易いリールシート。

■ グリップ
滑りを防止するスリット仕様(フォアグリップ前部、リアグリップ後部)。

こういった仕様となり、感度と強度があり操作性に優れているとハイパフォーマンスな仕上がりとなっていると言えるのではないでしょうか。

スペック&各種特徴

スペック情報と各種特徴をザックリとご紹介!

■ 月下美人 AJING 611L-S

・全長:2.11m   ・自重:88g

・継数:2本      ・仕舞:109cm

・先径/元径:0.8mm/9.9mm

・ルアー重量:0.5g-8g

・ナイロンライン:1.5lb-3lb

・PEライン:0.15号-0.4号

・価格:13,500円

短めのレングス(長さ)となり波止場や常夜灯周りなど、遠投をあまり必要としない場所での使用がおすすめ。

ジグヘッド単体を得意としソリッドティップながらルアーをアクションさせて掛けていくといった攻撃的スタイルにマッチした高感度モデル。

 

■ 月下美人 AJING 71UL-S

・全長:2.16m   ・自重:91g

・継数:2本      ・仕舞:112cm

・先径/元径:0.8mm/9.4mm

・ルアー重量:0.5g-4g

・ナイロンライン:1lb-3lb

・PEライン:0.15号-0.3号

・価格:14,200円

ジグヘッド単体はもちろんの事、スプリットショットリグなどにも対応し、テンポの良いリトリーブをメインとしたスタイルを得意とするモデル。

ティップがアジの食い込みにしっかり追従してくれるので、掛けていくと言うよりは、乗せていく(乗せてくれる)のに向いています。

 

■ 月下美人 AJING 74L-S

・全長:2.24m   ・自重:92g

・継数:2本      ・仕舞:116cm

・先径/元径:0.8mm/10.4mm

・ルアー重量:0.6g-10g

・ナイロンライン:1.5lb-3lb

・PEライン:0.15号-0.4号

・価格:14,500円

月下美人 AJINGの中で最もパワーとレングスがあり、尚且つ繊細なティップを持ち合わせている事で、様々なリグやプラグそして軽量ジグなども扱え、あらゆるフィールドや状況で活躍が期待できるオールラウンダー。

レングスを活かした遠投で広範囲に探り攻めることが出来ます。

【あす楽】ダイワ 月下美人 AJING 74L-S スピニングロッド アジングロッド

使用感まとめ

最後に実際に月下美人 AJINGを使用している方々の声をまとめてみました!

良い点

・リーズナブルな価格。

・軽くて操作性が良い。

・小さなアタリでもしっかり感じ取ることが出来る。

・糸絡みといったライントラブルが少ない。

・アジング専用ではあるが、メバリングにも最適。

 

不満な点

・ルアー重量がMAXだと、キャスト時に穂先が折れないか不安になる。

・硬くハリがありすぎる気がする(611L-S)。

・1g以下のジグ単は操作しづらい(74L-S)。

 

誰しもが納得!!と言うワケではありませんが、比較的に良いという声が目立っています。

良いという声もそうですが、ちょっとした不満の声なんかも頭に置きつつ、ロッド選択をすると、より自分のイメージに沿った釣りが出来るコトは間違いないでしょう。

※もし月下美人AJINGの3機種でどれを購入したら良いか分からぬ。なんて方は、上記のスペック&各種特徴に記載したポイント(場所)やリグをヒントに選択すると良いかもですね。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライトゲーム最強ロッド?ソルセンシリーズのスペック&特徴まとめ!

アドバンスメントHSR-80は長尺なのに操作性が良い?汎用性も高い?

ベイライナーAKBMはエサ釣りにも対応したライトゲームロッド!?

一誠「碧」でライトゲーム攻略!!各種特徴や使い分けについて!

『宵姫 天』は驚異の軽さで感度と操作感も抜群?詳細や注意点は?

ティクトのアイスキューブシリーズに程よい長さの2モデルが参戦!!