メジャークラフト初のPEライン『弾丸ブレイド』はコスパ最強?かも

海のルアー釣りにおいて太いナイロンやフロロラインを使っていると扱いづらいですし、飛距離が出ない・・・そういった問題を解決してくれるのがPEライン!

使い慣れていないうちはライントラブルやリーダーを結んだりするのに苦労しますが慣れてしまえばPEラインじゃなきゃダメだ!というくらいになっちゃいますよね。

そこで今回は、様々なターゲットやスタイルに対応し日本製で低価格なコストパフォーマンスに優れたメジャークラフトのPEライン『弾丸ブレイド』についてご紹介していきたいと思います。

弾丸ブレイド

様々なターゲット、シチュエーションに合わせたラインナップでコストパフォーマンスも高く初心者に優しい大人気ロッドメーカー『メジャークラフト』。

そんなメジャークラフトからメーカー初となるPEラインが発売されました。

その名も・・・『弾丸ブレイド』!

弾丸ブレイドには「4本編み」と「8本編み」の2つのタイプがあり、ライトゲームやエギング、ショアジギングなどに対応できるラインナップとなっています。

特徴

弾丸ブレイドの特徴について簡単にまとめてみました!

新設計による編み込み技術で低伸度を実現しています。

低伸度と言うことは感度が高く、伸びが少ないのでルアーにアクションをつけやすいということですね。

表面にはコーティングが施されておりハリを持たせることでガイド絡みといったライントラブルを軽減、様々な釣りに対応し扱いやすいものとなっています。

低伸度かつ高感度日本製で低価格とコストパフォーマンスに優れたPEラインと言えるのではないでしょうか。

スペック情報

■弾丸ブレイド ×4(4本編み)

・号数
0.6号(12lb)/0.8号(14lb)/1号(18lb)
1.2号(20lb)/1.5号(25lb)/2号(30lb)
2.5号(35lb)/3号(40lb)

・長さ:150/200/300m

・カラー
グリーン、マルチ(5色/10mマーカー)

・価格
150m=1,100円、200m=1,400円
300m=2,000円

※グリーンは2号まで、マルチは150m巻きが2号まで、200m巻きが3号まで、300m巻きが0.8~3号となり、300m巻きはマルチのみとなっています。

 

■弾丸ブレイド ×8(8本編み)

・号数
0.6号(14lb)/0.8号(16lb)/1号(20lb)
1.2号(25lb)/1.5号(30lb)/2号(35lb)
2.5号(40lb)/3号(50lb)

・長さ:150/200/300m

・カラー
グリーン、マルチ(5色/10mマーカー)

・価格
150m=2,100円、200m=2,700円
300m=3,700円

※グリーンは150m巻きが1.5号まで、200m巻きが2号まで、
マルチは150m巻きが1.5号まで、200m巻きが3号まで、300m巻きが0.8~3号までとなり、300m巻きはマルチのみとなっています。

 

■弾丸ブレイド ライトゲーム専用 ×4(4本編み)

・号数:0.3号(6lb)/0.4号(8lb)

・長さ:各150m  ・カラー:ピンク

・価格:1,300円

 

■弾丸ブレイド エギング専用 ×4(4本編み)

・号数
0.4号(8lb)/0.5号(10lb)
0.6号(12lb)/0.8号(14lb)

・長さ:各150m  ・カラー:ピンク

・価格
0.4号=1,300円、0.5./0.6/0.8号=1,100円

 

■弾丸ブレイド エギング専用 ×8(8本編み)

・号数
0.5号(12lb)/ 0.6号(14lb)/0.8号(16lb)

・長さ:各150m  ・カラー:ピンク

・価格:2,100円

 

■弾丸ブレイド タチウオ専用 ×4(4本編み)

・号数
0.6号(12lb)/ 0.8号(14lb)/1号(18lb)

・長さ:各150m  ・カラー:ホワイト

・価格:1,100円

 

このように6種となっています。

専用があるので分かりやすいですよね!何がどう違うのかはよく分かりませんがコーティングやカラーリングの違いなんですかねぇ。

【メール便送料無料】メジャークラフト 弾丸ブレイド X4 0.8号(14Lb)-300m マルチ(5色)【代引は送料別途】

【メール便送料無料】メジャークラフト 弾丸ブレイド X8 0.6号(14Lb)-150m マルチ 5色【代引は送料別途】

4本編みと8本編み、どちらがいい?

一般的に4本編みは8本編みに比べ『擦れ』には多少強いと言われていますが、太い繊維で作られているため塩やゴミなどが絡みやすくキャストを繰り返しているうちに毛羽立ちが早めに目立ってきてしまいます。

これにより、感度や飛距離、耐久性が減少といった事に繋がってきます。

それに比べ8本編みでは、1本1本が細い繊維で編み上がられているためラインが円に近く抵抗が少ないので劣化しにくい

なので操作性や耐久性も含め8本編みの方が分があると言えるのではないでしょうか。

強度に関しては8本編みの方が強いと言われていますが、単純に強度を求めるなら号数を上げた方が無難なのではないかと思います。

こういった事から、8本編みがオススメ!

と、8本編みをオススメするわたしですが、実際4本編みもよく使用しておりトラブルまみれにはなっていません(ごくたま~に、あれ?なんでラインブレイクしたの?みたいな事はありますが・・・)。

それはやはり毛羽立ちといった劣化からきてるのでしょうね(汗

劣化は早いが安くて短い期間での使用なら4本編み、極力トラブル無く少しでも強度を求め長期間するなら8本編み、と言ったところかなと。

様々なターゲットに対応し、優れたコストパフォーマンスで知られるメジャークラフト初となるPEライン『弾丸ブレイド』。PE使ったコトない方も弾丸ブレイドでPEデビューを果たすのも良いかもしれませんな。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゼログラヘッドでレンジキープが簡単に出来る?投げて落としてテ…

ジャッカルからオープンゲイブのスイム&ダートジグヘッドが登場!

STシンカーはテキサスリグでありながらジグヘッドのようにも使える?

ハタ狩り・直はハタ狙い特化で根掛かりに強くアピール力は高い!?

ソアレ ウルトラシュートを大遠投で沖に潜むアジ・メバルは頂きだ!

ゲーリーのグラブガードが復刻リリース!?効果ってなんだっけ?