ジグキャスターTMは持ち運びに便利なテレスコタイプ!操作性なども

皆さんこんにちは~。

突然ですが、台風って普通は沖縄のほうから関東そして北海道へと北上して行きますよね。

ですが今回の台風、関東方向から西にグィ~ンとカーブ(;´Д`)

地球は一体どうなってしまったんだろうか・・・。

さて今回は、”DAIWA(ダイワ)”の人気ショアジギング入門ロッドといえる「ジグキャスター」シリーズに、NEWモデルの『JIG CASTER TM(ジグキャスター TM)』が仲間入りするとのことなので、ご紹介していこうかと思います。

振り出しタイプで携帯性抜群!

ショアジギングロッドは、基本的に9フィート以上の2本継ぎ仕様(レングスが長いと3本継ぎもある)のものが多いですよね。

しかし本アイテムは、3本継ぎ仕様の振り出し(テレスコピック)タイプであることと、バットガイドは折りたたみ式のWFMタイプが採用されているので、よりコンパクトな収納を可能にし気軽に持ち運びができるロッドとなっています。

普段、磯などでのウキ釣りやフカセ釣りに持って行かれるロッドケースに入れることができるので、忍ばせておけば気分転換にロックフィッシュや回遊魚を狙う、そんな欲張りな釣りを楽しむ事も出来ちゃいますよ!

操作性も良い?

振り出しロッドなのでやはり携帯性といった部分に目が行きがち。

ですが操作面もしっかり考えられており、大型のフォアグリップ採用によりグリップポジションを変えることが可能なのは嬉しいところ。

例えば、リールシートよりも前側に持てば軽やかなシャクリが行いやすくなる。

といった感じかな。

また適度な張りと感度も期待できそう(カーボン含有率97%)なので、ジグ(ルアー)の重みに負けずしっかりキャストでき、アクションも付けやすいのではないでしょうか。

安心のトップガイド仕様!

軽量でありながら抜群の硬度を誇り、高い熱伝導率で熱を即座に拡散、それに加え滑らかで滑りが良いためラインへのダメージを軽減してくれる。

こういった効果が得られるSICリングをライン&ガイドへの負担が最もかかるトップガイドに採用されています。

なので、安心感も増すってもんですね( ´∀`)bグッ!

スペック

それでは最後にスペック情報をチェックしておこう。

■100M-3

・全長:3.05m  ・自重:225g
・継数:3本    ・仕舞:113cm
・先径/元径:2.0mm/18.3mm
・ルアーサイズ:10g-60g
・ナイロンライン:12lb-25lb
・価格:25,200円

イナダやサゴシといった小~中型の青物が狙えるライトショアジギングに適したモデル

 

■100MH-3

・全長:3.05m  ・自重:240g
・継数:3本    ・仕舞:113cm
・先径/元径:2.2mm/18.3mm
・ルアーサイズ:35g-90g
・ナイロンライン:20lb-30lb
・価格:26,200円

ワラサやシイラなど大物にも対応できるパワーモデル

 

こちら2機種のラインナップとなっています。

磯では大型の根魚そして回遊魚も回ってきたりするので、そちらをメインフィールドにされている方は、パワーのある「100MH-3をオススメ。

逆に、手軽に楽しみたい、またサーフなどでフラットフィッシュなんかも釣りたいよ~って方は「100M-3が良いかもですね。

このように、持ち運びに便利な数少ない振り出しタイプのショアジギングロッドとなり、操作性も期待でき安心感もある『ジグキャスター TM』をご検討してみてはいかがでしょうか?

引用元
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/jig_caster_tm/index.html

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ JIGCASTERジグキャスター TM100MH-3 (スピニング 振出)
価格:18370円(税込、送料別) (2018/8/8時点)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

がま磯メタルキャストは携帯性に優れるショアジギロッド!振り出せ!

スーパーライトショアジギングロッドN−ONEは扱いやすい?値段は?

ジャッカルのロッド「BRS」は超オカッパリ仕様?各モデルの特徴は?

ジグキャスターライトMX登場!軽量で疲れにくく操作性も良好!?

ラグゼ コヨーテは軽快な操作性と大物にも対応するパワーを両立!?

クロステージショアジギングモデルは初心者にオススメ?使用感は?