ブルーカレントTZに2機種追加!ショートレングスモデルで発売は夏!

アジやメバルといった魚を軽装備で手軽に狙い楽しむことができるライトゲーム。今では絶大な人気を誇るルアーフィッシングのカテゴリーの一つですよね。

もしかするとルアーフィッシングの中で1番かも?というくらいわたしも好きです。

そんなライトゲームにおいて人気の高いヤマガブランクスのロッド『ブルーカレントTZ』シリーズにショートレングスでルアー操作にとことんこだわった新機種が追加されるとのことなので、今回はその新機種となる『JH-Special 58/TZ』と『JH-Special 62/TZ NANO』の特徴や発売日についてご紹介したいと思います。

ブルーカレントTZシリーズに2機種が追加

ブルーカレントTZシリーズ』と言えば、ブランクスがしなやかで粘りがありよく曲がる事で知られているブルーカレントにトルザイトリングが搭載され、キャスト、ルアーアクション、ファイト時などといった操作性が更に向上した高い人気を誇るヤマガブランクスのライトゲーム用ロッドですよね。

そんなブルーカレントTZシリーズに新たに『JH-Special 58/TZ』と『JH-Special 62/TZ NANO』の2機種が発売を予定されています。

新機種のスペックと特徴

スペックと各種特徴について簡単にまとめてみます。

■BlueCurrent JH-Special 58/TZ

全長:1.730m   自重:50g

継数:2本     仕舞:89cm

ルアー:~3g(ジグヘッド)

ライン:1~3lb

価格:32,000円

ガイドはFujiのTZチタンフレームKRガイドが、リールシートにはFujiのVSS16仕様となっています。

メインで使用するルアーは3gまでのジグヘッド単体となりますが、乗せ、掛け調子と両方持ち合わせたブランクにより小型プラグのアクションやリトリーブといった操作性も抜群となっています。

1.73mと短いレングスにより操作性はとても優れ近距離戦に特化した機種と言えるのではないでしょうか。

 

■ BlueCurrent JH-Special 62/TZ NANO

全長:1.880m   自重:53g

継数:2本     仕舞:96.5cm

ルアー:~3g(ジグヘッド)

ライン:1~3lb

価格:35,000円

JH-Special 58/TZと同様、ガイドはTZチタンフレームKRガイド(Fuji)が、リールシートにはVSS16(Fuji)仕様になります。

こちらの機種はブランクに『ナノアロイⓇテクノロジー』が採用されることで、高感度で操作性に優れ反発力がある為、反発力を活かしたキャストで遠投性能に優れルアーアクションもさせやすく状態も把握しやすい、そしてファイト時はロッドがしっかり曲がりタメを作ることで魚をコントロールしやすく浮かせやすいものとなっています。

操作し易いルアーはJH-Special 58/TZと同様でジグヘッド単体から小型プラグといったところでしょうか。

 

細かい部分では違った部分があるかもしれませんが、2機種の大きな違いは『ナノアロイⓇテクノロジー』の有無。後は長さの違い位かな。

扱うルアーやMAXウエイトは同じなので、基本的には2機種とも同じ扱い方になるのではないかと思われます。

このように2機種とも短めのレングスとなっているので波止場といった港湾部での使用がベストで、遠投が必要なフィールド、高い場所からの釣りには向いていないかもしれませんね。

※既存のブルーカレント情報を他記事でまとめています。よろしければ・・・

ブルーカレント7機種

ブルーカレントTZ人気おすすめ機種情報

発売日

JH-Special 58/TZJH-Special 62/TZ NANOの発売日は2017年7月頃を予定されているようです。

軽いルアーをより遠くへ飛ばす事はもちろん、操作性や感度にも期待が出来るブルーカレント新機種・・・購入検討を回避出来そうにありませんね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ライトゲームロッド「ブルーカレントTZ」の人気おすすめ機種まとめ

初心者〜中級者向きアジングロッド10選まとめ!シーズンもチェック!

ピンウィール(アジング・メバルカスタム)各機種の特徴まとめ

Beams inte7.9ULはライトゲーム用ベイトロッドで操作性は抜群!?

一誠「碧」シリーズに新機種追加!ライトゲームの幅をより広げる!

エラディケーターリアルフィネスはシリーズ最強の軽さで感度も抜群?