コアマン×TOOLコラボランディングツールのスペック&特徴まとめ

シーバスファンお馴染みソルトルアーブランド”COREMAN(コアマン)”と数々のランディングツール扱うブランド”TOOL(昌栄)”がコラボ!!

先月4月にコアマンより登場した二つのランディングツール『ランディングフレームVer.Ⅱ』&『ランディングスペアネット』のスペック情報や特徴について今回はまとめていきます。

スペック&特徴

では早速、各アイテムのスペックと特徴を見ていきましょう!

ランディングフレームVer.Ⅱ

・サイズ:Mサイズ(W460mm×L550mm)
・ウエイト:145g
・カラー:ステルスブラック
・フィーチャー
ブルーマーキングプロテクター
・価格:13,000円

ランディングが行いやすいオーバルシェイプ。

チタンに比べ約半分の軽量素材、そしてチタンクラスの強さを誇る超々ジュラルミン素材を採用!加えて、パーツ類全てがマシンカットで削り出され、最適なパイプ径にすることで軽量&高い強度を実現。

先端部(青色)のプラスチック素材からなるチューブは補強効果のほか位置が確認しやすく視認性UPに寄与。

コンパクトに収納可能で携帯性にも優れています。

【コアマン×TOOL】コアマン×TOOL ランディングフレームVer.II(折りたたみ)ステルスブラック Mサイズ

ランディングスペアネット

・サイズ:Mサイズ
・カラー:ステルスブラック
・フィーチャー
60lbナイロン・10×15mm目/深さ60cm
・価格:4,000円

網目の大きさが違う2段網となっており、底面に細かい網目が採用されていることでランディングの際にネットが開いた状態を維持しやすくなっています。

網目はフック絡みや魚へのダメージも軽減されるとのこと。

そしてコアマンオリジナルのステルスブラック(カラー)は、シルエットが出やすく見やすい。

なので、もたつきを抑えスピーディーに取り込みを行うことができそうですね。

コアマン(COREMAN) COREMAN×TOOL ランディングスペアネット M #001 ステルスブラック

まとめ

軽量でスムーズ、そして無駄にボヨンボヨンしない操作性に優れたシャフトを使えば、もちろんランディングは行いやすくなるでしょう。

さらに!フレーム&ネットにも拘ることで、よりスムーズに魚を掬えてネットにも収めやすくなりランディングミスを確実に減らしてくれる。

ランディングにおいての作業を高次元で実現してくれる『ランディングフレームVer.Ⅱ』と『ランディングスペアネット』の組み合わせをシャフトにセットし、シーバスゲームをはじめ様々なフィッシングシーンで活躍してもらいませんか?

引用元
https://www.coreman.jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライトゲーム用おすすめタックルケース三選!収納や特徴もチェック

ティクトのCBS SPOOL-DとSSH30-Dはオシャレ&繊細な釣りが可能

エメラルダスから2タイプのエギング用バッグ登場!機能性は高そう?

レインズショルダーバッグ新モデルは旧モデルより利便性が高い!?

ディノグリップラプターは遊び心満載でホールド力もバッチリ!?

DAIWA×NEW ERAキャップ3モデルの発売迫る!ツバ裏にもロゴ?