FER-58登場!アジングロッドに求められる性能は全てトップクラス?

今日は昼まで兄の子供に勉強を教えていたおっさんであります。こんにちは~。

と言ってもスラスラ問題を解いちゃって教えるどころか逆に教えられちゃいましたけどね(笑

だがしかし!数学は得意だったのでいくつか教えてあげることができたので良かったです!ε-(´∀`*)ホッ

とまぁそんな話はさて置き今回は、アジングでの軽量ジグヘッド単体を極められる?かもしれないロッド『Providence FER-58』をご紹介!

Providence FER-58

アジングでお馴染みのメーカー”34(サーティフォー)”のアジングロッドシリーズにフラッグシップモデルとなる『Providence(プロビデンス)FER-58』が登場!

既存ロッドとなるFPR-55とDFR-511の強みとなる性能を併せ持つことで、まさに34最強のロッドと言える仕上がりとなっているようです。

2種のロッドのハイブリッド!

まずFPR-55ですが、最大の特徴と言えるのが『F-tunedソリッドティップ』が採用されているところ。

これは今までにないテーパー(角度)でロッドがしなやかに曲がり、遠距離でもしっかりアタリを感知し潮の変化をも捉えることができる抜群の感度を誇るティップとなっています。

次にDFR-511の強みは、柔軟かつしなやかで美しく曲がる『パラボリックファインブランクス』を採用している点。

優れた飛距離性能とフッキング性能、そして魚の引きに対し柔軟に対応(反応)することでしっかり寄せバラシも軽減してくれるブランクスと言ったところですね。

このFPR-55のF-tunedソリッドティップに加え、DFR-511をもとに40tから50tカーボンに変更されたブランクスがProvidence FER-58に採用されることで、2種のロッドの性能を併せ持つだけでなく感度・操作性(振り抜けの良さ)・パワーが更に向上しているようです。

これらにより軽量ジグヘッド単体の操作性は抜群でストレスなく扱え、アジのアタリを確実に捉え引きを楽しめつつ取り込めるのは間違いなし!?

スペック

それではスペック情報を確認しておきましょう!

■Providence FER-58

・全長:5.8ft(173cm)
・自重:73g
・ティップ:ソリッド
・継数:2本(ティッププロテクター付き)
・仕舞:100cm
・リグウエイト:0.1g~1.8g
・ライン:0.8lb~2.0lb
・価格:53,000円

軽いロッドと比べると5.8ftというレングスの73gは少し重たい方なのかなと感じますが、ロッド全体のバランスと性能をしっかり考えられてのベストウエイトなんでしょうね!

ちなみに私は70g後半のロッドを使用していますが重たいと感じたことは全くないです、てか軽いです(`・ω・´)キリッ

逆に、アジングロッドに必要とされる全ての性能を高次元で実現させつつ73gで抑えられているのは凄いのではないでしょうか。

発売日

『Providence FER-58』の発売日は2018年1月中旬を予定しているようです。

操作性・柔軟性・感度・パワーと、どの性能にも優れアジングロッドの最高峰クラスと言える『Providence FER-58』で、アジングを最高に楽しみ軽量ジグヘッド単体を極めちゃいませんか?

引用元
http://www.34net.jp/product34/ajing-rod/providence-fer-58

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブラックスター セカンドジェネレーションの特徴や前モデルとの違い

一誠「碧」でライトゲーム攻略!!各種特徴や使い分けについて!

初心者〜中級者向きアジングロッド10選まとめ!シーズンもチェック!

一誠「碧」シリーズに新機種追加!ライトゲームの幅をより広げる!

ブルーカレントのスペックや特徴について!軽くてよく曲がる!?

ブラックスターTZ TUNEDは操作性最強のライトゲームロッド!?