ドリームコンスリー80MHは汎用性抜群ライトゲームロッド!使用感も

DART8(ダートエイト)をはじめ、ライトソルトゲームアイテムで人気のメーカー『DreemUp(ドリームアップ)』から、遂に待望のロッドが登場!

そこで今回は、3つのC(contact(接触)・controll(操作)・confidence(信頼))をコンセプトを軸に開発され、様々なライトソルトゲームをカバーできるDreem Con Three 80MH(ドリームコンスリー80MH)』をご紹介していこうかと思います。

汎用性の高さが光る!

こちらのアイテムはなんでも、アジやメバル以外にチヌ・ハタ系そしてシーバスまでも狙えてしまうんだそう。

その汎用性の高さを実現しているのは、

・しなやかなティップ
・ティップとのバランスが考えられたベリー(全体的に張りを持たせている)
・強靭さを備えたバット

という様な、それぞれ違った役割を果たすパーツが採用されているところでしょう。

これにより、

・広範囲を探ることができる「遠投性
・流れの変化やアタリを明確に感じられる「感度
・良型のターゲットにも耐えうる「パワー
・ロッド操作やルアー操作が行いやすい「操作性」、「軽さ」、「誘導性

を持ち合わせていることで、ターゲットの広さだけでなく様々なリグやプラグにも対応した万能ロッドとなっているようです。

仕様

それでは仕様についても見ていきましょう。

■ブランクス
ロッドの先部分が良く曲がる先調子設計で、カーボン含有率が99%のチューブラーが
採用されていることで全体的に張りを持たせている。

■ガイド
バットガイドは、軽量で強靭またサビにも強いハイテンシルチタンフレームに、軽量
で硬くラインにも優しいSiCリング採用で糸絡みを軽減する【KLガイド】。

バットガイド以外では、軽量で糸通りの良い【KTガイド】、トップガイドには軽量で引っ掛かりが少なくライントラブルレスな【KGトップ】が採用されています。
※こちらはオールチタンフレームSiCリング搭載とのこと。

■グリップ周り(リールシート)
耐久性が高く滑りにくいEVE素材採用、そしてドリームアップのエンブレム入りで、握り心地といった機能性はもちろんのことデザイン性もGOOD。

スペック

スペック情報はこちらになります。

■Dreem Con Three 80MH

・全長:8.0ft
・自重:85g
・継数:2本
・ルアーウエイト:2g~18g
・PEライン:~0.6号
・価格:45,000円

こちら80MHを含め3タイプで展開予定とのことなので、他タイプも気になるところではありますが、汎用性の高さはそのままにレングスやパワーが違ってくる感じでしょうかね。

使用感まとめ

実際に使った事のある方の声って気になりますよね?

そこで使用感をまとめてみました!

良い点

・8フィートというレングスながら軽快に扱える

・遠投時もアタリが分かりやすいだけでなく、ノリも良い

・リトリーブ・アクションどちらの誘いも行いやすい

・パワーがありしっかり耐えて寄せる事ができる

・PE使用時の糸鳴りはほとんど気にならないレベル

・軽量ジグ単や重めのフロート、またプラグも扱いやすい

などといった声が挙げられていました。

不満点

こちらも書きたかったのですが、これと言って目に付く内容が無くほとんど挙げられていなかった・・・。(私の調査不足もあるでしょうけど(汗)

まぁ、それだけ扱いやすいという事なんでしょうね!

 

こんな感じで、繊細でもあり強靭でもある、故に様々なライトソルトゲームを1本でこなすことが出来るロッド『Dreem Con Three 80MH(ドリームコンスリー80MH)』は、使用感抜群で高次元な釣りが楽しめること間違いなし!?

引用元
http://dreem-up.com/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブラックスター セカンドジェネレーションの特徴や前モデルとの違い

一誠「碧」でライトゲーム攻略!!各種特徴や使い分けについて!

一誠「碧」シリーズに新機種追加!ライトゲームの幅をより広げる!

『宵姫 天』は驚異の軽さで感度と操作感も抜群?詳細や注意点は?

FER-58登場!アジングロッドに求められる性能は全てトップクラス?

ティクトのアイスキューブシリーズに程よい長さの2モデルが参戦!!