がま磯メタルキャストは携帯性に優れるショアジギロッド!振り出せ!

高品質の製品を世に送り出し続け、ベテラン釣り師からの支持が高いイメージがある釣具メーカー”がまかつ”の数多くある製品の中で、磯釣り師なら誰もが一度は使ってみたいと思うであろう『がま磯』シリーズからショアジギングロッドが登場!

という訳で今回は、磯釣りの新たな武器となること間違いなしな『がま磯 メタルキャスト』をチェックしていこうかと思います。

振り出しタイプ!?

基本的にショアジギングロッドは2ピース(全長が長いものだと3ピース)が多く、近年ではちょこちょこと4ピース以上の携帯性に優れたパックロッドが登場していますよね。

しかし、がま磯メタルキャストはこれらのどちらでもなく、

・抜群の携帯性
・パーツ紛失の心配もない
・磯用のロッドケースにも収まる

といった、かなり珍しい振り出しタイプとなっています。

ここで気になるパワーはどうなのか?という点ですが、軽量化(感度面にも貢献)が図られつつ高強度・高弾性な【TORAYCA(R)T1100G・ナノアロイ(R)】が採用されていることで、パワー面が大きく強化されています。

それに加え、がま磯ならではの【ASD(アクティブサスデザイン)】設計が施され、継ぎ目の繋がりがとてもスムーズでバットまで曲がる

これらにより、青物の強烈な引きに対してしっかり耐え浮かせて寄せることができるんだそうです。

あと、パワーがありレングスが11フィートながら取り回しの良さも実現しているとのこと。

なので、磯でのパワーゲームを含めた様々な場所で活躍してくれるのではないでしょうか!

その他仕様について

上記以外の仕様についてザックリまとめちゃいます。

■ガイド
強度に優れた【ステンレスフレーム】に、硬く軽量でラインにも優しい【SICリング】のライントラブルを軽減させる【誘導型Kガイド(KWMガイド)】?を採用。

■リールシート
優れたホールド力とガタつき軽減が期待できる【スクリュー型】。

・竿先は【チューブラートップ】。

・素早く正確にロッドのセッティングが行える【ガイド合わせマーク付き】。

 

このような仕様となっています。

スペック・発売日

スペック&発売日情報はこちら。

■110MH

・全長:3.35m
・自重:195g
・仕舞:123.5cm
・先径/元径:2.3mm/16.4mm
・ルアーウエイト:14g~84g
・PEライン:1号~3号
・価格:43,000円

大型のシーバス(スズキ)から青物まで対応し、レギュラーファストアクションで抜群の遠投性能を誇るモデル。

 

■110H

・全長:3.35m
・自重:205g
・仕舞:123.5cm
・先径/元径:2.5mm/17.7mm
・ルアーウエイト:28g~100g
・PEライン:1.5号~3号
・価格:44,000円

磯をはじめとしたパワーが必要な場所や、大型青物狙いに最適なパワーモデル。

 

こちら2機種のラインナップ。

※発売日は2018年8月上旬を予定しているようです。

まとめ

磯釣りに行ってせっかく青物が回ってきているのに、なす術もなく指をくわえて見ているだけなんて嫌ですし、勿体ない感ハンパないですよね!

しかし、普段持って行かれるケースに忍ばせておけばチャンスを逃すことなくアプローチすることが可能になる『がま磯 メタルキャスト』をご検討してみてはいかがでしょうか?

もちろん、磯オンリーじゃなくてもOKですよ!

引用元
http://www.gamakatsu.co.jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジグキャスターライトMX登場!軽量で疲れにくく操作性も良好!?

ジャッカルのロッド「BRS」は超オカッパリ仕様?各モデルの特徴は?

ソルパラ「ライトショアジギングロッド」は安くて評判もいい!?

ジグキャスターTMは持ち運びに便利なテレスコタイプ!操作性なども

スーパーライトショアジギングロッドN−ONEは扱いやすい?値段は?

クロステージショアジギングモデルは初心者にオススメ?使用感は?