ブッチギルはペラを備えたギル型ビッグベイト!釣果はブッチギリ!

ビッグベイトながら従来のビッグベイトよりコンパクト設計で扱いやすさは抜群!?

TIEMCO(ティムコ)から今年2018年夏を前に登場を予定している多彩なアクションを演出できるギル型ビッグベイト『BUTTI GILL(ブッチギル)』についてご紹介していきます。

ビッグベイト×ペラ

集魚力に優れ、人気・実績ともに高いギル型シルエットを持つブッチギルの特徴を順を追って見ていきます。


まずはボディはジョイント構造が採用されており、巻きの速度やロッドアクション次第で

・中速リトリーブでは生命感溢れるクネクネと艶めかしい動き
・超低速・低速リトリーブではI字引きも可能
・ジャークやトゥイッチ、そしてステイなど緩急を織り交ぜた誘いでは90度ターンなんかも演出

などの多彩なアクションを演出、状況に合わせた誘いが可能となっています・・・ってこの辺は他のビッグベイトにもこなせるモノが結構在りそうですね。

しかしブッチギルが他と違うのはここから。画像で既にお気づきの方もいらっしゃると思います。

そう!ブッチギルはジョイント式のビッグベイトでありながら、ボディ先端と最後尾に回転の安定性と強度面に優れた仕様のペラが設けられたプロップベイト(ダブルスイッシャー)でもあると。

このペラは低速で巻いても高速回転する為、

・ボディとペラの動きのギャップ
・波動効果による水流変化
・フラッシング
・ペラの回転による擦れる音

といった効果を発揮します。

ボディが魅せるアクションにペラ効果が付加されて高い集魚力にも期待が出来そうですね。

水中アクションをチェック!

ブッチギルの水中アクション動画が公開されているみたいなので実際にどういった動きをするのか?確認しておきましょう。

スローから急にスピードを上げることでブルブルッと、この可変アクションもバスのスイッチを入れられそうですね。

艶めかしく泳いでいるのもそうなんですが、ボディの動きに追従するリアフックに装備されたフェザーが中々に強烈!シルエット効果という点でもそうですが、バイトマーカーとしての役割も果たしてくれそうですね。

スペック

スペック情報はこちらになります。

■BUTTI GILL(ブッチギル)

・サイズ:85mm
・ウエイト:35gクラス
・タイプ:スローシンキング
・カラー:6色
・価格:2,580円

カラーチャート


左上から

#01 シブキンクロ
#02 アッユギル
#03 ミナギル
#04 ギルティキッズ
#05 デイブレイカー
#06 ピットギル

細部まで確認したいという方はお手数ですが、ティムコ公式サイトにてチェックをお願いしますm(_ _)m

ちなみにタイプはスローシンキングとなっていますが、板オモリを装着したりフック・リング変更による浮力調整で、よりレンジ(層)を下げたりトップとして使うことも可能とのことです。

発売日

ブッチギルの発売日は2018年5月を予定しているようです。

コンパクトで扱いやすく大型ルアーに負けない存在感!それに加え、多彩なアクションを演出でき様々なシチュエーションでの対応力に優れている。

そんなギル型・ジョイント構造・ペラ採用となる『ブッチギル』で攻略の幅を広げ、デカバスをゲットしちゃいませんか?

引用元
https://www.tiemco.co.jp/products/groups/view/2614

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バンタムコマックサーフェスとマクベス(50)の違いは何?サウンド?

レアリススピンは初心者にも扱いやすい!?基本操作は巻くだけ?

ダークスリーパーは根掛かり知らずのボトム専用スイムベイト!?

メガロドーンはスピナーベイト型ビッグベイト?スペックは超ド級!

デラボールはコンパクトなのに飛距離抜群!?使用感やスペックは?

スピンガヴァチョはスピニングでも扱える喰わせ特化の小型フロッグ