ユニオンギルスイマー130の特徴や使い方、スペック情報まとめ!

フラッシュユニオンの”フローティングスイムベイト第2弾”となるギル型スイムベイト『ユニオンギルスイマー 130』。人気の高いユニオンスイマーに続くフローティングタイプのスイムベイトとして発売当時、注目を浴びたルアーですね。

ユニオンスイマーもそうですが、ギルスイマー130にもフローティングという部分以外にも色々な特徴があります。今回はその辺の情報も見つつ、スペックや使い方についてもまとめてみようと思います。

特徴

まずはじめに特徴から!

最大の特徴はやはり何と言ってもフローティングタイプということでしょう!

これによりトップウォーターのように使用することができ、かなりスローに攻めることも可能なスイムベイトでありスローから高速リトリーブ、ダートアクションまで可能にし安定した姿勢でしっかりと動くスティンガーステップダウンテール形状となっています。

ステイ(放置)させている時はフロートチャンバー別体構造によりフックの重みだけで傾かないほどのバランス力となっています。

そしてフックホールドシステムが搭載されています。

これはフックを収納する部分にハードシリコンが採用されており本体を傷つける事無く何度でも収納可能となり、キャストの着水時などによる衝撃くらいでは外れたりはしないようになっているとのことです。

それと合わせてインナースーパーコアにより外側はプニプニとしたソフトマテリアル、内側には強度のあるマテリアルが採用されている為、フックを何度も装着したりバスとのファイトですぐにボロボロになったりとはしにくいようになっています。

やはりフローティングですのでステイさせるといった事も誘いの1つとなりますので、安定した姿勢を保てるのは良い!そしてフックホールドシステムやインナースーパーコアによりすぐに破損とはならないのも嬉しいですよね!

【ソフトルアー】フラッシュユニオン:ユニオンギルスイマー130 #014P:フラッシュゴースト雄ギル【スイムベイト/ワーム】

主な使い方

やはり基本となるのはスイムベイトですし水面でのタダ巻きになります。

左右に大きく動くテールで見た目、波動によるアピール!からの〜〜!

ステイを挟んでみたりチョンチョンとアクションさせてみたり!!といった感じでしょうか。

そしてダートアクションからのスローリトリーブ

ダートしながら少しずつ潜っていく仕様となっており、自分の攻めたいレンジまでダートで沈ませスローリトリーブでレンジをキープしその層を攻めるといった使い方になります。

ただ、ダートをさせるにもコツがあるみたいでロッドを上に振ってアクションさせることやスナップなどを使わず直結にしたほうがいいなどあるみたいです

他には、ネイルシンカーでより沈ませたり!と行きたいところなのですが、フロートチャンバー部分に刺したりすると水の侵入により浮力性能が変わってしまう可能性があるとのことなので怖くてできない!それでもレンジを下げたい場合はフック部分にシンカーをつけてアゴリグにしたりすると良いのかもしれませんね!

スペック情報

スペックはこちらになります!

・UNION GILL SWIMMER 130

サイズ:130mm
重さ:55g
入数:1本
カラー:5色
価格:3,000円

■カラー

・#005P フラッシュゴーストチャート
・#014P フラッシュゴースト雄ギル
・#015P フラッシュゴースト雌ギル
・#016P 雄ギル
・#017P 雌ギル

このようになっています。

水面を攻めるのはもちろんの事、フローティングタイプでありながらダートからのスローリトリーブで自分の狙いたいレンジを攻めれるとだけあってかなり人気も高いみたいですね。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジョインテッドクロー128は喰わせ性能抜群のビッグベイト!使い方も

イガジグスピンは中層攻略の切り札?レンジコントロールがしやすい?

スピンクラフトでマイクロルアーの醍醐味が味わえる?数釣り向き?

スモラバ「ジグ05タッガー」でリスク回避でカバー攻略!拘り仕様?

モエビー50Sは多彩な使い方が出来る優秀ルアー?海水にも使える?

レゼルブは虫と小魚どちらのパターンにも対応!表層は頂きます!