BIG フロロカーボンはコスパ抜群?リーダー、道糸なんでもござれ!

道糸やハリス、リーダーとして海釣りなんかでは特に使用するコトの多いフロロカーボンライン!!

お目当てのアイテムがあるのであれば良いですが、いつもと違うアイテムを!または初心者となると、種類が多くて迷う&容量が少ないのにお高い!ってコトにもなりかねない。

そこで今回は、参考となるかは分かりませんがとっておきを一つ!強度・扱いやすさ・容量も十分!コスパに優れるDUEL(デュエル)YO-ZURIのフロロカーボンライン『BIG フロロカーボン』をご紹介したいと思います。

特徴

まずは、フロロカーボンラインの特徴をチェック!!

・硬く張りとコシがある
・伸びが少ない
・比重があるため水に沈む
・根ズレに強い

魚のアタリが分かりやすく(感度が良い)、ルアーなどの仕掛けを水中に素早く馴染ませることが出来る、そして耐久性に優れている。

こんな感じですかね。

その分、クセが強くライントラブルに繋がりやすいのがデメリットでもありますが・・・

この『BIG フロロカーボン』は、しなやかさを持たせるコトで硬さから生じる扱いづらさを軽減してくれているようです。

そして、最適設計によって、ライン自体の強度はもちろんのこと、結ぶ時にできる結節部分の耐衝撃結節強度にも優れているとのこと。

近年のルアーフィッシングにおいては、道糸をPE、リーダーにフロロといったスタイルが主流でもあるので、扱いやすく強度に優れているのに越したことはないですよね!

この他、光の反射を抑えることで水に溶け込みやすいステルス仕様となっております。

後はまぁ、大型スプール採用により巻きグセが付きづらい仕様といったところでしょうか。

リーダーまたは道糸として使用する際、クルクル~って癖が付いてると強度面では問題ないとしても、ライントラブルの原因となりうる可能性があるので、この点は個人的にも評価したい。

スペック

それではスペック情報を見ていきましょう!

※価格は号数によって変動。

■BIG フロロカーボン 70m

・号数(強度)
2(4kg)/2.5(5kg)/3(6kg)/3.5(6.5kg)/
4(7kg)/5(9kg)/6(11kg)/7(12kg)/
8(13kg)/10(16kg)/12(18kg)/14(22kg)/
16(25kg)/18(27kg)/20(30kg)/22(33kg)/
24(35kg)/26(38kg)/28(40kg)/30(45kg)
・カラー:クリア
・価格:オープン価格
(1,000円〜5,900円程)

 

■BIG フロロカーボン 120m

・号数(強度)
2(4kg)/2.5(5kg)/3(6kg)/3.5(6.5kg)/
4(7kg)/5(9kg)/6(11kg)/7(12kg)/
8(13kg)/10(16kg)/12(18kg)/14(22kg)
・カラー:クリア
・価格:オープン価格
(1,500円程〜3,900円程)

 

■BIG フロロカーボン 220m

・号数(強度)
2(4kg)//3(6kg)/4(7kg)/5(9kg)/
6(11kg)/7(12kg)/8(13kg)
・カラー:クリア
・価格:オープン価格
(2,500円程〜4,700円程)

豊富すぎる!とも言えるラインナップで、MAX220mのアイテムはハリスやリーダーとしてではなく道糸として、あるいはハリスやリーダーとして使用するならかなりの回数使えそうですね(笑

そんな強度と取り扱い性に優れ、ハリス・ショックリーダー・仕掛けにピッタリ!あと20m増量とちょっぴり嬉しい仕様のフロロカーボンライン『BIG フロロカーボン』。ライン選びに迷ったら是非お試あれ\(^o^)/

引用元
http://www.duel.co.jp/products/big_fluorocarbon

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハタ狩り・直はハタ狙い特化で根掛かりに強くアピール力は高い!?

メジャークラフト初のPEライン『弾丸ブレイド』はコスパ最強?かも

ラパラから五目エステルライン登場!メリット・デメリットって?

ゲーリーのグラブガードが復刻リリース!?効果ってなんだっけ?

ソアレ ウルトラシュートを大遠投で沖に潜むアジ・メバルは頂きだ!

ジャッカルからオープンゲイブのスイム&ダートジグヘッドが登場!