ヤマガ「カリスタ TZ NANO」にオールラウンダーモデルが登場!!

皆さんこんにちは!今シーズンも張り切ってシャクってますか!?ぬえ?私ですか?私は今シーズンアゴ以外まっったくシャクってませんね。

いい加減出動しないとシーズン逃しそう・・・ということでさっそく週末にでもシャクリ倒してきま、あ台風いた(^^)

と台風に私のシャクり計画をぶっ潰された所で本題!!今回はエギングロッドを一つ!ヤマガブランクスのエギングロッド『Calista(カリスタ)TZ NANO』シリーズに追加される新機種をご紹介していきたいと思います。

Calista TZ NANOに新機種追加!

安心と信頼のメイドインジャパンクオリティ!しなやかさが特徴とも言える人気ロッドメーカー”ヤマガブランクス”のエギングロッド『Calista(カリスタ) TZ NANO』シリーズに参戦予定の新機種となるのが、あらゆるシチュエーションに対応する万能モデルの『Calista82M TZ NANO』。

ちなみにデビューは2017年11月末を予定しているようです。

特徴をおさらい!

新機種のスペックを見ていく前に、Calista TZ NANOのシステム等を再度確認しておきましょう!

・東レのナノアロイ®テクノロジー採用
柔軟で衝撃吸収性にも優れ、キャストやシャクリなどで生じるロッドにかかる負荷に対しては素早く追従するといった復元力を持つ。

他にも耐熱性や強度・剛性などにも優れているようです。

・ジョイント
『印籠継ぎ』
が採用されており、美しくしなやかな曲がりを実現。

・ガイド
『トルザイトリングのチタンフレームKガイド』
が採用され、軽い・強い・高感度さらにはガイド抜けが良く遠投性能の向上も図られている。

そして負荷の掛かりやすいトップガイドにのみ高硬度の『SICリングチタンガイド』が採用されています。

・リールシート
『VSS16』
採用により手のひらにフィットしやすく、ロッド操作の向上が図られている。

こんな感じですかね。

『Calista TZ NANO』シリーズは、イカをパワーで寄せてくると言うよりは、しなやかさ(ロッドの復元・反発)を活かして曲げて寄せるという感じですね。

なので強引に引っ張らなくても良いわけですから、身切れによるバラシも軽減してくれる仕様・・・みたいなコトを過去の記事で書いたコトを思い出した(´・ω・`)

スペック

それでは追加となる機種のスペックを見てみましょう!

■ Calista82M TZ NANO

・全長:2.485m
・自重:99g
・継数:2本
・仕舞:128cm
・エギサイズ:2.5号~4.0号
・PEライン:0.5号~1号
・価格:46,500円

新しく追加された『Calista82M TZ NANOは、軽快さとパワーを融合させることで、様々なフィールドに対応!季節を問わず活躍してくれるオールラウンダーモデル

7フィート台の軽快な操作性でショートやスラックシャーグなどの様々なアクションを行い易い繊細なティップと86Mのパワーを併せ持つことで、デカイカ特有の小さなアタリを捕らえやすく、パワー負けしない仕上がりとなっているようです。

しなやかさで寄せるとは言ってもパワーありきでの話。既存モデルもそうですが今回の追加機種にも色々と期待が出来そうですね。

まとめ

シャクリ動作を繰り返し行うエギングは、自重が重かったり操作しづらいロッドだと疲労も溜まりやすいだけでなく餌木をしっかり操作できなかったりなんてコトもあります。

一日シャクリ倒すなんて以ての外。

その点『Calista82M TZ NANO』では、8.2フィートながら100gを下回る自重の軽さにより軽快に、そして優れた復元力と粘り&パワーでキャスト・シャクリ・ファイトを含め抜群の操作性で1日中エギングを楽しめることは・・・間違いなしか!?

後は体力と飽き次第って所ですね(^^)

引用元
http://yamaga-blanks.com/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヤマガ『メビウス』シリーズの特徴は!?扱いやすく汎用性も高い?

ヤマガ『カリスタ TZ NANO』の操作性は抜群!?進化したカリスタ?

エバーグリーン”インペリアルシリーズ”で人気の高いロッドは?

エメラルダス・Vは高い基本性能を有するコスパに優れたエギングロッド

メジャクラ「トリプルクロス エギング」の拘りの仕様や特徴とは!?

イージーイン登場!様々なターゲットが狙える汎用性の高さが魅力!