EMMSは軽くて扱いやすく値段も安い三拍子揃ったスピニングリール!

DAIWAから販売されているスピニングリール『EM MS(イーエム エムエス)』。

同価格帯では1つ上の性能で搭載システムから扱いやすさに至るまで頭一つ出ているぅ!?なんて噂もあるスピニングリールですね。

そのスペックでこの値段・・・大丈夫なの?と心配になる程のコストパフォーマンに優れたアイテム。

今回はこの『EM MS(イーエム エムエス)』のスペックや魅力についてガツリと紹介していきたいと思います。

EM MSとは

かつて(十数年前?)にDAIWAから発売されていた名機と呼ばれたリール(らしい)初代エンブレム』。

そんな名機エンブレムがマグシールドを搭載し、装い新たに『EM MS(イーエム エムエス)』の名にて復活!!

※アイテム名の由来EM=エンブレム』、『MS=マグシールドの略。

スペック情報

まずはスペックからチェックしていきます。

■ EM MS 2004

・自重:205g
・巻取り量:64cm
・最大ドラグ力:2kg
・ギア比:4.8
・ベアリング:6/1
・ハンドルの長さ:50mm I型コルク
・ナイロン糸巻量:3lb-140m/4lb-100m
・PE糸巻量:0.4号-120m、0.6号-100m
・価格:20,900円

 

■ EM MS 2004H

・自重:205g
・巻取り量:75cm
・最大ドラグ力:2kg
・ギア比:5.6
・ベアリング:6/1
・ハンドルの長さ:50mm I型コルク
・ナイロン糸巻量:3lb-140m/4lb-100m
・PE糸巻量:0.4号-120m/0.6号-100m
・価格:20,900円

 

■ EM MS 2506

・自重:215g
・巻取り量:72cm
・最大ドラグ力:3kg
・ギア比:4.8
・ベアリング:6/1
・ハンドルの長さ:55mm I型コルク
・ナイロン糸巻量:5lb-140m/6lb-100m
・PE糸巻量:0.8号-130m/1.0号-100m
・価格:21,400円

 

■ EM MS 2506H

・自重:215g
・巻取り量:84cm
・最大ドラグ力:3kg
・ギア比:5.6
・ベアリング:6/1
・ハンドルの長さ:55mm I型コルク
・ナイロン糸巻量:5lb-140m/6lb-100m
・PE糸巻量:0.8号-130m/1.0号-100m
・価格:21,400円

 

■ EM MS 2508PE-H

・自重:220g
・巻取り量:84cm
・最大ドラグ力:7kg
・ギア比:5.6
・ベアリング:6/1
・ハンドルの長さ:55mm T型コルク
・ナイロン糸巻量:5lb-160m/6lb-120m
・PE糸巻量:0.8号-150m/1.0号-120m
・価格:21,400円

 

■ EM MS 2510PE-H

・自重:215g
・巻取り量:84cm
・最大ドラグ力:7kg
・ギア比:5.6
・ベアリング:6/1
・ハンドルの長さ:55mm T型コルク
・ナイロン糸巻量:8lb-150m/12lb-100m
・PE糸巻量:1.0号-200m/1.5号-150m
・価格:21,400円

 

■ EM MS 3012

・自重:250g
・巻取り量:79cm
・最大ドラグ力:7kg
・ギア比:4.7
・ベアリング:6/1
・ハンドルの長さ:55mm T型コルク
・ナイロン糸巻量:12lb-150m/16lb-100m
・PE糸巻量:1.0号-280m/1.5号-200m
・価格:22,800円

 

■ EM MS 3012H

・自重:250g
・巻取り量:95cm
・最大ドラグ力:7kg
・ギア比:5.6
・ベアリング:6/1
・ハンドルの長さ:60mm T型ラージコルク
・ナイロン糸巻量:12lb-150m/16lb-100m
・PE糸巻量:1.0号-280m/1.5号-200m
・価格:23,300円

 

■ EM MS 3500H

・自重:340g
・巻取り量:97cm
・最大ドラグ力:8kg
・ギア比:5.7
・ベアリング:6/1
・ハンドルの長さ:65mm パワー
・ナイロン糸巻量:16lb-200m/20lb-150m
・PE糸巻量:2.0号-300m/3.0号-200m
・価格:24,000円

 

■ EM MS 4000H

・自重:340g
・巻取り量:101cm
・最大ドラグ力:8kg
・ギア比:5.7
・ベアリング:6/1
・ハンドルの長さ:65mm パワー
・ナイロン糸巻量:16lb-250m/20lb-200m
・PE糸巻量:2.5号-300m/3.0号-250m
・価格:24,000円

 

豊富なラインナップで小型から大型魚、そして淡水海水問わず使用可能な計10機種となります。

主な搭載システム

続いてシステムです!

■ マグシールド
海水やホコリなどを防ぐダイワ独自の防水構造。その為、長期間スムースな巻き心地を維持する。

■ ZAION ボディ
マグネシウムを上回る強度で高剛性でありながら軽量。錆といった腐食にも強い。

■ エアローター
大幅に軽量化されたダイワ独自のローター。バランスが向上している為、滑らかな回転を生み出す。

■ ATD(オートマチックドラグシステム)
ドラグの滑り出しが向上したドラグシステム。これにより大物との対応がしやすくやラインブレイクも軽減される。

こんな感じ。

使用感は?

EM MSの使用感について!

まずEMMSの武器と言えるのは軽さ!!

2500番台では軽いと言われるカルディアより5gほど軽く、3000~4000番台では10~15g軽くなっています。

これにより、手元に重心がくるので安定する為、キャストやアクションは当然、繊細な釣りからジョアジギングのようなダイナミックな釣りといった場面で負担になることなく扱いやすくなっています

もちろんロッドとのバランスもありきですが(´・ω・`)

また、軽いだけでなく、ZAIONボディ効果で強度も確保されているので、多少荒っぽい釣りにも問題なく対応してくれます。

巻き心地はものすごく軽ぃ!とまでは行かないかもしれませんが、非情にスムーズです。

あと、ATD搭載によって魚とのやり取りも大胆かつ繊細に対応可能。

ラインローラーやベールといった見落としがちな部分にも工夫が施されており、糸絡みや糸ヨレを軽減してくれる仕様となっています。

 

扱いやすさはとても重要なポイントですが、トラブルが軽減されるというのも釣りを楽しむにあたり重要なポイントの一つです。

ラインブレイクにより魚を逃したり、ルアーロスやタイムロスもなるべく回避出来るというのはかなり魅力的ですよね。

EMMSは自重が軽いので軽いロッドと合わせるとさらに釣りが捗るのかも?

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

18フリームスがLTコンセプトを搭載して登場!旧モデルとの違いは?

スピニングリール「18セフィアBB」の巻き心地が良さげ!しかも軽量?

18ステラ登場!更なる進化で巻き心地・強度など様々な性能が向上?

ロキサーニ スピニングは2Wayドラグ搭載で汎用性が高くコスパ抜群

18イグジストは軽くてタフだけじゃない!全ての性能を高次元で実現

サステインはツインパワーXDの廉価版ながらに性能は高め?違いは?