ラテオにヒラメ専用「FJモデル」が参戦!ベースはモアザン調子!?

微妙な空模様が続く中、至る所でヒラメの数釣り&マゴチ釣りといったフラットフィッシュゲームが大いに盛り上がっているみたいですね〜。

所で、皆さんはフラットフィッシュゲームをプレイする際、専用ロッドを使用しています!?それとも別のロッド?・・・あ〜シーバスロッド??確かに割りといけますね。

そう!シーバスロッドというと!上位機種にも引けを取らない性能、コストパフォーマンスに優れたダイワの人気シーバスロッド『LATEO(ラテオ)』から、サーフでの使用に特化したヒラメ専用モデル『ラテオ FJ(フラットジャンキー)』が発売を予定しているんだとか!

と強引に話題をラテオに持ち込んだ所で!!今回はこの『ラテオ FJ』について色々と見ていきます。茶番に付き合ってくれてありがとウサギ。

ラテオ FJ

”ライトショアジギング”やサーフでの”フラットフィッシュゲーム”時にも使用出来る機種を初め、豊富なラインナップ、高性能(軽量・高操作性・高感度)、コストパフォーマンスに優れるとして高い人気を誇るDAIWAのシーバスロッド『LATEO(ラテオ)』。

そんなラテオからヒラメ専用モデル(マゴチ、海アメ、磯マスにもおすすめ)ラテオ FJ(フラットジャンキー) 』(3機種)が今夏発売を予定しています!!

モアザンの調子を採用?

フラットジャンキーには、シーバスロッドのフラッグシップモデル『モアザン』の調子をベースに設計することで、よりパワーと復元力に優れたロッドになっているんだそう。

調子とは・・・ロッドが曲がるポイントでどの部分を起点にして魚の引きを受け止めるかという事。先調子ならロッドの先の方、胴調子ならロッドの中心で曲がるといった感じでしょうか。

さて!!

フラットジャンキーとレングス(長さ)や硬さが似ているラテオの既存モデルでは、MLならML(ミディアムライト)の曲がりを、MならM(ミディアム)の曲がり具合と、一般的な曲がりをみせるモノとなっていましたが、フラットジャンキーは穂先とバットのパワーが違う作りになっているようです。

例:穂先はML仕様パッドはM仕様みたいな。

これにより、穂先ではルアーアクションやフッキング性能の向上に貢献し、バット部分ではパワーを持たせることで魚の引きを受け止め、しっかり寄せてくることができるとのこと。

簡単に言うとパワーの違う2本のロッドを1本にしちゃった感じかしら?ちょっと曖昧ですいません(嘘泣)

とにかく!言えることは操作性に優れ魚をしっかり寄せてくるコトが出来るパワーを持ち合わせた仕上がりとなっている!とだけ。

リールの固定力が向上!

ラテオシリーズはパワーがあるのはもちろんのこと、軽量で操作性が良く高感度と、ハイパフォーマンスなロッドとして定評がありますが、リールシート部分が緩みやすいという欠点もあります。

リールの取り付けが緩むということは、リールを落としてしまわないか心配で幾度も確認しなければならない。そんなコト毎回気にしてたら釣りが捗りませんよね。

しかし!そこは流石のDAIWA!フラットジャンキーはローレットを大型化することでリール固定力の向上を実現しています。

ロッド性能だけでなく、こういったところも変更してくれるDAIWAいやダイワさん素適(ポッ)

ある程度は緩みの確認をすることは必要でしょうけど、緩む頻度は確実に減少しているハズ。よって、より快適に釣りを楽しめること間違いなし!?

スペック情報

ラテオ フラットジャンキーのスペックに一言添えつつまとめます!

■ラテオ FJ 103ML

・全長:3.12m   ・自重:160g
・継数:2本      ・仕舞:160cm
・先径/元径:1.9(1.8)mm/13.4mm
・ルアー重量:7g~40g
・ナイロン/フロロライン:8lb~16lb
・PEライン:0.8号~2号
・価格:29,000円

胴調子でキャストなど操作性に優れたモデル。

【ダイワ】ラテオ フラットジャンキー FJ103ML [大型便] ※8月発売予定 ご予約受付中

■ラテオ FJ 1010ML/M

・全長:3.30m   ・自重:180g
・継数:2本      ・仕舞:170cm
・先径/元径:2.0(1.9)mm/13.9mm
・ルアー重量:7g~40g
・ナイロン/フロロライン:8lb~16lb
・PEライン:0.8号~2号
・価格:31,000円

高感度でジグヘッドリグや巻物系ルアーが扱いやすく幅広くカバーできるモデル。

【ダイワ】ラテオ フラットジャンキー FJ1010ML/M [大型便] ※8月発売予定 ご予約受付中

■ラテオ FJ 1010M/MH

・全長:3.30m   ・自重:198g
・継数:2本      ・仕舞:170cm
・先径/元径:2.3(2.2)mm/14.9mm
・ルアー重量:10g~50g
・ナイロン/フロロライン:10lb~25lb
・PEライン:0.8号~2号
・価格:32,000円

抜群の遠投性能を誇り大型のヒラメや青物にも対応しメタルジグなどのアクションがしやすいモデル。

【ダイワ】ラテオ フラットジャンキー FJ1010M/MH [大型便] ※8月発売予定 ご予約受付中

ってところでしょうか。

この3機種は全て10ft以上となっているので遠投性能に優れ、サーフはもちろん足場の高い場所でも大活躍!まさにヒラメ専用って感じがしますね!

発売日

気になる『ラテオ FJ(フラットジャンキー)』の発売日につい・・・え?引っ張った割に上記のスペック紹介でバレている?くっ抜かったわ!

しかしめげずに確認の意味も込めて!!

『ラテオFJ』は2017年8月発売予定です。

これを持ってすれば、向かう所敵なし?後は腕とポイント次第!!そして気づけばあなたもフラットなジャンキーだ!(謎)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネッサBBはベーシックモデルの域を超えたサーフロッド?コスパ良し?

ネッサリミテッドは全ての性能を突き詰めた究極のサーフゲームロッド