エクスセンス インフィニティは軽くて強い!常識を覆すロッド!?

カテゴリ問わず、どのようなロッドでも自重が軽ければ弱く、強くすると重くなる。もちろん中には例外もあるかもですが、こういった現実があるのも確か。

そんなロッド事情、状況を打開する。いや!常識を覆す?SHIMANOのNEWシーバスロッドにしてフラッグシップモデルとなる『EXSENCE INFINITY(エクスセンス インフィニティ)』についてご紹介していきます。

EXSENCE INFINITY

SHIMANOのシーバスロッド”EXSENCE(エクスセンス)シリーズ”と言えば、1本1本違ったシチュエーションに合わせた作りで、特化と言うより専用機としてそれぞれ高い性能を持つ個性派集団ロッドです。

そんなエクスセンスが更なる進化を遂げ、フラッグシップモデルにしてシマノシーバスロッド史上最軽量EXSENCE INFINITY(エクスセンス インフィニティ)』としてリリースを控えています。

軽い=弱いとは言わせない!

軽いのに強い!!

まさに相反する性能を持つコトを実現した『エクスセンス インフィニティ』。

メイン素材に高強度カーボン素材が採用された薄肉なブランクス、そして各パーツを厳選することで軽量化が図られています。

ただ、これだけだと強度に関して心もとないのも事実。

そんな不安要素を取り除くべく、取り入れられたのが『スパイラルXコア』。

これはエクスセンスなどシマノの様々なロッドに採用されている重さを増やすこと無く剛性を高める『スパイラルX』に、ナノアロイテクノロジーといった高強度材が採用されたカーボンテープを使用することで、今まで以上に高強度化を実現した設計・製造方法。

スパイラルXと比べると、ネジリ強度が最大で約10%、つぶれ強度が最大で約15%向上しているとのこと。

この放物線具合・・・ヤバし。(汗

強い、強すぎる!いや、なんならまだイケそう??しかもかなり粘りもありそうですね。

そして芯材も曲がるように設計されパワーロスの少ない『アクティブフェルール』が採用されることで2ピースとは思えない美しく、しなやかに曲がります。

軽くて強いというのは伊達じゃないみたいですね。

新形状グリップの効果とは?

『エクスセンス インフィニティ』には新形状(上面はフラット・下面はややV字形状)『カーボンモノコックグリップ』が採用されてます。

少し特殊な形状ですね。これを採用することで、

・中空構造により振動伝達に優れ軽量化と高感度を実現。

・ルアー操作やファイト時は肘で固定し易くズレにくい。

・フィット感に優れパワーロスを防ぎフルキャスト・ラフファイトにもしっかり対応してくれるグリップ性能。

など「軽量・高感度・操作性」と3拍子揃ったグリップで、ロッド性能の底上げ、使用感にも大きく貢献しているという感じですね。

主な仕様

上記した『スパイラルXコア』、『アクティブフェルール』、『カーボンモノコックグリップ』を除いた仕様をザックリ紹介していきます。

・ガイド:軽さと強さに優れたチタンフレームに軽さとライン抜けの良いトルザイトリングが採用(トップガイドにはSiCリングが採用され熱の拡散に優れラインダメージを軽減)。

ハイパワーX:ネジレを抑え込む。

・エクスフィットシートCI4+:軽さと強度を併せ持つCI4+が採用され、フィット感に優れたリールシート。

・ナノピッチ:細かいピッチで施されたラッピングでブランクスの高強度化に貢献。

・メタルリング:肉抜きを施し軽量化され質感にも拘った高精度設計。

・セットポジション:簡単かつ真っ直ぐにロッドを継ぐことができる。

・フックキーパー:ルアーを固定できる便利機能。

このような所ですね。

スペック情報

『エクスセンス インフィニティ』の各種スペックに一言添えてご紹介!

S900ML/RF

・全長:2.74m   ・自重:122g
・継数:2本      ・仕舞:140.7cm
・先径/元径:1.4mm/14.5mm
・ルアー:5g~32g
・PEライン:0.5号~1.2号
・価格:74,000円

激戦区でもある港湾や河川でのミノーやシンキングペンシル使用に最適で操作性と感度に優れたモデル。

S906ML/RF

・全長:2.90m   ・自重:128g
・継数:2本      ・仕舞:148.7cm
・先径/元径:1.4mm/14.5mm
・ルアー:5g~32g
・PEライン:0.5号~1.2号
・価格:75,000円

様々なルアー・場所に対応できるオールラウンダーモデル。

S906M/RF

・全長:2.90m   ・自重:132g
・継数:2本      ・仕舞:148.7cm
・先径/元径:1.5mm/14.5mm
・ルアー:6g~38g
・PEライン:0.6号~1.5号
・価格:76,000円

大型シーバスにも負けないパワーとルアーの使用感をしっかり味わえる繊細さを併せ持つパワーモデル。

B806M/R

・全長:2.59m   ・自重:120g
・継数:2本      ・仕舞:133.2cm
・先径/元径:1.6mm/14.5mm
・ルアー:6g~38g
・PEライン:0.8号~2.5号
・価格:74,000円

強靭なバットパワーを持ち縦の釣りから横の釣りまで軽快に操作できるベイトロッドモデル

以上。

スピニングモデル3機種、ベイトモデル1機種の計4機種とエクスセンスシリーズにしては選びやすいラインナップですね。

発売日

『エクスセンス インフィニティ』の発売日はスピニングモデル3機種は2017年9月、ベイトモデル1機種は2017年10月を予定しているようです。

シーバスフィッシングにおいて必要とされる全ての機能を兼ね備えているといっても過言ではない『エクスセンス インフィニティ』でより高次元なシーバスゲームを楽しんでみませんか?

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シーバスロッド”ラテオ”が万能すぎる?スペックや使いやすさは?

モアザンブランジーノAGSシリーズのスペックやシステム情報まとめ!

モアザンエキスパートAGSに新機種追加!各種スペックや特徴まとめ

メガバスの「アステリオン」は剛柔を兼ね備えたシーバスロッド!?

モアザンエキスパートAGSは至高の1本!その特徴や使用感まとめ!

ディアルーナXRはコスパ超優秀シーバスロッド?使用感や評価は!?