ブラックスターハードはパワー&操作性でハタゲームをサポート!!

近年ブーム化しつつあるハタ(グルーパー)ゲーム!夏のイメージの強い魚として知られるハタですが、陸からでも11月位まで釣れるんですよね。

ポイントによるのでしょうけども。

そこで思い出したように今回注目したのが、XESTA初のハタゲーム用ロッド『BLACKSTAR HARD(ブラックスターハード)』!!今年2017年6月位?にリリースされたロッドですね。

ちょっと遅い・・・というのは分かっています。が、まだこれからがっつりハタゲームをプレイされる方も中にはいらっしゃると思います。ので!今回はブラックスターハードについて見ていきます。

BLACKSTAR HARD


中二心をくすぐるアイテム名に劣らないデザイン、そして高い性能で一部ファンを魅了するSWフィッシングメーカーXESTA(ゼスタ)のライトゲームブランド”BLACKSTAR(ブラックスター)シリーズ”。

主にアジ・メバルをターゲットにおいたブラックスターシリーズですが、2017年6月!新たに、ハタ類をはじめ、ロックフィッシュに対応したメーカー初のハタ(ロックフィッシュ)用ロッドとして登場したのが『BLACKSTAR HARD(ブラックスターハード)』。

ブラックスターハードはベイトモデル含む4機種からなるラインナップで、全てが大物にも負けないパワーを秘めています。

主な仕様

ざっと書いていきます。


まずブランクスには、ハタ系ロックフィッシュゲームでありがちなバイト中に根に潜られるリスクを回避すべく、ティップは素早く戻る設計かつ、突発的なバイトにも対応する操作性とターゲットにも主導権を与えないパワーを兼ね備えたブランクス。

このブランクスの設計に3年もの年月を費やしたんだとか!?

ガイドは、バットセクションにPカラーKLガイド(SiC)、ティップセクションにチタンKTガイド(トルザイト)、トップはチタンLGトップガイド(SiC)を採用することで、PEにモノフィラライン(フロロ、ナイロンなど)とラインの種類を選ばず、同時にトラブルを軽減

バットエンドはサイズ、重量を抑えたEVAエンドグリップを搭載。エンドプレートにはモデル名が表記されています。

グリップはスピニングモデルベイトモデルどちらもホールド性を重視!!スピニングはより手にしっくり来るフィト感、ベイトはキャタビリティの向上を考慮した設計。

主な仕様はこんな感じ。

スペック

では全4機種それぞれのスペックに2〜3言添えてまとめていきます。

※訂正:自重。

S76MX

■ Rock Snipe Shooter

・全長:7’6″ft(2.28m)
・継数:2本
・仕舞:118cm
・自重:109g→129g
・先径/元径:2.0mm / 11.7mm
・適合ルアー:3g~25g
・ライン:PE/0.4~1.2、MONO/5~16lb
・本体価格:36,000円(税別)

抜群の操作性とシューティング性能、ショートレングス持ち前の手返しでスピーディーにポイントを叩くコトが可能。

堤防や小磯などの近距離戦にボートゲームなどにも対応したモデル。

S84MHX

■ VERSATILE POWER ROCKER

・全長:8’4″ft(2.54m)
・継数:2本
・仕舞:131cm
・自重:125g→137g
・先径/元径:2.0mm /13.85mm
・適合ルアー:7~35g
・ライン:PE/0.6~1.5、MONO/6~20lb
・本体価格:37,000円(税別)

磯や潮通しのよい堤防の先端などで積極的に掛ける為のパワーモデル。

ティップのハリと戻りによって根掛かりからの脱出をサポート。ねっとりそしてじっくり足元まで狙うコトが出来ます。

ライトゲームとハードロックゲームの間を埋める仕様にして多様性も高く、ハタゲームの入門から、がっつり楽しみたいという方まで扱いやすい一本。

 S90HX

■ LONG RANGE DRIVER

・全長:9’0”ft(2.74m)
・継数:2本
・仕舞:141cm
・自重:146g→167g
・先径/元径:2.0mm /14.6mm
・適合ルアー:10~50g
・ライン:PE/0.8~2.0、MONO/8~25lb
・本体価格:38,000円(税別)

高い距離性能と掛けてから一気に浮かす瞬発力を持ち併せたモデル。

遠浅の磯、ゴロタなど、根掛かりの多い岩礁地帯といった活性の高い個体・大物が潜みやすいハードなポイントを強気に幅広く探るならコレ!

B72MHX

■ Rockin’ Bait Hunter

・全長:7’2’ft(2.19m)
・継数:2本
・仕舞:113cm
・自重:127g→160g
・先径/元径:2.0mm /14.1mm
・適合ルアー:5〜35g
・ライン:PE/0.8~1.5、MONO/6~20lb
・本体価格:36,000円(税別)

シリーズ唯一のベイトモデルで、手返し良くピンスポット打ちを得意とするモデル。

穴打ち時のバイトでは、強引に主導権を握るコトも可能。またベイトならではのフォール中のバイトにも対応出来るという強みもありますね。

慣れてないと少し扱いづらいかもですが、極めればかなり大きな武器となるでしょう。

まとめ

私の馴染みのポイントだとLONG RANGE DRIVER(S90HXとかかなり役立ちそうなのですが、めっちゃ気になっているのは、Rockin’ Bait Hunter(B72MHX)!!

正直、理由は超シンプル。海で普段使わないからこそ使ってみたい・・・コレに尽きます(*´∀`)

さて、どの機種もかなりのパワーを持つ「ブラックスターハード」でハタを始め、ソイやカサゴにロックでハードなバトルを挑んでみませんか?\(^o^)/

引用元
http://xesta.jp/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハイドアウトハンターは5拍子揃ったロックフィッシュ用ロッド!?

ハードロッカーはロックフィッシュに負けないパワーと操作性が魅力