サビキで釣れない時はどうする?初心者にもできる釣果UPのコツとは

初心者にもオススメとか、ファミリー向けの釣りとして高い人気を誇るサビキ釣り。

だのに・・・全然釣れねえ!!周り釣れてるんですけども。

なんて経験をしたことある方も少なくないと思います。今回はそんな方に是非試して欲しい!!確実に釣れる。とは言えませんが、釣れる確率がグンっと上がるかもしれない!?釣果UPのコツをまとめます。

釣れない理由って何?

まずはここ。

時合いで周りの釣り人はポコポコ釣れているのになぜ自分だけ釣れないのか??腕も関係しているのかもしれませんが、意外に理由は別のコトだったりもします。

その理由は特に・・・・

  • アジの回遊コースから逸れている。
  • 仕掛けを落とす棚(深さ)が違う。
  • サビキ(仕様)の違い。

この辺りすね。

では、上記3点の解決策&釣果UPのコツをまとめていきます。

アジの回遊コースから逸れている。

アジが仕掛けの周辺を回遊コースにしていないパターン・・・・同じフィールド(防波堤等)で釣りをしているのに、他者と釣果に差が出る大きな理由の一つですね。

水深や潮通しの違いで起こりうる。初見のポイントなんかだと腕前問わずやりがちなヤツです。

これはもう致し方無し。この経験は今後に活かしてポイントをズレたり、フィールドを移動するのが吉かと。

仕掛けを落とす棚(深さ)が違う。

前回は同じポイントで釣れたのに今回は全く・・・・周りは盛り上がりまくりすてぃですけど。

なんて時に試したいのは、仕掛けを落とす深さを変更してみる。です。

エサを撒き散らかして(海中でね)竿を止める高さを調整するだけ!というスペシャルシンプルな方法。

※深さの目安!!

一番手っ取り早いのは釣れてる人の真似をするコト。

リーリングせず(リールを巻かず)に糸の長さを予め設定しているサビキストが多いので、そんなベテランかつ釣りまくってる人がいたら竿先からの仕掛けの長さをこっそり見て真似しましょう。

聞くのもありですね。

あと複数あるサビキ針のどの針(上〜下)にアジが掛かっているかを見て、その深さに合わせて仕掛けを落とすのも有効です。

サビキ(仕様)の違い。

サビキの違いによって釣れない理由はザックリ言って2パターンあります。

サビキ針の飾り(カラー)or 針のサイズです。

飾りには


※左:ピンクスキンサビキ/右:ハゲ皮サビキ

  • スキンサビキ(ピンクスキンや蛍光スキン)
  • 魚皮サビキ(ハゲ皮やサバ皮等)

等が存在します。

コマセ(アミエビ)風のピンクスキンなんかは定番カラーではありますが、日によって通用しない時があります。

そういった場合には、攻め方を変えて他のタイプ(飾り・カラー)のサビキに変更してみると良いでしょう。

針のサイズは、数字(号数)が大きい程に針は大きく、ハリス(糸)は太くなります。

こちらも釣れてるアジのサイズに合わせて・・・・豆アジサイズが釣れているようなら3〜4号、やや小ぶりながらも豆とは言えないサイズが多いなら5〜6号、あれ?今日のアジちょっと大きくね?って場合には7〜8号と。

飾り・サイズ違いのアイテムを持っておくことで、その日の当たり仕掛けに近づいていくのです。

この辺もフィールドのベテランに聞くのがベスト!!私は大体聞きます。(聞いてサビキ針とパン(笑)を貰った経験も)

私が釣れない時にやるのは大体こんな所ですね。

まとめ

端的にまとめると

  • (移動・仕掛け交換)を面倒くさがらない。
  • ベテランの真似をする。

この2点が釣果UPのコツです。

とは言っても今回まとめたモノが、どれ程通用するかはその日次第って所もあります。そこを頭に入れてこの辺是非、試してみてくださいな。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テナガエビのシーズン到来!?仕掛けや釣り方、泥抜きまで解説!

タチウオテンヤ(ショア)3選!簡単セットで釣れてハマる人も多し?

夏の夜釣りはウナギとテナガエビ釣りが熱い!俺の初夏休み(日記)