ワンダーフォールは飛距離抜群のフォール系ジグ!対象魚も多彩!?

ターゲットは多彩!!青物からフラットフィッシュやロックフィッシュ、メッキに至るまで幅広く使用可能!?

SHIMANOのより今月3月発売予定のショア用スロー系ジグ『COLTSNIPER WONDERFALL(コルトスナイパーワンダーフォール)』。

発売を目前に控えているということで、今回は予習も兼ねてワンダーフォールの特徴や使い方を見直すべくまとめてみます。

スペック

■名称:COLTSNIPER WONDERFALL

・重量/全長(mm):30g/58mm、40g/66mm、50g/72mm、60g/77mm
・カラー:10色
・価格:990円〜1,150円

※アシストフック標準装備。

 

■カラー

・コンビイワシ ・コンビブルピン
・コンビ湾岸ゼブラピンク(グロー)
・コンビシルバー
・コンビ赤金ゼブラグロー
・ピンクキャンディ
・ハデイワシ
・ピンクフラッシュイワシ
・ピンクグロー
・チャートゴールド

特徴

ワンダーフォールはその名前の通りフォールが特徴にして最大の武器となっています。

一体どんなフォールをするというのか??その前にまずはフォルムを見てみます。

センター部の肉の厚さ、左右非対称と・・・最近のメタルジグに見かける形状ですね。

ご存知ない方からするとエラーかと勘違いしてしまうかもしれないこの形状こそ、ワンダーフォール最大の特徴にして武器となる”イレギュラーフォール”を可能にしています。

加えて強力なフラッシング効果で規則的なフォールとは桁違いのアピールをし、広範囲かつ活性の低いターゲットに対して効果を発揮します。

 

そしてコンパクト設計と肉厚ボディの恩恵が相まって、風がある状況下に置いても飛行姿勢が安定し飛距離を出すことも出来ます。

このタイプのメタルジグは飛距離が出ず、ストレスになったりすることも多々あるので、ここはかなり魅力的ですね。

ちなみに商品解説動画を見るとよく飛ぶフォール系メタルジグとして紹介されています。

水中動画

実際に水中ではどのようなフォールをしているのか?水中動画を見てみましょう!

確かにフォール時のアピールはかなりのものです。

ただこの動画を見る感じだとイレギュラーフォールよりフラッシングが目立っているような・・・。

流れが強いポイントではどんな動きをするのか?その辺も見てみたい所です。

ポイントに行った際、すぐフルキャストするのではなく一度動きを確認してみると良いかもしれませんね。

使いこなすには?

SHIMANOインストラクターの”堀田 光哉氏”曰く

「アクションは、2回シャクリ&フォールの繰り返し。

ボトム付近で喰ってくることが多いので、フォールから着底時はバイトに備えておくと、釣果が上がるはずです。

ちなみに、ただ巻きでもよく釣れますよ」

操作は他のメタルジグと同じ。

これにイレギュラーフォール+フラッシング効果が付加される・・・という感じかな。

アクションもそうですが、遠投出来るという強み。
特徴をフルに活かして多彩なターゲット達を絞ってキャン言わせましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ショアスキッドジグは狙える魚種が多い?ターゲットは使い手次第?

スパークスリムでワインド釣法を軽快に!相性の良いジグヘッドも!

ハードコア ソリッドスピンはソリッド構造でハゲ(塗装)とは無縁!?

DAIWAショアスパルタンシリーズ(ルアー)スペック&特徴まとめ!

ヘンチマンはただ巻き特化で四拍子揃ったメタルジグ?その特徴は?

ガンガンジグ2はショアジギ初心者にもおすすめ?特徴や使い方は?