チョップカットは多彩な使い方が可能な新機軸スイッシャー!特長は?

この時期に攻めない手はない!スポーニングシーズン突入で盛り上がりつつあるバス釣り!!デカバスと巡り会えるチャンスが多い季節でもありますが皆さんは、良い魚と出会えてます?

まだ出会えていないという方も暫くはチャンスがあると思いますので、諦めずにガンガンに攻めていきましょう(^^)/

って言う私もな。(未だ出会えていない)

さて、前置きはこれくらいにして!!今回は、JACKALLから発売予定のNEWアイテム!スウィッシャー(プロップベイト)『CHOP CUT(チョップカット)』の情報をまとめていきます。

CHOP CUT


川島勉氏が予てより愛用するスウィッシャーを現代流にアレンジしたJACKALL(ジャッカル)より登場を控える新機軸スウィッシャー型トップウォータープラグ『CHOP CUT(チョップカット)』。

ラインアイに搭載されたボディサイズに似つかわしくない大きめの”チョップカットプロップ”が生み出す特有のサウンド効果による高いアピール力&多彩な使い方が魅力のアイテムです。

名前の由来は大きなプロペラが水面をチョップし水を切り進む的なイメージから。

特長

まずはチョップカット最大の特長でもある「チョップカットプロップ」は・・・


左右非対称・前後段違いの二枚一対(ペラ)のシングルスウィッシャー設計となっています。

効果は、前方のペラが発生させた泡を後方のペラが瞬時に切り裂き、早巻き時には特有の「ポロポロ…」というサウンドを生み出す、と同時にペラから来る振動が扁平ボディに伝わり、テールを上下に震わせる・・・

といった感じです。

基本姿勢(横向き)ありき。横たわったフナやギルなど瀕死のベイトフィッシュをイミテートしているそう。

ほか特長(搭載システム)として、チョップカットプロップ部の「絡み防止ワイヤー(スイベル付きバー)」、刺さり抜群オーナー製の「フッ素加工トレブルフック(新採用)」フロントにはフックのカモフラ効果もあるフェザーフックが搭載されています。

多彩な使い方が可能!?

多彩な使い方が出来るのもチョップカットの魅力ですが、どういった使い方が可能なのか?軽くまとめてみます。

ただ巻きでは、デッドスロー〜ファーストリトリーブ、ロッド操作によるトゥイッチでは、ドッグウォーク、ジャーキングにまで対応・・・・

え、ジャーキングも!?

とか。ちょっと驚きつつ、話を戻して!ペラはデッドスローリトリーブ時にも回転、ボディ停止時に自発的アクションも可能とのことです。

ドリフトやポーズ等も良いということですね。

スペック


※ブラックインパクトボーンカラー

■CHOP CUT(チョップカット)

・サイズ:85mm
・タイプ:フローティング
・自重:23.6g
・カラー:8色
・価格:2,800円

カラー

・HLブルーギル
・トノサマガエ〜ル
・チャートバックブルーギル
・カワシマケロチャート
・クラシカルボーン
・ピンクヘッドボーン
・スケルトンボーン
・ブラックインパクトボーン

巻きによる静かな線の釣りからロッド操作をしたアピール重視の釣りまでこなせる『CHOP CUT(チョップカット)』。

多彩な攻めが可能という所もですが、なによりポロポロ音がどれ位バスに効くのか気になりますね。まずはナマズの混在していないフィールドで試してみたい( ´ー`)

引用元
http://www.jackall.co.jp/bass/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プリズム登場!ミノーとクランクベイトの良いとこ取りしたルアー?

TGブローは音と素早い動きでリアクション誘発?仕様や発売日は?

イガジグスピンは中層攻略の切り札?レンジコントロールがしやすい?

ブレーディングXは対低活性バスの最終兵器!?冬パターンに備えよ!

スパイテールは3つのアクションを併せ持つミノー!特徴をチェック

ザリスピンの特徴おさらい!三つのラインアイの効果を使いこなせ!