JACKALL「BPM」ストロングパワー・ビッグベイトモデル特徴まとめ

ミナサンコンニチハ〜!!ボウズ続きでメンタルブレイク寸前の管理人です。

もういっそのコト坊主にしようかな?草刈り感覚で丸刈っちゃおうかな!?とか考える今日この頃・・・まあしませんけどね!

さて!そんな絶賛?ボウズ記録更新中の自称プロのボウズのわたしが今回は、前記事にてご紹介したJACKALLのバスロッド『BPM ベーシックモデル』のモデル違いとなる『BPM』の「ストロングパワーモデル」と「ビッグベイトモデル」についてご紹介していきたいと思います。

BPM(ストロングパワーモデル)

まずは『BPM ストロングパワーモデル』からご紹介!!

こちらはテキサスやラバージグなどでカバーにぶち込み、バスを掛けたら引きづり出すといった、とにかくヘビーカバー攻略に特化したモデルとなっています。

ちなみにBPMはモデル毎にイメージカラーが設定されており、こちらのストロングモデルのイメージカラーはシルバーカラー

ストロングパワーモデル スペック

『BPM ストロングパワーモデル』のスペック情報に特徴を添えて書いていきます。

■ BC-67MH+

全長:2.01m     継数:2
アクション:ミディアムヘビー+
ルアー:MAX 35g
ライン:12-25lb/PE=MAX 5G
価格:16,200円

Xラッピング構造によりネジレ剛性を押さえキャスト時のブレを低減されることで、キャスト性能が向上。

テキサスやラバージグでカバーへのアプローチはもちろんの事、フロッグを扱うのにも最適なモデルとなっています。

 

■ BC-71H+

全長:2.16m     継数:2
アクション:ヘビー+
ルアー:MAX 56g
ライン:14-30lb/PE=MAX 6G
価格:16,800円

トルクフル且つ高感度設計で操作性にこだわられたブランクにより小さなアタリも逃さず、ヘビーカバーからデカバスを強引に引き離し一瞬でランディングに持ち込むといった対モンスターバス、対ヘビーカバー専用モデル。

 

以上の2機種。

オカッパリをメインにされている方はBC-67MH+、ボートからもする方にはBC-71H+をオススメ。

理由としましてはオカッパリだとヘビーカバーのあるポイントは割と限られていると思いますし、ボートだとそれをメインに攻めた倒すなんてこともできるため、といった所かな。

BPM(ビッグベイトモデル)

続いて『BPM ビッグベイトモデル』について。

こちらはその名の通りビッグベイトゲームに特化したモデルになります。

BPMの3モデルの中でも最もパワーがあるモデルとなり溢れんばかりのパワーとトルクでモンスター級のバスとのファイトも余裕をもって行うことができます。

ちなみにビッグベイトモデルのイメージカラーはオレンジカラー

ビッグベイトモデル スペック

『BPM ビッグベイトモデル』のスペック情報に特徴を添えて書いていきます。

■ BC-611H-SB

全長:2.11m    継数:2
アクション:ヘビー
ルアー:MAX 56g   ライン:14-30lb
価格:16,200円

ショートバイトでもフッキングに持ち込むことが出来るしなやかなティップが特徴。

ビッグベイト用モデルですがウエイトがMAX56gと物を選んでしまいますが、オカッパリや小型ボートでの釣り、そして小規模フィールドにおいて操作性抜群なテクニカルモデルとなっています。

 

■ BC-73XH-SB

全長:2.21m     継数:1
アクション:エクストラヘビー
ルアー:MAX 120g   ライン:14-30lb
価格:16,800円

パワーとトルクに重視した専用設計ブランクで大型ビッグベイトを扱えるのはもちろんの事、フッキングからデカバスの強烈なファイトまで難なくこなす、これぞビッグベイト専用ロッド!

こちらもストロングパワーモデルと同じく2機種となります。

ウエイトを気にすることもほぼ無いというコトを考慮しBC-73XH-SBをオススメしたい!!どうせ攻めるならトコトン攻めたい!!という方と相性良さそう。

BPMベーシックモデルの情報はこちら!

主な仕様(共通)

全モデル共通の使用としましては、複数のパーツが取り入れられたオリジナルフォアグリップローレット加工が施されたワインディングチェック

リールシートはFuji ECS(ベイトキャスティング)Fuji TVS(スピニング)が採用され握りやすく操作性を向上させています。

ブランクスでは機種に応じて高弾性&中弾性グラファイトが採用(設定)される事で軽量かつ感度に優れ、バランス重視の設計となっているとのこと。

ガイドには感度、強度に優れるFujiガイドが採用されています。

解説動画

最後に馬場拓也さんと加木屋守さんによる解説動画をチェック!!

対カバー用、ビッグベイト用のロッドを持っていない方、そしてこういう釣りをやってみたい!という入門者の方にもオススメです。価格面でも。

ちなみに発売日は6月下旬頃?を予定しているそうです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メガバス"オロチカイザ"のスペック情報まとめ!新素材Kabtとは?

アブのNEWファンタジスタは軽くて強い!ブランクスに秘密あり!?

特化型から万能型に?グラディエーターアンチの特徴やスペックは?

JACKALL「BPM」のベーシックモデルの特徴やおすすめ機種について

インフィニットブレイドは軽量で強いバスロッド!?その秘密は?